野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

選手紹介

侍ジャパントップチーム選手紹介/前田健太(広島東洋カープ)

2015年10月19日

 小久保裕紀監督が投手陣のリーダーに指名した広島のエース。明るい性格で、ファンサービスも積極的に行い、「マエケン」の愛称で親しまれている。
 小久保監督が評価するのが、国際大会での実績だ。13年の第3回 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では3試合に先発し、2勝1敗、防御率0.80、18奪三振の成績で大会公式ベストナインに選出された。

 田中将大(ヤンキース)、斎藤佑樹(北海道日本ハム)と同期のいわゆる88年世代で、PL学園高時代には二度甲子園に出場し、3年春のセンバツではベスト4に進出している。しかし、最後の夏の大会では大阪府大会の準々決勝で敗退となり、ドラフトではライバルたちが複数球団の指名を受ける中、広島に単独指名で入団した。
 プロ入り後は2年目から一軍定着を果たしたが、当時のカープはBクラス常連のチームで、先発陣も黒田博樹がメジャー移籍するなど、苦しい状況にあった。それでも自身初の開幕投手を務めた4年目の10年に15勝8敗、防御率2.21、174奪三振で、最多勝、最優秀防御率、最多奪三振の投手三冠に輝き、投手最高の栄誉である沢村賞も獲得した。セ・リーグでは11年ぶりとなった投手三冠は、史上最年少、さらに球団史上初となる快挙だった。
 カープのエースから球界を代表する右腕に成長した前田は、11年に最多奪三振、12年には自身初となるノーヒットノーランを記録するなど、防御率1.53で二度目の最優秀防御率のタイトルを獲得。13年も防御率2.10でリーグ1位となり、4年連続でタイトルホルダーとなった。

 13年のオフには、将来的なメジャーリーグ挑戦の意思があることを明らかにした。しかし、14年は11勝9敗と不本意な成績に終わり、チームも2年連続でクライマックスシリーズに敗退したこともあり、ポスティングシステムによる移籍は見送られた。そして今季、15勝8敗で最多勝のタイトルに輝いた広島のエースは、その去就が注目されている。
 メジャーリーグの関係者から、すでに高い評価を受けている前田だが、今回のプレミア12が格好のアピールの場になることは間違いない。2013年のWBCはメジャーの評価を受けた最初の国際大会だったが、同時に準決勝のプエルトリコ戦で敗戦投手となった悔しい大会でもある。再び訪れた大舞台でリベンジを果たした時、「広島のマエケン」は、「世界のマエケン」になる。

侍ジャパントップチーム選手紹介

ひかりTV 4K presents 世界野球WBSCプレミア12 侍ジャパン強化試合 日本 vs プエルトリコ

日程 球場 カード 戦評 チケット TV放送
11/05(木)19:00福岡ヤフオク!ドームプエルトリコ 3 - 8 日本レポート購入方法テレビ朝日系列
11/06(金)19:00福岡ヤフオク!ドーム日本 - プエルトリコ購入方法TBS系列

世界野球WBSCプレミア12

日程 球場 カード 戦評 チケット TV放送
11/08(日)19:00札幌ドーム日本 - 韓国購入方法テレビ朝日系列
11/11(水)19:00天母(台湾)日本 - メキシコテレビ朝日系列
11/12(木)19:00桃園(台湾)ドミニカ - 日本TBS系列
11/14(土)19:00桃園(台湾)アメリカ - 日本テレビ朝日系列
11/15(日)19:00桃園(台湾)日本 - ベネズエラTBS系列
11/16(月)19:00未定(台湾)準々決勝TBS系列
11/19(木)19:00東京ドーム準決勝購入方法TBS系列
11/21(土)19:00東京ドーム決勝購入方法テレビ朝日系列

※台湾開催の時間は日本時間

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • eneos
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA