野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

試合レポート

侍ジャパンU-18代表、宿敵・韓国も撃破!無傷の7連勝で決勝進出!!

2015年9月4日

 第27回WBSC U-18ベースボールワールドカップのスーパーラウンド・韓国戦が甲子園で行われ、2度のビッグイニングを作ったU-18代表が12対0で韓国に7回コールド勝ち。無傷の7連勝でスーパーラウンドの1位と決勝進出を決めた。

 U-18代表は2回、1死から平沢大河(仙台育英)が四球で出塁すると、続くオコエ瑠偉(関東一)がヒットで続いてチャンスメイク。ここで1塁走者のオコエ瑠偉(関東一)がけん制で刺されるが、7番・伊藤寛士(中京大中京)がライト線を破るタイムリー3塁打を放って1点を先制。さらに8番・篠原涼(敦賀気比)も右中間を割るタイムリー2塁打で続くと、堀内謙伍(静岡)が四球を選んだ後、1番・杉崎成輝(東海大相模)がセンターとセカンドの間に落ちるラッキーなタイムリーを放ち3点目。さらに2死2、3塁から津田翔希(浦和学院)が左中間を真っ二つに破るタイムリー2塁打を放って2点を追加し、この回一挙5点を先制。西谷浩一監督が「オコエがけん制アウトになった後、カバー出来るようになるとチームとして力ついてきたなと感じています」と話す怒涛の攻撃で試合の主導権を握った。

 U-18代表は、5回にも無死1、2塁から清宮幸太郎(早稲田実)が「今までにない良い集中が出来た」とセンター前にヒットを放つと、相手の失策が重なって1点を追加。この後、2死満塁から篠原の押し出し死球、堀内の2点タイムリーに相手の失策やボークが絡み打者一巡の猛攻で大量6得点。韓国は5回途中で早くも5人目の投手をマウンドに送る継投策に出たが、U-18代表の打線の勢いは止まらず。6回にも平沢がタイムリーを放ち、大量12点を奪った。
 投げては、先発・上野翔太郎(中京大中京)が、初回を3者凡退、2奪三振と最高のスタートを切ると、3回に連打を浴びるが連続三振でピンチ脱出。以降はストレート、変化球ともに低めを丁寧に突いて快調にアウトを積み重ね、「ブルペンから調子が良くて、審判もアウトコースを取ってくれた」という堀内の好リードもあって7回無失点の好投。「点を取られないことを考えて投げ切った結果」と言いながらも、最終回を3者三振で締めるなど計10個の三振を奪った。

 宿敵相手にコールド勝ちを収め、前回大会に続いての決勝進出を決めたU-18代表。相手は、前回大会の決勝で敗れたアメリカに決定済み。まずは明日5日のキューバ戦に勝利し、最高のチーム状態で6日、集大成の一戦を迎えたい。

侍ジャパンU-18代表 2015

U-18代表 選手一覧
U-18代表 選手紹介
U-18代表 対戦国紹介

第27回 WBSC U-18 ベースボールワールドカップ

大会概要 チケット 放送予定

壮行試合

開催概要 チケット 放送予定
8月26日(水)18:00 侍ジャパンU-18(高校)代表 2 - 9 侍ジャパン大学代表
阪神甲子園球場

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • eneos
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA