野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

選手紹介

侍ジャパントップチーム選手紹介/炭谷銀仁朗(埼玉西武ライオンズ)

2015年10月27日

 絶対的な正捕手が不在の侍ジャパンで、国際大会での経験で一歩リードしているのが埼玉西武の炭谷銀仁朗だ。炭谷には嶋基宏、中村悠平が経験していないワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の出場歴がある。

 平安(現龍谷大付属平安)高時代は、強打の捕手として知られ、高校通算48本塁打を記録し、3年夏の府大会では満塁で敬遠された逸話を持つ。甲子園出場は逃したが、その評価は高く、05年の高校生ドラフト1巡目で西武に入団した。

 プロでは1年目のキャンプから頭角を現し、高卒新人捕手では谷繁元信(当時横浜大洋、現中日監督)以来となる開幕一軍入り、さらにはパ・リーグの高卒新人捕手として40年ぶりとなる開幕戦スタメン出場も果たした。4月に放ったプロ初本塁打は満塁本塁打で、さらに同じ試合で2本目の本塁打も放ち、あの松井秀喜(元ヤンキースなど)以来となる高卒新人の1試合2本塁打を記録するなど、華々しいデビューを飾った。
 2年目には登録名を「銀仁朗」に変更し、4年目は背番号が「2」に変わるなど、話題は多かったが、5年目まで出場数は09年の114試合が最高だった。その09年には、当時23歳の涌井秀章(現千葉ロッテ)と最優秀バッテリー賞に選ばれ、21歳での銀仁朗の受賞、さらにバッテリー平均年齢21.5歳は、いずれも最年少記録となった。

 そしてプロ6年目の11年、正捕手だった細川亨(現福岡ソフトバンク)がFA移籍し、正捕手として起用された炭谷は自己最多の122試合に出場し、レギュラーの座を獲得した。背番号を「27」、登録名を炭谷に戻した12年は自身初のゴールデングラブ賞を受賞。その後は高い盗塁阻止率と安定した守備で、西武のホームベースを守っている。

 侍ジャパンには、12年のキューバ代表戦を皮切りに、13年の第3回WBC、チャイニーズ・タイペイ代表との強化試合で代表に選出されている。WBCでは阿部慎之助(巨人)、相川亮二(当時は横浜、現巨人)に続く第3捕手の位置付けだったが、第2ラウンドのオランダ戦でスタメン出場するなど、3試合に出場して大舞台で貴重な経験を積んだ。

 昨年秋の日米野球と今年の欧州代表戦では代表に選ばれず、正捕手の座は嶋に奪われつつあるが、リーグ戦から始まり、トーナメントで決着を付ける長丁場の国際大会での経験は、炭谷にとってアドバンテージと言えるだろう。たとえ試合に出られなくとも、控え捕手として何をするべきか、炭谷はわかっているはずだ。いすれにしても、豪華投手陣を陰で支える存在として、炭谷に対する期待は高い。

侍ジャパントップチーム選手紹介

ひかりTV 4K presents 世界野球WBSCプレミア12 侍ジャパン強化試合 日本 vs プエルトリコ

日程 球場 カード 戦評 チケット TV放送
11/05(木)19:00福岡ヤフオク!ドームプエルトリコ 3 - 8 日本レポート購入方法テレビ朝日系列
11/06(金)19:00福岡ヤフオク!ドーム日本 - プエルトリコ購入方法TBS系列

世界野球WBSCプレミア12

日程 球場 カード 戦評 チケット TV放送
11/08(日)19:00札幌ドーム日本 - 韓国購入方法テレビ朝日系列
11/11(水)19:00天母(台湾)日本 - メキシコテレビ朝日系列
11/12(木)19:00桃園(台湾)ドミニカ - 日本TBS系列
11/14(土)19:00桃園(台湾)アメリカ - 日本テレビ朝日系列
11/15(日)19:00桃園(台湾)日本 - ベネズエラTBS系列
11/16(月)19:00未定(台湾)準々決勝TBS系列
11/19(木)19:00東京ドーム準決勝購入方法TBS系列
11/21(土)19:00東京ドーム決勝購入方法テレビ朝日系列

※台湾開催の時間は日本時間

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • eneos
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA