"世界の野球"ヒマラヤを北に望む国ネパールの野球「WORLD BASEBALL CLASSIC™ 2023」 | ジャパン | 世界の野球 | 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

日本語 English

世界の野球

"世界の野球"ヒマラヤを北に望む国ネパールの野球「WORLD BASEBALL CLASSIC™ 2023」

2023年3月27日

文・写真=NPO法人日本アジア球友団ラリグラス(小林 洋平)

 去る3月8日に台湾の台中インターコンチネンタル野球場を皮切りに開幕したワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は、日本の優勝で幕を閉じた。大会期間中は日本国内も大いに盛り上がり、私も強化試合や1次ラウンドを観戦した。私はアジア野球連盟に加盟している各国との繋がりもあり、アジアから参加している国々を応援していた。そして、本戦には日本、台湾、韓国、中国が参加。その他にもWBSCの世界ランキングでアジア5位のパキスタンが昨年9月30日からパナマで行われた予選に出場したが、アルゼンチン、ニカラグアに敗れて涙を呑んだ。

 今大会を見て、野球を取り巻く環境は国によって大きく異なるが、選手たちは野球が好きでプレーしている気持ちだけは全世界共通だと感じた。その中で、大谷翔平選手が中国戦後に「中国も素晴らしい野球をやっていて、本当に中盤は分からなかったゲームだと思うので、全員で勝つことができて素晴らしいゲームだったと思う」と対戦国をリスペクトする姿に感銘を受けた。また、チェコも今大会の話題になったチームの一つであろう。チェコにはプロリーグが無く、多くの選手は野球以外の本業を持ちながら代表チームに参加しているそうである。世界的に見れば、ほとんどの国がそういう状況なのであろう。

 ネパールでは高校を卒業したら国外に出稼ぎに行く者も多く、そのタイミングで野球をやめていく者を私は多数見てきた。国外に出るネパール人の中には、留学生を含め、日本に来る者も多い。ネパールの元代表選手のうち何人かも日本に住んでいる。彼らに聞くと、「日本では野球人気がすごすぎてびっくりしている。大谷翔平選手や村上宗隆選手の名前はよく耳にしていた。日本代表は本当に素晴らしいチームだと思う。観ていて自分もプレーしたくなった。ネパールもいつの日か野球で盛り上がりたい」と話している。過去のコラムでも紹介しているとおり、在日のネパール人は急増しており、私たちが活動を始めた1999年当時と比べて40倍近くにも増えた。都内は約2万7千人(2022年10月現在)で、公立の小学校にも多くのネパール人が学んでいる。こういった状況の中、ネパールの人たちが日本社会を支える存在になりつつあり、日本で野球をプレーする子どもたちもいる。

 ネパール本国の野球環境は恵まれていない。しかし、それは指導者や関わる人次第で大きく変化する。練習方法はもちろんだが、考え方、子供たちとの向き合い方によって環境面のマイナスをカバーすることができる。それは2014年に元ネパール代表チーム主将で関西独立リーグでもプレーしたイッソー・タパ(以下、イッソー)がネパールの子どもたちを率いて来日した際に日本のチームと試合して勝利したことがあったことからも立証できる。イッソーは言う。「できないと考えていたら何もできない。できると思って夢を描きながら未来を切り開いていかなければならない。国を巻き込んで良いものを創っていきたい」。また、ウォルト・ディズニーの言葉に「If you can dream it,you can do it.(夢見ることができれば、それは実現できる。)」という言葉があるが、本当にそのとおりである。どうありたいのかだけを強く持ち続けて行動することにより、道は切り開くことができるはずである。

 さて、今回のWBCの最後はダルビッシュ有投手、大谷翔平投手のリレーで日本が優勝を決めた。ダルビッシュ有投手といえば、イッソーが日本でプレーしていたときに「ネパールのダルビッシュ」とも呼ばれていたことがあったのを思い出す。これに関してイッソーは「自分が初めて日本に来たとき、ダルビッシュが誰だか分からなかった。しかし今は、ダルビッシュ投手のリーダーシップを尊敬しており、そう呼ばれていたことを光栄に思っている」と話している。

 一方、大谷選手は優勝決定後のインタビューで「日本だけじゃなくて、韓国もそうですし、台湾、中国もその他の国ももっともっと野球を大好きになってもらえるように、その一歩として優勝できたことが良かったと思うし、そうなってくれることを願っている」と述べている。多くの国で野球が好きな人を増やすことはWBC開催意義のひとつでもあり、大谷選手の言葉からもその意義を実現できたことを感じ取ることができた。世界を代表する選手からこういう言葉が聞け、大谷選手は本当に素晴らしい人格者だと思った。

 野球は世界を結ぶスポーツであると今回のWBCで改めて感じることができた。参加国だけが盛り上がるのではなく、野球の魅力をどんどん途上国にも発信し続け、ともに歩んでいくことが何よりも大切だとも感じた。実際、今回のWBCの期間中もネパール人から多くの問い合わせが寄せられた。ネパールもそのうち日系人であるラーズ・ヌートバー選手のような選手がたくさん出てくるかもしれない。現地は多くの問題を抱えているが、野球で世界の人々を繋ぐ夢は膨らんでいく。

ヒマラヤを北に臨む国 ネパールの野球
世界の野球
U-15デジタルチャレンジ2024
侍ジャパン公式オンラインショップ

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • MUFG

OFFICIAL TITLE PARTNER

  • ラグザス株式会社

OFFICIAL PARTNERS

  • JTB
  • KONAMI
  • 興和株式会社
  • 花王 SUCCESS
  • JAPAN AIRLINES
  • 檸檬堂

SUPPORTING PARTNERS

  • LAWSONticket
  • UNIQLO
  • mizuno