野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

世界の野球

"世界の野球"インドネシア野球「非行麻薬防止 突撃キャラバン」

2017年1月19日

文・写真=野中寿人

 インドネシアにおける野球キャラバンの主旨は、東洋人の身体に適合した野球の動作と、最高のパフォーマンスとその維持を目的としたストレッチを幼年期の子供たちから青年期の子供たちへ指導することです。
 また、上記とは別に、インドネシアという大国には、各種の犯罪も多く、大きな社会問題となっていることも、今回の主旨につながってきます。

 生活レベルにも貧富の差が歴然とするインドネシアは、各層においての犯罪が絶えません。これはひとつに、幼年期時代の人間教育の欠陥からくる要因が多く、家庭環境、地域や周囲の環境、人間関係、経済環境などが挙げられるでしょう。
 これらの要素から、安易に非行にはしる傾向が強いと思われる子供たちへ、現状の生活の中に、新しく野球というスポーツを紹介し、興味を持って、取り込んでもらい、余暇の時間を持て余すことがなく、野球によって、1つの目的と目標を持ってもらえたら、少しでも犯罪や非行の防止になると信じて、突撃キャラバンなる巡回指導を開始しました。

 この突撃キャラバンとは、必要な野球用具をキャラバン車に積んで、市内を巡回し、子供たちを探して、野球を紹介するという、全く、事前の仕込み無しでの、アドリブ行為です。
 今回は、日本大使館やオフィスビル、一流ホテルや大型モールなど、そして独立記念塔モナスを通るジャカルタの中心地であるタムリン通りの裏手に位置する、タナアーバン地区にある雑居団地が集まる、経済的にも恵まれない地域に出向いて、子供たちを探しました。

 ジャカルタの目ぬき通りである、タムリン通りから数ブロックしか離れていないにもかかわらず、このタナアーバン地区は、昔ながらの市場や各種の卸問屋などがあり、ジャカルタの貧富状況を絵に描いたような場所になります。
 我々は、市場の駐車場に入り、子供たちを見かけ「野球をやろうよ」と声をかけ、子供たちには友達を誘ってもらうように話しをし、我々は大声で雑居団地の各棟に、誘い声を張り上げながら歩いて行きます。すると、この雑居団地を統括する管理人の方が、我々の奇妙な行動を目にし、この地区での行動許可の有無を問いてきましたが、丁重に主旨を話すと、雑居団地の真ん中にあるテニスコートの使用を許可してくれたのでした。

 テニスコートには、既に数人の子供たちが集まっており、後から、次々と子供たちがテニスコートに入ってきます。テニスコートの外には沢山の女の子や、雑居団地に住む方々が我々を見つめ、何が始まるのか?興味津々です。
 テニスコートに集まった15名弱の子供たちに、我々に帯同しているインドネシア代表 チームの主力選手から、野球というスポーツを現地語で説明をしてもらい、投げ方、ゴロの取り方、打ち方の見本を示して、子供たちに実際にやってもらいました。

 初心者ということから、使用するボールは軟球を使用し、打撃の時には、近所のガラス破損の心配からDr.ストレッチのキャラバン隊員からのアイデアで靴下を丸めてボールに仕立てて行いました。
 初めて野球をしたとは思えないほど、動作バランスが良く、すんなりと適応していく子供も数名いて、子供たちから、本格的に野球をしたいという嘆願に、ジャカルタ市内のクラブチームを紹介しました。

 この様な感じで、子供たちに野球を紹介し、野球用具の提供と補填を約束し、継続的に野球が行えることをサポートさせて頂きました。そして数名の子供たちから、今回の突撃キャラバンでの、野球に対する感想をもらい、管理人さんに野球用具を渡し、この雑居団地での突撃キャラバンを終了したのでした。
 突撃キャラバンを終えた我々は、どんよりとしたジャカルタの夕刻とは対象的に、各人が清々しいく爽快な気持ちを胸に抱き、子供たちの無邪気な笑顔と、真っ白い歯を思い浮かべながら帰路のバスに揺られグランドへ向かったのでした。
 また、グランドでも、孤児院の子供たちが集まっており、やはり、恵まれない環境の中で、野球というものち出会い、生活環境の中の1つにして欲しい。そして、野球というスポーツを通じて、道徳観を養い、多くの仲間を作り、その仲間たちと野球に集中して、笑顔を絶やさない人間に育って欲しいと思います。

 今回のジャカルタ編では、初めて突撃キャラバンや、孤児院の子供たちへのキャラバンを行いましたが、つくづく、この様な活動を取り入れで行くべきだと感じています。
 今年度は、ジャワ島の主要3都市にて野球キャラバンを開催させて頂きました。開催にてあたり株式会社フュービックの黒川社長様、Dr.ストレッチのキャラバン隊、小林隊長様、及び、キャラバン隊員の皆様方、そして全関係者の方々に、深く感謝と御礼を申し上げます。ありがとうございました。

 また、来年度は、既に、バリ州、ランプン州、マナド州の3都市から、野球キャラバン開催の依頼を受けております。既存の野球キャラバン、突撃キャラバン、キャンプキャラバンなど、広い切り口でFu×Bic野球キャラバンを開催してまいりたいと思っております。皆様、ご期待下さい。
「今回の突撃キャラバンで、素足の子供がいたなぁ〜、今度、あの子に靴を届けてあげよう〜(微笑)」

日本人監督の挑戦
著者プロフィール
野中 寿人(のなか かずと)
1961年6月6日生。日大三高野球部在学3年の夏に西東京代表にて全国高等学校野球選手権大会に出場。
その後、日本大学体育会硬式野球部へ進学。日本大学では1年の秋から体調を壊し2年間の休部をし、現役野球人生を終える。大学卒業後は、フィリピン、サイパンなどで仕事をし2001年にインドネシアのバリ島へ移住。2004年からバリ島の子供達に野球を教え始め2005年にリトルリーグを発足。2006年にはバリ州代表監督に就任、また、クラブチームを発足。2007年にはインドネシア代表ナショナルチームの監督に就任。2007年のSEAゲームスで銅メダル、2009年のアジアカップで優勝、同年のアジア選手権大会へ出場。その後、インドネシア代表ナショナルチームの監督を辞任し、地方州底上げの為に、東ジャワ州代表監督に就任。2011年のインドネシア国体予選で準優勝、2012年のインドネシア国体前哨戦で優勝、同年のインドネシア国体決勝大会で銅メダル。そして2014年からインドネシア代表ナショナルチームの監督に復帰をし、2015年の東アジアカップで準優勝。

世界の野球

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • eneos
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA