野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

世界の野球

"世界の野球"【第8回】清水直行 ニュージーランド野球の世界挑戦記「トライアル(12U NZ)」

2015年5月22日

文・写真=元 野球日本代表 清水直行

 午後2時、オークランドのハウイックという地域の野球フィールドに子供たちが集合していた。ここは年間を通して野球フィールドとして使用できる貴重な場所だ。今回ここで行われたのが、7月末からアメリカで開催される「カル・リプケン トーナメント」に出場する12Uニュージーランド代表トライアルの第1回目だ。日本が参加を決定している、IBAF U-12ワールドカップへは、資金の都合上で参加ができない。そういったこともニュージーランド野球の現状だ。

「カル・リプケントーナメント」は、U-12世代にとって世界的な大会のひとつとなっている。年代は規定の通り12歳以下で構成されるため、1か月ほど前からニュージーランド野球連盟が各クラブにトライアル実施をアナウンスしていた。もちろんクラブに所属していなくても参加は可能だ。

 各世代の代表を結成する時に、ニュージーランド野球連盟は、今回のような「トライアル」を実施している。ナショナルチームとしての公平性を持たせるため、数日に分けてオークランド、ウェリントン、クライストチャーチで実施するようにしている。この日は1回目のオークランドだった。
 グラウンド上では、すでに50名以上の子供たちがウォーミングアップを始めている。子供たちの様子をみていると、ふと疑問を感じた。野球シーズンは4月の中旬で終わっているのに、彼らは今日までどこでどのような準備をしてきたのだろう?私はその子供たちの様子をグランドでチェックをしていたが、フェンスの外で見守る保護者やクラブの関係者から事情を聞いてみることにした。あるクラブでは週に一度だけ自由参加で練習会を実施していたそうだ。ある子供はトレーナーと共に練習を積んできていた。その他の子供たちは各自でトレーニングをしていたらしい。そういえば、私も子供のころ所属していた野球チームの練習がない日は、当時住んでいた団地の周りをランニング、自転車置き場や駐車場で素振りやボールの壁当てなどをしていたものだ。当時が懐かしい。

 キャッチボールがはじまり、次に走力測定。そして内野と外野でフィールディングとスローイングをテストする。ピッチャー希望者はマウンドでピッチング、キャッチャー希望者はキャッチャー道具をつけてキャッチングとブロッキングのテストをした。最後にバッティングで約3時間。一通りの「トライアル」が終了した。

 以前から何人かの選手は野球大会やシーズンの試合でリストアップをしていたが、今回のトライアルで新しい選手を発見することができた。それはオーストラリアから参加している子供や普段ソフトボールチームに所属している子供だ。この「トライアル」のためだけにオーストラリアから参加してくれていたのだ。テストを見ただけではあるが、実力はありそうだ。

 翌日、ウェリントンでも同様に実施し、1週間後、3回目の「トライアル」がオークランドのソフトボール球場で行われた。そこには、1回目に満足いくプレーが出来なかった子供と、1回目に都合がつかなかった子供が参加をしていた。
 その翌日にも「クライストチャーチ」で同様にトライアルを実施した。この結果で30人を選出し、その後の練習を見ながらさらに最終メンバーへと絞り込んでいく。そしてナショナルチームとしてトーナメントに挑むのだ。

 何度も挑戦する子供の姿。ナショナルチームに入れるかもしれないというチャンスを掴みに、国内外の遠方からもやってきてくれること。ニュージーランドにおける野球の歴史は浅いが、野球というスポーツの面白さを知ってもらえる活動と、ナショナルチームの価値を高められれば、もっと多くの才能を掘り起こせるのではないかと思う。
 昨年は最下位に終わったトーナメント。今年はひとつでも順位を上げ、喜び、楽しんでほしいと願う。

清水直行 ニュージーランド野球の世界挑戦記
著者プロフィール
清水直行(しみず なおゆき)
1975年11月24日生まれ 京都府出身。日大、東芝府中を経て、99年にドラフト2位でロッテに入団。2002年から5年連続で規定投球回、2桁勝利を継続し、エースとして活躍。05年は31年ぶりの日本一にも貢献した。04年のアテネ五輪、06年の第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に日本代表として出場。10年から横浜(現:横浜DeNA)。プロ12年間で通算105勝、防御率4.16。現役引退後は、ニュージーランド野球連盟ゼネラルマネジャー補佐、同国の代表統括コーチを務める。

世界の野球
アジア プロ野球チャンピオンシップ2017 9月24日10:00よりチケット一般販売開始

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA