野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

選手紹介

侍ジャパントップチーム選手紹介/牧田和久(埼玉西武ライオンズ)

2015年10月29日

 国際大会で秘密兵器となりうる変則派投手。それが埼玉西武のサブマリン・牧田和久だ。近年は日本でも希少な存在となったアンダースローで、打者を幻惑する投球スタイルで勝負する。

 アンダースローに転向したのは静清高1年の時で、当時の監督が手首の強さと優れた野球センスに目を付けてのことだったという。2年秋にはエースとなり、東海大会にも出場したが、甲子園には届かず、最後の夏も県大会ベスト16で敗退した。
 大学は新興校の平成国際大に進み、エースとして関甲新リーグ通算19勝をマーク。2年時には大学日本代表入りを果たし、日米大学野球選手権に出場した。プロの注目を浴びたのは、社会人の名門・日本通運4年目の年で、春の全国大会であるスポニチ大会で7回参考ながらノーヒットノーランを記録し、さらに都市対抗では完封勝利を収めた。

 ドラフト2位で埼玉西武に入団後は、1年目から開幕一軍入りを果たし、先発4試合目でプロ初完封、初勝利を挙げた。その後は好投してもなかなか勝ち星が付かない試合が続き、交流戦明けからチーム事情もあり、抑えに配置転換された。リリーフ転向後は、安定した投球で22セーブをマークし、新人王に輝いた。
 2年目からは再び先発に戻り、この年に自己最高の13勝を挙げた。その後は先発ローテの一員として安定した成績を残したが、今季はリリーフ陣の不調でシーズン途中に抑えとして再配置され、チームの苦しい台所事情を救った。

 国際大会では、13年の第3回ワールド・ベースボール・クラシックに出場し、リリーフとして3試合に登板。いずれも1イニングのみの登板だったが、失点は0で、第1ラウンドのブラジル戦でセーブを挙げ、第2ラウンドのチャイニーズ・タイペイ戦では勝利投手になっている。
 昨年の日米野球では、第3戦で3番手としてマウンドに上がり「継投ノーヒットノーラン」の一躍を担っている。この大会でも3試合で失点0。今年の欧州代表との強化試合で、プロ入り後の代表戦で初めての失点を喫したが、国際大会での強さには目を見張るものがある。

 ストレートの平均速度は120キロ台後半、最速でも140キロに届かないが、スライダー、シュートなどの多彩な変化球と、フォームに強弱をつけて相手のタイミングを狂わす投球は、国際大会では大きな武器となる。先発、リリーフ両方での経験が豊富なのも、何が起こるかわからない短期決戦では、貴重な存在だ。プレミア12でも、各国の強打者が変則サブマリンの前にきりきり舞いする姿が見られそうだ。

侍ジャパントップチーム選手紹介

世界野球WBSCプレミア12

日程 球場 カード 戦評
11/08(日)19:00札幌ドーム日本 5 - 0 韓国レポート
11/11(水)19:00天母(台湾)日本 6 - 5 メキシコレポート
11/12(木)19:00桃園(台湾)ドミニカ 2 - 4 日本レポート
11/14(土)19:00桃園(台湾)アメリカ 2 - 10 日本レポート
11/15(日)19:00桃園(台湾)日本 6 - 5 ベネズエラレポート
11/16(月)19:30桃園(台湾)日本 9 - 3 プエルトリコレポート
11/19(木)19:00東京ドーム日本 3 - 4 韓国レポート
11/21(土)13:00東京ドーム日本 11 - 1 メキシコレポート

※台湾開催の時間は日本時間

ひかりTV 4K presents 世界野球WBSCプレミア12 侍ジャパン強化試合 日本 vs プエルトリコ

日程 球場 カード 戦評
11/05(木)19:00福岡ヤフオク!ドームプエルトリコ 3 - 8 日本レポート
11/06(金)19:00福岡ヤフオク!ドーム日本 3 - 2 プエルトリコレポート
WBCグッズ

SAMURAI JAPAN PARTNER

ダイヤモンドパートナー

  • ミズノ
  • 日本通運
  • Gungho

オフィシャルパートナー

  • JTB
  • ANA
  • 楽天
  • SAVAS
  • JTB
  • NISSAN
  • イオン銀行
  • ひかりTV4K
  • 株式会社 ENEOS

オフィシャルスーツパートナー

  • BrooksBrothers

オフィシャルチケッティングパートナー

  • LAWSONticket