ヌートバーの全力疾走や大谷翔平の投打にわたる活躍などで苦戦しながらも白星発進 | トップ | 試合レポート | 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

日本語 English

試合レポート

ヌートバーの全力疾走や大谷翔平の投打にわたる活躍などで苦戦しながらも白星発進

2023年3月9日

 3月9日、『カーネクスト 2023 WORLD BASEBALL CLASSIC™ 東京プール』(プールB)が東京ドームで開幕。侍ジャパントップチームはチーム開幕戦で中国と戦い、中盤までは思うような試合運びとはいかなかったが、終盤に畳み掛けて8対1の大勝発進となった。

 栗山英樹監督が試合後「あのプレーが流れを呼び込んでくれた」と振り返ったのは4回裏1死走者無しの場面。先頭打者として初回に初球をセンター前に運んで、その後の連続四球で先制のホームを踏んでいたラーズ・ヌートバー(カージナルス)が打席に立った。その直前の3回にはセンター前に落ちそうな打球を好捕して、ファンとチームメイトから大きな喝采を受けていた。
 そんな状況の中で迎えた第3打席、中国2番手の右腕・王唯一のツーシームをとらえた当たりはボテボテのファーストゴロに。それでもヌートバーは全力疾走を怠らず相手一塁手がもたつくと一塁はセーフに(記録は内野安打)。この姿勢を栗山監督は称えたのだ。
 そして好調続く近藤健介(ソフトバンク)がライト前安打で続いてチャンスは拡大。ここで先発投手兼3番打者の投打二刀流で臨んだ大谷翔平(エンゼルス)がレフトオーバーの二塁打を放って、ヌートバーと近藤が生還し2点を加えた。
 1回は無死満塁を作りながらも1点止まり、2回は走者を出しながらも無得点に終わり相手に流れが傾きかけてもおかしくない場面だっただけに大きな2点となった。

 投手としての大谷は、力強いストレートにスライダーを多く織り交ぜた投球で中国打線を抑えていき、4回を1安打無失点に抑えた。自身が放った援護点もあり3対0のリードでマウンドを戸郷翔征(巨人)に譲り、最後まで指名打者として出場を続けた。
 戸郷は6回に梁培にソロ本塁打を浴び、7回も「一発出れば逆転」のピンチを招くが連続三振を奪ってピンチを切り抜けた。

 こうして6回までは2点差で進み、中国のディーン・トレーナー監督が「“もしかしたら”と希望を抱かせる展開を作れました」と振り返る展開だった。
 しかし、7回に牧秀悟(DeNA)が逆方向のライトスタンドへ見事なソロ本塁打を放つと、直後の8回表には湯浅京己(阪神)が150キロを超えるストレートと落差のあるフォークのコンビネーションで三者連続三振を奪って中国打線に反撃の機会を与えず。
 すると8回裏、大谷のライト前安打や四球でチャンスを作ると、山田哲人(ヤクルト)と甲斐拓也(ソフトバンク)のタイムリーなどで4点をダメ押し。最後は伊藤大海(日本ハム)が危なげなく3人で抑えて試合を締めた。

 相手投手の制球が不安定で多く出塁したにもかかわらず16残塁と課題は残したが、まずはきっちりと白星を収めた侍ジャパン。次戦は3月10日19時から、初戦のオーストラリア戦を落とした韓国と対戦。侍ジャパンはダルビッシュ有(パドレス)の先発で臨む。
 一方、韓国のイ・ガンチョル監督は国際大会の経験が豊富で日本と過去に何度も対戦のある左腕キム・グァンヒョンの先発を明言。幾度も好勝負を繰り広げてきた好敵手の捨て身の気迫に立ち向かう。

監督・選手コメント

栗山英樹監督

「やっぱり国際大会は難しいなという試合でした。相手投手の情報を知りながら戦うプロ野球の選手たちにとって、情報が少なく球の軌道などのイメージがしづらかったと思います。(ヌートバーの全力疾走)ああいうことが日本野球の原理・原則だと思うので、そうしたところを明日以降もしっかりやっていきます」

大谷翔平(エンゼルス)

「ゼロで抑えることを考えて投げました。ストライク先行でどの球種も良かったと思います。中国も素晴らしい野球をしていたので中盤までどうなるか分からない展開の中、全員で勝つことができました。明日また切り替えてバッターとして頑張りたいです」

ラーズ・ヌートバー(カージナルス)

「セレモニー、大観衆の前でのプレーと素晴らしい経験をしました。(大谷の後ろで守ったことについて)呼吸を忘れるほどの素晴らしい経験です。(全力疾走について)私たちは日本代表として100パーセントでプレーすることが求められている。それをしたまでで、明日からもそうしていきます。明日はファーストゴロを打たないようにしたいですが(笑)」

牧秀悟(DeNA)

「打った球はストレートです。気持ちで打ちました。追加点を良い形で取ることができました。最後に打線が繋がって勝てたことが大きいです」

中国 ディーン・トレーナー監督

「中盤まで持ち堪えることができました。中継ぎ陣が良い仕事をしてくれましたし、打線も大谷に対して果敢に立ち向かって良いスイングをしていました。こうした試合を続けていければ中国野球の未来は明るいでしょう」

2023 WORLD BASEBALL CLASSIC™

大会概要 出場選手 選手応援歌 日本語公式サイト

試合日程

カーネクスト 2023 WORLD BASEBALL CLASSIC™ 強化試合
2023年3月6日(月) 18:00 阪神タイガース 1 - 8 日本
2023年3月7日(火) 19:00 日本 9 - 1 オリックス・バファローズ

カーネクスト 2023 WORLD BASEBALL CLASSIC™ 1次ラウンド 東京プール
2023年3月9日(木) 19:00 日本 8 - 1 中国
2023年3月10日(金) 19:00 日本 13 - 4 韓国
2023年3月11日(土) 19:00 日本 10 - 2 チェコ共和国
2023年3月12日(日) 19:00 オーストラリア 1 - 7 日本

カーネクスト 2023 WORLD BASEBALL CLASSIC™ 準々決勝ラウンド 東京プール
2023年3月16日(木) 19:00 日本 9 - 3 イタリア

準決勝
2023年3月21日(火) 8:00 日本 6 - 5 メキシコ

決勝
2023年3月22日(水) 8:00 日本 3 - 2 アメリカ

開催球場

台中インターコンチネンタル野球場、東京ドーム、チェイス・フィールド、ローンデポ・パーク
強化試合:京セラドーム大阪、ひなたサンマリンスタジアム宮崎、アイビースタジアム

出場チーム

プールA
チャイニーズ・タイペイ、オランダ、キューバ、イタリア、パナマ
プールB
日本、韓国、オーストラリア、中国、チェコ共和国
プールC
アメリカ、メキシコ、コロンビア、カナダ、イギリス
プールD
プエルトリコ、ベネズエラ、ドミニカ共和国、イスラエル、ニカラグア

カーネクスト侍ジャパンシリーズ2023 宮崎

特設サイト 大会概要 チケット 出場選手

試合日程

2023年2月25日(土) 13:30 侍ジャパン 8 - 4 福岡ソフトバンクホークス
2023年2月26日(日) 14:00 福岡ソフトバンクホークス 2 - 4 侍ジャパン

開催球場

ひなたサンマリンスタジアム宮崎

出場チーム

侍ジャパン、福岡ソフトバンクホークス

カーネクスト侍ジャパンシリーズ2023 名古屋

特設サイト 大会概要 チケット 出場選手

試合日程

2023年3月3日(金) 19:00 侍ジャパン 2 - 7 中日ドラゴンズ
2023年3月4日(土) 19:00 中日ドラゴンズ 1 - 4 侍ジャパン

開催球場

バンテリンドーム ナゴヤ

出場チーム

侍ジャパン、中日ドラゴンズ

U-15デジタルチャレンジ2024
侍ジャパン公式オンラインショップ

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • MUFG

OFFICIAL TITLE PARTNER

  • ラグザス株式会社

OFFICIAL PARTNERS

  • JTB
  • KONAMI
  • 興和株式会社
  • 花王 SUCCESS
  • JAPAN AIRLINES
  • 檸檬堂

SUPPORTING PARTNERS

  • LAWSONticket
  • UNIQLO
  • mizuno