栗山英樹監督と予告先発の石川柊太が5日の侍ジャパン初陣に向けて意気込みを語る | トップ | チームレポート | 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

日本語 English

チームレポート

栗山英樹監督と予告先発の石川柊太が5日の侍ジャパン初陣に向けて意気込みを語る

2022年11月4日

 11月4日、侍ジャパントップチームが5日から始まる「侍ジャパンシリーズ2022」(5日に日本ハム、6日に巨人、9・10日にオーストラリアと対戦)に向けた公式練習を東京ドームで行い、選手たちは約3時間を使って調整を進めた。

 集合写真撮影や各自に任されたアップは和やかな雰囲気が流れた。キャッチボールでは2019年の侍ジャパンU-18代表でともに戦った佐々木朗希(ロッテ)と宮城大弥(オリックス)がペアを組んで、体をほぐした。
 その後は投内連係、サインプレーやバントシフトの確認、打撃練習などが行われた。シートノックでは、複数のポジションを守る選手の姿があり、岡本和真(巨人)や牧秀悟(DeNA)が一塁へ回る場面もあった。

 3時間の練習後には前日記者会見が行われ、今回が初陣となる栗山英樹監督と5日の日本ハム戦で先発を任されることになった石川柊太(ソフトバンク)が出席。記者からの質問に答えた。

 栗山監督は初練習を終えて「いよいよだなという気持ちですし、日本のレベルの高い、楽しみな試合が見られるはずだと思います」と笑顔を見せた。この4試合については「勝つことを1番にしながらも、すべての課題を消していきたいと考えています」とテーマを語った。
 打順については「足が使える選手が多いので、オーソドックスな形になると思います」としながらも、守備位置については「2つ(のポジションを)できる幅を持って欲しいということで、あえて一塁手の選手は選んでいないので、試す中で“ん?”とみんなが思う起用はあるかもしれません」と含みを持たせた。

 初戦の先発・石川については「僕が日本ハムの監督時代から良い投手だと感じていますし、プレッシャーがかかっても背負える投手。しっかりスタートしてくれると思います」と期待をかけた。
 また、石川も「チャンスをもらえたこと自体が嬉しいです。感謝の気持ちを持って臨みたいです」と抱負を語った。2018年の日米野球のメンバーに選出されながらも、怪我で辞退した過去があるだけに、侍ジャパンのユニホームを着るのは、これが人生初めて。「辞退した時の悔しさは鮮明に覚えています。その思いをぶつけたいです」と意気込んだ。

 栗山監督率いる侍ジャパンの船出はどんな内容になるのか。そして来年3月にはワールド・ベースボール・クラシックが控えるだけに大きな注目が集まっている。

侍ジャパンシリーズ2022
「日本 対 オーストラリア」

特設サイト 大会概要 チケット 出場選手

試合日程

2022年11月9日(水) 19:00 日本 8 - 1 オーストラリア
2022年11月10日(木) 18:30 オーストラリア 0 - 9 日本

開催球場

札幌ドーム

出場する国と地域

日本、オーストラリア

侍ジャパン強化試合2022

特設サイト 大会概要 チケット 出場選手

試合日程

2022年11月5日(土) 13:30 侍ジャパン 5 - 4 北海道日本ハムファイターズ
2022年11月6日(日) 14:00 読売ジャイアンツ 4 - 8 侍ジャパン

開催球場

東京ドーム

出場チーム

侍ジャパン、北海道日本ハムファイターズ、読売ジャイアンツ

侍ジャパンシリーズ2022オフィシャルグッズ

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運

OFFICIAL PARTNERS

  • SAVAS
  • JTB
  • 檸檬堂
  • KONAMI
  • カーネクスト
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    UNIQLO
  • OFFICIAL UNIFORM PARTNER

    mizuno