野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

試合レポート

侍ジャパン社会人代表、大会3位で終了 チャイニーズ・タイペイに1対3で敗戦

2015年9月20日

 第27回BFAアジア選手権大会最終日。侍ジャパン社会人代表は、ここまで3勝1敗で並ぶチャイニーズ・タイペイと対戦。前日の韓国戦に続き、この日も試合は終盤に大きく動く。

 日本は2回、二死から7番藤島琢哉(JR九州)が内野安打で出塁し、相手守備のエラーも絡めて二塁に進むも、後続が打ち取られこの回は無得点。3回にも、2番渡邉 貴美男(JX-ENEOS)が四球、3番原田拓実(日本生命)がセンター前ヒットで好機を作るも、ここもチャイニーズ・タイペイの先発・LU YEN CHINGに抑えられる。その後も、4回、5回ともに、ヒットで走者を出すが、あと一本が出ない。
 それでも、日本の先発・山岡泰輔(東京ガス)は、4回まで散発3安打無失点の好投を続ける。

 しかし、0対0で迎えた5回裏。一死から、チャイニーズ・タイペイに連打を浴び、さらに四球を与え、満塁のピンチを招く。ここで、2番手・田嶋大樹(JR東日本)にスイッチするも、三振を奪ったあとに、押し出し四球で1点を失った日本。
 反撃をみせたい日本は7回。先頭の8番西川龍馬(王子)が四球を選ぶと、9番田中允信(JR九州)が犠打を決めて、一死二塁。続く1番多幡雄一(Honda)の打席で、ワイルドピッチの間に、西川は三塁へ進むと、ここで多幡が勝負強くレフトへのタイムリーを放って、1対1の同点に追いつく。

 その裏、5回途中からマウンドに上がっていた酒居知史(大阪ガス)が、チャイニーズ・タイペイの4番打者にレフトへの本塁打を打たれ、勝ち越しの1点を許すと、8回には代わった片山純一(JR東日本)が、相手打線を抑えきれず、一死から3連打を浴び、満塁とされると、1番TSAO YU NINGにライト前への適時打を浴びて、ダメ押しの1点を追加される。9回、日本は三者凡退に倒れ、惜しくも3対1で敗戦。

 今大会、6連覇という偉業をかけて挑んだ日本だったが、3勝2敗で3位に終わった。敗れた試合はいずれも紙一重の戦いばかり。今後、侍ジャパン社会人代表が国際大会にどのように挑んでいくのか、社会人野球全体の力が試される。

侍ジャパン社会人代表 2015
第27回 BFAアジア選手権
強化試合
選考合宿
  • 2015年8月1日(土)~3日(月)
  • 千葉県内
  • 8月2日(日)侍ジャパン社会人代表候補 5 - 3 東京ガス
  • 8月2日(日)侍ジャパン社会人代表候補 0 - 4 日立製作所 試合レポート
  • 8月3日(月)侍ジャパン社会人代表候補 8 - 4 JFE東日本 試合レポート
アジア プロ野球チャンピオンシップ2017 チケット好評販売中

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • eneos
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA