野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

世界の野球

"世界の野球"【第4回】清水直行 ニュージーランド野球の世界挑戦記「防御力」

2015年3月18日

文・写真=元 野球日本代表 清水直行

「野球が強い」とは、どういうことか。強打をイメージする人もいるかもしれないが、投手出身でもある私の意識はむしろ守備へと向かう。「いかに失点を防ぐか」。試合を想定する上で欠かせない課題だ。確かに野球は『点取りゲーム』だ。相手より多く点を取ると勝利できる。一方で『多く点を取られる』ということは勝てる可能性が低くなる。

「防御力」。ニュージーランド代表チームの強化における現時点での最大の課題がここにある。2012年夏に行われた第3回WBCの予選や、昨年11月台湾で行われた21U(21歳以下)の国際大会の結果からも明らかだ。幾度となくみられた大量失点。四球だけでなく、野手の悪送球も加わり、あまりに「点を失う」ということへの危機感が足りない。

 ピッチングも送球も共通することは、「狙って投げる」ことだ。投手で言えば、ストライクゾーンへのコントロールであり、牽制球や野手の送球であれば、相手が取れるところ付近でタッチしやすいところへ「狙って投げること」が必要だ。

 私は、ニュージーランドで指導する際、もう一つ前の段階で一つの重要なキーワードを強調している。それは、「しっかりとボールを握る」ということだ。日本でも小さい子供に教える時と同じである。なぜ、正しく握ることが大切なのか。

 ニュージーランドには軟式野球が普及していない。軟式野球は日本発祥とされ、いまや世界へとすそ野を広げている。硬式球に比べて安全であり、大きさも数種類ある。年齢にあわせてボールを使い分けることで正しい握りを習得しやすいというメリットもある。ニュージーランドでは、手の小さい子供たちが、まだサイズの合っていない大きい硬式球でプレーする。上手に握れないのは当然なのだ。

 正しく握れていないままボールを扱い、慣れてしまうと修正することが難しくなる。さらにいえば、ニュージーランドでは夏は野球をするが冬は違うスポーツをするという習慣もある。1年を通して野球のボールを握るという時間が少ない。

 本来は子供のころに習慣付けるべき、ボールをしっかり握るということから強化を始めようと思ったのはこうした理由からだ。このことは、ニュージーランドに限らず、世界で野球を普及させていく上でも重要なことだと思っている。

 さらには、子供たちと一緒にキャッチボールをすることや近くで多くのお手本を見せること。そしてより多くの練習時間の確保でありボールに触れる機会をつくること。そんな、現場での活動と環境の整備が、ゆくゆくはニュージーランドの「防御力」につながっていくような気がしている。

清水直行 ニュージーランド野球の世界挑戦記
著者プロフィール
清水直行(しみず なおゆき)
1975年11月24日生まれ 京都府出身。日大、東芝府中を経て、99年にドラフト2位でロッテに入団。2002年から5年連続で規定投球回、2桁勝利を継続し、エースとして活躍。05年は31年ぶりの日本一にも貢献した。04年のアテネ五輪、06年の第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に日本代表として出場。10年から横浜(現:横浜DeNA)。プロ12年間で通算105勝、防御率4.16。現役引退後は、ニュージーランド野球連盟ゼネラルマネジャー補佐、同国の代表統括コーチを務める。

世界の野球
アジア プロ野球チャンピオンシップ2017 9月24日10:00よりチケット一般販売開始

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA