野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

チームレポート

世界野球WBSCプレミア12特集 「侍ジャパンを迎え撃つ強者たち~メキシコ」

2015年11月9日

 サッカー、ボクシングなど、世界レベルの競技やアスリートでも知られるメキシコでは、野球もプロ・リーグが1925年に創設され、現在では16チームによる公式戦が実施されている。この“メキシカン・リーグ”はメジャー・リーグ(MLB)機構からもAAA級と位置づけられているように、野球の競技レベルは高く、1981年にロサンゼルス・ドジャースで新人王とサイ・ヤング賞を同時受賞した左腕フェルナンド・バレンズエラ、メジャー通算320本塁打の強打者ビニー・カスティーヤらを輩出。今シーズン北海道日本ハムで10勝をマークしたルイス・メンドーサもメキシコ出身だ。

 国際大会にも積極的にエントリーしており、オリンピックやワールド・ベースボール・クラシック(WBC)といった主要な大会で目立つ実績こそ挙げていないものの、2003年のアテネ五輪アメリカ大陸予選準々決勝、また2006年の第1回WBC二次ラウンドではアメリカを倒すなど、思わぬ金星で存在感を示している。ちなみに、国際大会での日本との通算対戦成績は、日本の10勝1敗。日本がプロ選手を含むチームで対戦したのは2006年のWBCしかなく、直近の対戦は2009年の第39回IBAFワールドカップで、社会人で編成した日本が9-3で勝利している。

 そうした歴史を持つメキシコだが、今回はよくない意味で野球界を騒がせた。世界野球・ソフトボール連盟によるランキング12位で、プレミア12への出場権を有していたにもかかわらず、大会直前になってもロースターが発表されなかった。一時は出場を辞退し、13位のパナマに代替出場を持ちかけているとも伝えられたが、その原因はメキシコ球界の混乱にあるようだ。メキシコ野球連盟のトップが横領で告発されたことに端を発し、新しい連盟を設立しようという動きが起きる。新連盟設立派はスポーツ庁やプロ・リーグも巻き込み、2016年に実施されるWBC予選に万全の体制で臨むため、現行の連盟によって出場する大会には選手を派遣しないと決めたのだ。現行の連盟は、これでプレミア12へは出場できないと判断したようだが、どうやら出場しなかった場合、4年間は国際大会への出場を停止すると通達され、やむなく急造チームで現地時間の11月4日にエントリーした。
 そうした経緯を知れば理解できるが、選手の大半はメキシコ系アメリカ人である。31歳の右腕セザール・カリーヨは、マイアミ大から2005年ドラフト1巡指名でサンディエゴ・パドレスへ入団。2009年にはメジャーで3試合に登板し、1勝2敗という成績を残したが、2013年以降は独立リーグやウインター・リーグを転々とし、今季はメキシカン・リーグのレイノサで先発を務めて6勝6敗だった。それでも、実績や経験で投手陣の軸となるだろう。レイノサのチームメイトで、30歳の右腕アレックス・カルデラ、シンシナティ・レッズでAAA級に昇格した23歳の左腕ブレナン・ベルナルディーノらを中心に、若手投手がどこまで踏ん張れるかがポイントだ。投手陣をまとめる女房役は、2009年までレッズ傘下でプレーし、今季はメキシカン・リーグのベラクルズに在籍した30歳のウンベルト・ソーサになるか。

 内野手では、MLB傘下で8シーズン揉まれ、今季はメキシカン・リーグのオアハカで打率.308をマークした31歳のティム・トーレスをはじめ、27歳のジェローム・ペーニャ(独立リーグ・スーフォールズ)、アリゾナ・ダイヤモンドバックスAA級に昇格した25歳のケビン・メドラーノが二遊間を組む。一塁手のルディ・フローレス(ダイヤモンドバックスAA級)と三塁手のブランドン・マシアス(ミルウォーキー・ブリュワーズAAA級)はパンチ力を備えている。また、外野手のアルフレド・ロペス(フリー・エージェント)やホアン・ペレス(レッズAAA級)は内野もこなせるユーティリティで、キューバ出身の25歳、ヤディール・ドレイク はドジャースAA級でパワフルな打撃を見せた。

 ただ、チームとしての目標がはっきりせず、全体での練習も十分ではないだけに、今大会で勝利を手にするのは難しいのではないか。

世界野球WBSCプレミア12特集 侍ジャパンを迎え撃つ強者たち

※カッコ内の順位はWBSC世界野球ランキング

ひかりTV 4K presents 世界野球WBSCプレミア12 侍ジャパン強化試合 日本 vs プエルトリコ

日程 球場 カード 戦評 チケット TV放送
11/05(木)19:00福岡ヤフオク!ドームプエルトリコ 3 - 8 日本レポート購入方法テレビ朝日系列
11/06(金)19:00福岡ヤフオク!ドーム日本 - プエルトリコ購入方法TBS系列

世界野球WBSCプレミア12

日程 球場 カード 戦評 チケット TV放送
11/08(日)19:00札幌ドーム日本 - 韓国購入方法テレビ朝日系列
11/11(水)19:00天母(台湾)日本 - メキシコテレビ朝日系列
11/12(木)19:00桃園(台湾)ドミニカ - 日本TBS系列
11/14(土)19:00桃園(台湾)アメリカ - 日本テレビ朝日系列
11/15(日)19:00桃園(台湾)日本 - ベネズエラTBS系列
11/16(月)19:00未定(台湾)準々決勝TBS系列
11/19(木)19:00東京ドーム準決勝購入方法TBS系列
11/21(土)19:00東京ドーム決勝購入方法テレビ朝日系列

※台湾開催の時間は日本時間

アジア プロ野球チャンピオンシップ2017 チケット好評販売中

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • eneos
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA