野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

選手紹介

侍ジャパントップチーム選手紹介/武田翔太(福岡ソフトバンクホークス)

2015年11月1日

 圧倒的な強さでリーグ連覇を果たした福岡ソフトバンクの若きエースとして、今季13勝を挙げた武田翔太。プロ4年目に覚醒した「九州のダルビッシュ」が、世界の舞台に名乗りをあげる。

 宮崎日大高では1年秋からエースとなったが、3年夏は県大会ベスト8止まりで、甲子園には縁がなかった。186センチの長身と長い手足を駆使した投球スタイルから「九州のダルビッシュ」の異名をとった。
 ドラフト1位で福岡ソフトバンクした武田は、2位入団で「下町のダルビッシュ」と呼ばれた吉本祥二とともに、将来のエースとして期待された。その期待通り、武田は1年目から一軍昇格を果たし、7月からの約3か月で8勝をマーク。1966年の堀内恒夫(巨人)以来となる高卒ルーキーのデビューから無傷の4連勝を記録するなど、防御率1.07の好成績で優秀新人賞として特別表彰された。

 順調な滑り出しとなったが、2年目はわずか4勝と、いわゆる「2年目のジンクス」にはまった。17試合の登板でリーグワーストの68与四球と、制球難が原因だった。シーズン途中には疲労の影響で投球フォームを崩すなど、体力面でも課題が露呈した。
 3年目の昨季は、春季キャンプで右肩痛を発症し、一軍昇格を果たしたのはオールスター明けの8月だった。7試合で3勝3敗に終わったが、防御率は1.87と復調の兆しは見せた。さらに日本シリーズでは初登板初勝利を記録し、優秀選手賞も受賞した。

 オフの日米野球では、追加招集で初の侍ジャパン選出となり、第4戦に3番手して登板して2イニングを1失点。最終戦として沖縄で行われた親善試合では先発を任され、3回まで4安打4四球を与えながら自責点は0、1失点に抑えて勝利投手となった。
 今季は開幕から先発ローテーション入りして交流戦で負けなしの3勝、勝負どころの9月も3戦3勝と活躍し、リーグ連覇に貢献した。25試合、164イニング2/3で与四球は59と、課題だった制球力も向上を見せている。

 武田の持ち球で「魔球」と称されているのが、縦に大きく割れる落差のあるカーブだ。昭和の時代のエースが得意球とし、かつては「ドロップ」と呼ばれた球を彷彿とさせるウイニングショットは、古き野球ファンの郷愁を誘っている。さらには日米野球で初披露した縦に大きく変化球を「Vスライダー」と自ら命名するなど、プロとしての発信力にも長けており、スター性も抜群だ。プレミア12は「九州のダルビッシュ」が、本家に近づく格好の舞台となる。

侍ジャパントップチーム選手紹介

ひかりTV 4K presents 世界野球WBSCプレミア12 侍ジャパン強化試合 日本 vs プエルトリコ

日程 球場 カード 戦評 チケット TV放送
11/05(木)19:00福岡ヤフオク!ドームプエルトリコ 3 - 8 日本レポート購入方法テレビ朝日系列
11/06(金)19:00福岡ヤフオク!ドーム日本 - プエルトリコ購入方法TBS系列

世界野球WBSCプレミア12

日程 球場 カード 戦評 チケット TV放送
11/08(日)19:00札幌ドーム日本 - 韓国購入方法テレビ朝日系列
11/11(水)19:00天母(台湾)日本 - メキシコテレビ朝日系列
11/12(木)19:00桃園(台湾)ドミニカ - 日本TBS系列
11/14(土)19:00桃園(台湾)アメリカ - 日本テレビ朝日系列
11/15(日)19:00桃園(台湾)日本 - ベネズエラTBS系列
11/16(月)19:00未定(台湾)準々決勝TBS系列
11/19(木)19:00東京ドーム準決勝購入方法TBS系列
11/21(土)19:00東京ドーム決勝購入方法テレビ朝日系列

※台湾開催の時間は日本時間

アジア プロ野球チャンピオンシップ2017 チケット好評販売中

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • eneos
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA