野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

世界の野球

"世界の野球"清水直行 ニュージーランド野球の世界挑戦記「ワールドマスターズゲームズ2017」

2017年6月15日

文・写真=元 野球日本代表 清水直行

 現役を退いて以来の先発マウンドはほろ苦いものとなった。4月20日にオークランドで開幕した中高年を対象にした世界規模の国際大会「ワールドマスターズゲームズ2017」に出場した。私がエントリーしたのは、種目は野球と趣味で続けているゴルフだった。

 野球は「ニュージーランド・ノース」というオークランドの北部地域チームの一員として出場。22日の試合では、先発マウンドに上がった。35歳以上のカテゴリーだ。
 試合時間は7イニングか、1時間57分を超えたイニングの終了まで。私は同じニュージーランドから出場したチーム相手に6イニングを投げた。結果は確か11失点だった。味方の失策もあり、失点を重ねた。
 まっすぐの球速で115キロくらい。カーブやスプリット、スライダーと変化球も駆使した全力投球だった。その日の夜には引退の引き金にもなった左膝の痛みを発症して、水もたまった。

 自宅でアイシングを施したが、腫れがひかない。人数はギリギリで交代要員はほとんどいない。翌日の試合は一塁を守って、打席にも経った。チームはリーグ戦を勝ち上がって決勝へ。中6日で再びマウンドへ上がった。リードしていたが、またしても私が打たれての敗戦。悔しい銀メダルに終わった。それでも、スポーツはやはり楽しい。ゴルフ競技には、大会期間中に野球の試合日と重なりながらも出場しており、先発した翌日や投手以外で出場した日の試合後にも、左膝をかばいながらも元気に出場した。

 お国柄、盛んなラグビーや男子のソフトボールは大盛況だった。野球も1つ上のカテゴリーは8チームが出場し、海外からのエントリーもあった。
 驚かされたのは、外国人の真剣さだ。日本でおじさんがスポーツをすると、大会前に必ずといっていいほど「けがをしないように」と運営側からアナウンスがある。しかし、現地の大会では盗塁の場面でヘッドスライディングをする選手がいた。負傷した箇所にテーピングを巻いて出場を続ける人まで・・・。マスターズとはいえ、世界大会ということを実感させられた。

 大会の開幕前日には、日本からスポーツ庁の鈴木大地長官が訪れた。現地でキャッチボールを一緒にさせてもらった。次回の21年開催は、日本の関西地方で行われる。外国人のようなハードなプレーにならなくても、生涯スポーツのきっかけになればと思う。

 最後に1つ自慢をさせてもらうと、2004年アテネ五輪で銅メダル、06年の第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で金メダルを獲得している。今回は決勝で負けて銀メダル。3大会で金、銀、銅と3つのメダルを手にすることができた。

(構成協力・産経新聞社 田中充)

清水直行 ニュージーランド野球の世界挑戦記
著者プロフィール
清水直行(しみず なおゆき)
1975年11月24日生まれ 京都府出身。日大、東芝府中を経て、99年にドラフト2位でロッテに入団。2002年から5年連続で規定投球回、2桁勝利を継続し、エースとして活躍。05年は31年ぶりの日本一にも貢献した。04年のアテネ五輪、06年の第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に日本代表として出場。10年から横浜(現:横浜DeNA)。プロ12年間で通算105勝、防御率4.16。現役引退後は、ニュージーランド野球連盟ゼネラルマネジャー補佐、同国の代表統括コーチを務める。

世界の野球
WBC応援感謝セール

PARTNER

DIAMOND PARTNER

  • asics
  • 日本通運

OFFICIAL PARTNER

  • ANA
  • 楽天
  • SAVAS
  • NISSAN

OFFICIAL SUIT PARTNER

  • BrooksBrothers

OFFICIAL TICKETING PARTNER

  • LAWSONticket