野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

チームレポート

世界野球WBSCプレミア12特集 「侍ジャパンを迎え撃つ強者たち~ドミニカ共和国」

2015年11月3日

 2013年の第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)におけるドミニカ共和国の快進撃は記憶に新しい。パワーとスピードを前面に出した痛快な野球で、大会史上初の全勝(8試合)優勝を達成。多くのファンに、世界一の名選手産出国であることを再認識させた。だが、2009年の第2回WBCではオランダに敗れて一次リーグで姿を消したように、投打の歯車が噛み合わないと信じられない脆さを見せるのも、もうひとつの姿なのである。実際、7月のパンアメリカン競技大会(パンナム)では、下馬評で優勝候補の筆頭に挙げられたものの、初戦でカナダに惜敗すると、立ち直りそうで立ち直らぬまま準決勝進出を逃している。

 今大会も、予選ラウンド・グルーブBではアメリカ、韓国、日本と前半に強豪との対戦が続く。ここで3連敗すれば、ベネズエラとメキシコに勝って準々決勝へ進めるかどうかという展開になるが、反対にアメリカを倒して勢いに乗り、韓国と日本も連破したら……。つまり、グループBの順位は、ドミニカ共和国の戦いぶりがカギになると言っていい。

 国内での選考合宿を経て選出された28名のメンバーは若手を中心にしつつ、各ポジションに経験豊富なベテランを配した。先発投手をまとめるのは、203cmの大型右腕で34歳のダニエル・カブレラ(メキシコ・キンタナロー)。メジャー・リーグ(MLB)通算48勝で、2013年から2年間は中日で先発を務めた。2階から落ちてくるようなボールがストライク・ゾーンに集まると手強い存在だ。リリーフは、32歳のフリオ・デ・パウラが中心か。2007年にミネソタ・ツインズでリリーバーを務めた右腕は、今季はメキシカン・リーグのアグアスカリエンテスでストッパー。重くクセのある速球が大きな武器である。司令塔は、MLBで13年のキャリアを誇るミゲル・オリボ(メキシコ・ティファナ)。冷静なリードと強肩に定評がある37歳は、守りの要になるだろう。ともにMLBで11年プレーし、現在はフリー・エージェントになっている40歳の一塁手ペドロ・フェリッツと34歳の三塁手ウイルソン・ベテミー、さらに30歳の右打者ウィルキン・ラミレス(ミネソタ・ツインズAAA級)らが、若い野手陣を牽引する。

 夏の悔しさを晴らしたいパンナム組は、投手がロベルト・ゴメス、ミゲル・フェルミンとフリー・エージェントの中継ぎ右腕が二枚。ゴメスはロングリリーフもこなせるスタミナ、フェルミンは角度のある速球で相手打者を抑え込む。今大会が絶好のアピールの場となるだけに、闘志を燃やしているはずだ。また、攻守にリーダーシップを発揮するマリオ・メルセデス(フリー・エージェント)は、オリボとの併用でマスクを被るだろう。
 内野手には、ニューヨーク・メッツAAA級で内外野をこなした24歳のジョナサン・ガルベス、右方向にも強い当たりを打てる23歳の遊撃手ロニー・ロドリゲス(クリーブランド・インディアンスAA級)、スイッチヒッターで守備も軽快な24歳のイェクソン・ルイーズ(メッツAA級)とユーティリティが揃う。そして、主軸を任されて本塁打もマークした23歳のアニュリー・タバレス(ボストン・レッドソックスAAA級)は、左打席からのスプレーヒッティングでレッドソックス傘下のプロスペクトにも挙げられている。

 ほかにも、打たせて取る投球が持ち味の右腕ブライアン・ロドリゲス(サンディエゴ・パドレスAAA級)、アトランタ・ブレーブスAAA級で先発を担った右腕ビクトル・マテオ、ヒューストン・アストロズAA級で17本塁打48打点を叩き出した23歳の外野手トスカー・エルナンデスら、今大会をステップに飛躍を期す選手が並ぶ。
 アジア圏への遠征は初めてという選手が多く、食事をはじめとした環境面への対応もグラウンドでのパフォーマンスを左右するだろう。若い力がWBC優勝国に相応しい結果を残せるか、それとも苦境を打破できずに台湾の地で散るか。国際大会における日本との対戦は、日本の6勝1敗と非常に少ないだけに、日本との戦いにどう臨むのか実に興味深い。

世界野球WBSCプレミア12特集 侍ジャパンを迎え撃つ強者たち

※カッコ内の順位はWBSC世界野球ランキング

ひかりTV 4K presents 世界野球WBSCプレミア12 侍ジャパン強化試合 日本 vs プエルトリコ

日程 球場 カード 戦評 チケット TV放送
11/05(木)19:00福岡ヤフオク!ドームプエルトリコ 3 - 8 日本レポート購入方法テレビ朝日系列
11/06(金)19:00福岡ヤフオク!ドーム日本 - プエルトリコ購入方法TBS系列

世界野球WBSCプレミア12

日程 球場 カード 戦評 チケット TV放送
11/08(日)19:00札幌ドーム日本 - 韓国購入方法テレビ朝日系列
11/11(水)19:00天母(台湾)日本 - メキシコテレビ朝日系列
11/12(木)19:00桃園(台湾)ドミニカ - 日本TBS系列
11/14(土)19:00桃園(台湾)アメリカ - 日本テレビ朝日系列
11/15(日)19:00桃園(台湾)日本 - ベネズエラTBS系列
11/16(月)19:00未定(台湾)準々決勝TBS系列
11/19(木)19:00東京ドーム準決勝購入方法TBS系列
11/21(土)19:00東京ドーム決勝購入方法テレビ朝日系列

※台湾開催の時間は日本時間

アジア プロ野球チャンピオンシップ2017 チケット好評販売中

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • eneos
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA