主将・舩山大翔の2本塁打や好救援などでスーパーラウンド初戦の日韓戦を制す | U-12 | 試合レポート | 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

日本語 English

試合レポート

主将・舩山大翔の2本塁打や好救援などでスーパーラウンド初戦の日韓戦を制す

2023年8月3日

 8月3日、「第7回 WBSC U-12 ワールドカップ」(台湾・台南市/8月6日まで)のスーパーラウンド第1戦が行われた。オープニングラウンドのグループAを3位で通過した侍ジャパンU-12代表は韓国(グループB3位)と対戦し、主将である舩山大翔(東名古屋ボーイズ)の投打にわたる活躍で7対4と快勝した。

 オープニングラウンドで敗れたベネズエラとチャイニーズ・タイペイがともにスーパーランドに進出したため、勝敗が持ち越され0勝2敗からスーパーラウンドは始まった。
 それゆえにこの日負ければ決勝進出の可能性が大きく遠のく一戦だったが、井端弘和監督が「序盤の入りが非常に良かったですし打つべき人が打って良い流れになりました」と振り返ったように、初回から投打が噛み合った。

 今大会初登板となった先発の和田健吾(津ボーイズ)が1回表に1安打こそ許すものの、捕手の駒勇佑(湖南ビッグボーイズ)が強肩を生かした二塁送球で盗塁を刺すなどして3人で韓国の攻撃を終わらせた。
 その裏、2死から藪内雅也(堺ビッグボーイズ)がレフト前安打で出塁すると盗塁も決め、相手バッテリーにプレッシャーをかける。すると、このチャンスで駒が前日に続いてセンター左に設置された巨大スコアボード直撃の一発を放ち2点の先制に成功した。
 さらに2回には水野蒼介(武蔵府中リトルシニア)の安打でチャンスを作ると舩山が逆方向のレフトフェンスを越える2ラン本塁打、3回には橘漣次(東久留米リトルシニア)がタイムリーを放ち、3回までに5点のリードを奪った。

 このまま主導権を握り続けるかと思われたが、4回から韓国の執念と地力の高さに押され始める。疲れの見えた和田が本塁打、四球、タイムリー、死球と攻め込まれ、井端監督は土屋春樹(墨田リトルリーグ)にスイッチ。ここで土屋はなんとか同点こそ防いだものの内野ゴロの間とタイムリーで1点差に迫られた。

 それでも中盤以降で光ったのは井端監督が「いずれこの世代を背負って立てる選手」とまで期待をかける舩山だ。4回裏に、またも逆方向のレフトフェンスを越える2打席連続本塁打を放って1点を追加すると、5回表の1死満塁のピンチではマウンドへ。舩山自身が「驚きました」と振り返る抜てきだったが、三塁手・三ツ井蓮(松戸柏リトルリーグ)の好守とピッチャーゴロで無失点に抑えピンチを脱した。
 するとその裏に、三ツ井と土屋の連打から作ったチャンスで、水野の打球を相手三塁手が悪送球。これでダメ押しの7点目を挙げてリードを3点に広げると、その裏は味方の失策にも動じずに舩山が無安打で締めて試合終了。貴重な白星を掴み取った。

 スーパーラウンド第2戦は前回大会優勝のアメリカと対戦(日本時間8月4日正午開始予定)。井端監督はアメリカについて「素晴らしい選手はたくさんいますが」と前置きした上で「鬱陶しいと思われるくらい“やるべきこと”は選手たちに伝えてきました。それをすれば勝機はあると思います」と力強く語った。決勝進出に向けて残り2戦も凡事徹底で勝利を目指す。

監督・選手コメント

井端弘和監督

「舩山はこういった活躍ができる選手と分かっていました。初めてマウンドに送りましたが秘策でした。彼は体力もあるし困ったら舩山と決めていました。明日で7連戦目となってきますが、少しでも多く休養と食事を取って明日に臨みたいです。体力勝負となるでしょう」

駒勇佑(湖南ビッグボーイズ)

「嬉しいです。勝てたのは僕のおかげです(笑)(今大会5本塁打)打撃の感覚を掴んできました。(捕手として)昨日のように終盤に失速しないように頑張って良い試合ができたと思います。アメリカに勝ってドミニカ共和国戦に繋げたいです」

和田健吾(津ボーイズ)

「初登板で気合いが入りまくっていました。4回に体力の限界が来て甘い球を投げてしまったので力の配分は反省です。序盤はストレートが走っていたので抑えることができたと思います。(打者としては)これからも鋭い当たりを打って打線を繋げていきたいです」

舩山大翔(東名古屋ボーイズ)

「(本塁打は)1本目は入ると思いましたが2本目はフェンス直撃かと思ったので嬉しかったです。(投球は)みんなが声を出してくれたので頑張ることができました。緊張はメチャクチャしましたが三ツ井の守備が大きかったです」

第7回 WBSC U-12 ワールドカップ

大会概要 出場選手

大会期間

2023年7月28日~8月6日

オープニングラウンド
7月28日(金)12:00 日本 (雨天延期) メキシコ
7月29日(土)19:30 チャイニーズ・タイペイ 3 - 2 日本
7月30日(日)19:30 日本 16 - 0 ドイツ
7月31日(月)15:30 ベネズエラ 7 - 1 日本
8月1日(火)12:00 日本 15 - 0 オーストラリア
8月2日(水)12:00 日本 12 - 6 メキシコ
※開始時刻は日本時間(台湾:時差-1時間)

スーパーラウンド
8月3日(木)12:00 日本 7 - 4 韓国
8月4日(金)12:00 アメリカ 0 - 7 日本
8月5日(土)12:00 ドミニカ共和国 1 - 13 日本
※開始時刻は日本時間(台湾:時差-1時間)

3位決定戦
8月6日(日)15:30 日本 8 - 9 ベネズエラ
※開始時刻は日本時間(台湾:時差-1時間)

開催地

台湾(台南)

出場する国と地域

グループA
日本、メキシコ、チャイニーズ・タイペイ、ベネズエラ、オーストラリア、ドイツ
グループB
アメリカ、韓国、ドミニカ共和国、パナマ、チェコ、ニュージーランド

侍ジャパン公式オンラインショップ

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • MUFG

OFFICIAL TITLE PARTNER

  • ラグザス株式会社

OFFICIAL PARTNERS

  • JTB
  • KONAMI
  • 興和株式会社
  • 花王 SUCCESS
  • JAPAN AIRLINES
  • DOCTORAIR
  • 檸檬堂

SUPPORTING PARTNERS

  • LAWSONticket
  • UNIQLO
  • mizuno