野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

選手紹介

侍ジャパン社会人代表選手紹介/中野滋樹(JR九州・捕手)

2015年9月16日

 2009年 第36回社会人野球日本選手権優勝をはじめ、常に全国大会トップクラスの成績を残すJR九州の司令塔。多くの若手社会人捕手が「中野さんのリードや、守備技術を参考にしています」と語るほどの卓抜した守備技術と強肩強打は、35歳となって匠の域に入りつつある。

 柳ケ浦高時代は3年夏、1学年下の脇谷亮太(埼玉西武ライオンズ)らと共に甲子園出場。チームは松坂大輔(福岡ソフトバンクホークス)をはじめ、豪華タレントがそろった横浜の前に1対6と初戦敗退に終わったが、ここでの経験が中野を大きく成長させる基盤に。東洋大で4年間、社会人野球・ミキハウスでの2年間を経て2005年にJR九州へ転籍後は、グラウンド上の監督として扇の要を支え続けてきた。

 日本代表としても2006年「第23回ハーレムベースボールウィーク」での初選出以来、常連的存在の中野。「第27回BFAアジア選手権」でもタイプが異なる投手の持ち味を全て引き出し、大会6連覇への支柱となる。

侍ジャパン社会人代表 2015
第27回 BFAアジア選手権
強化試合
選考合宿
  • 2015年8月1日(土)~3日(月)
  • 千葉県内
  • 8月2日(日)侍ジャパン社会人代表候補 5 - 3 東京ガス
  • 8月2日(日)侍ジャパン社会人代表候補 0 - 4 日立製作所 試合レポート
  • 8月3日(月)侍ジャパン社会人代表候補 8 - 4 JFE東日本 試合レポート
アジア プロ野球チャンピオンシップ2017 ローソンチケットにて先行販売中

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA