野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

選手紹介

侍ジャパントップチーム選手紹介/平田良介(中日ドラゴンズ)

2015年10月31日

 「何かをやってくれそうな男」が、侍ジャパンの切り札となるか。プロ10年でサヨナラ本塁打3本を含む6度のサヨナラ打を記録している平田良介が、13年以来、二度目の侍ジャパンに選出された。

 大阪桐蔭高時代から、その打棒は群を抜いていた。1年秋から強豪で4番を任され、高校通算70本塁打を記録した。甲子園には2年春と3年夏の二度出場し、3年夏にはPL学園時代の清原和博以来となる1試合3本塁打を放った。甲子園では、史上4位となる通算5本塁打をマークした。甲子園への府大会予選では、当時PL学園の前田健太と対戦し、本塁打を放っている。甲子園大会後の9月にはアジアAAA選手権で代表に選ばれ、日の丸も背負った。

 05年の高校生ドラフト1位で中日に入団したが、前述のアジアAAA選手権での右肩脱臼の影響で、1年目の前半はリハビリに費やした。8月に1軍初出場を果たしたが、以後も度重なる故障で、なかなかレギュラーとして定着できない状況が続いた。
 プロ3年目に、代打サヨナラで初本塁打を記録したが、5年目まで年間59試合出場が最高と、周囲の大きな期待に応えることができなかった。ようやく本領発揮を始めたのがプロ6年目の11年。5月に一軍昇格し、1試合4安打などを記録して出場機会を増やすと、6月に2日連続サヨナラ本塁打を放った。個人の2試合連続サヨナラ本塁打は、02年の松井稼頭央(当時西武)以来、チームでは初の快挙だった。

 12年、13年は規定打席不足ながら、11、15本塁打をマークし、13年オフに行われたチャイニーズ・タイペイ代表との強化試合で侍ジャパンに選出された。第1戦に代打で登場してタイムリーを放つと、第2戦は先発出場して1安打している。
 昨季は右足首の捻挫で約1か月間の離脱があったが、自己最多の119試合に出場して11本塁打、65打点。プロ入り9年目にして、初の規定打席に達した。今季は後半戦に4番として固定されるなど、クリーンアップの一角として130試合に出場した。

 今季も打率.283、13本塁打、53打点と、特出した成績を残しているわけではない平田が代表に選ばれるのは、ここ一番の勝負強さだけでなく、外野手としての守備力も大きな要因だろう。11年には109試合で守備率1.000を記録し、昨季は9補殺でリーグトップと、強肩ぶりも光る。今季は11盗塁を記録するなど脚力もある。ここ一番での代打に、試合終盤の守備固め、代走と、侍ジャパンのスーパーサブとしての活躍も期待できそうだ。

侍ジャパントップチーム選手紹介

世界野球WBSCプレミア12

日程 球場 カード 戦評
11/08(日)19:00札幌ドーム日本 5 - 0 韓国レポート
11/11(水)19:00天母(台湾)日本 6 - 5 メキシコレポート
11/12(木)19:00桃園(台湾)ドミニカ 2 - 4 日本レポート
11/14(土)19:00桃園(台湾)アメリカ 2 - 10 日本レポート
11/15(日)19:00桃園(台湾)日本 6 - 5 ベネズエラレポート
11/16(月)19:30桃園(台湾)日本 9 - 3 プエルトリコレポート
11/19(木)19:00東京ドーム日本 3 - 4 韓国レポート
11/21(土)13:00東京ドーム日本 11 - 1 メキシコレポート

※台湾開催の時間は日本時間

ひかりTV 4K presents 世界野球WBSCプレミア12 侍ジャパン強化試合 日本 vs プエルトリコ

日程 球場 カード 戦評
11/05(木)19:00福岡ヤフオク!ドームプエルトリコ 3 - 8 日本レポート
11/06(金)19:00福岡ヤフオク!ドーム日本 3 - 2 プエルトリコレポート
WBCグッズ

SAMURAI JAPAN PARTNER

ダイヤモンドパートナー

  • ミズノ
  • 日本通運
  • Gungho

オフィシャルパートナー

  • JTB
  • ANA
  • 楽天
  • SAVAS
  • JTB
  • NISSAN
  • イオン銀行
  • ひかりTV4K
  • 株式会社 ENEOS

オフィシャルスーツパートナー

  • BrooksBrothers

オフィシャルチケッティングパートナー

  • LAWSONticket