野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

試合レポート

侍ジャパンU-18日本代表、打線爆発で大量14得点!上野好投で初戦コールド発進!!

2015年8月28日

 第27回WBSC U-18ベースボールワールドカップの1stラウンド・ブラジル戦が舞洲ベースボールスタジアムで行われ、U-18日本代表が14対0でブラジル代表を圧倒し、7回コールド勝ちを収めて白星スタートを飾った。

 U-18日本代表は初回、オコエ瑠偉(関東一)の四球と篠原涼(敦賀気比)の安打で無死1、3塁とすると、3番・平沢大河(仙台育英)がレフトに犠牲フライを放ち1点を先制。さらに四球とヒットで1死満塁のチャンスを作り、6番・勝俣翔貴(東海大菅生)が右中間を破る走者一掃のタイムリー3塁打を放って、初回に計4点を奪った。

 西谷浩一監督が「1番安定感がある」と開幕戦の先発マウンドを任せた上野翔太郎(中京大中京)は、4点の援護をもらった直後の2回に無死満塁のピンチを招くが、後続を併殺打とセンターフライに仕留めて無失点。その後は5者連続三振を奪うなど本来の落ち着きを取り戻し、3回からの3イニングだけで計7奪三振。「初回と2回は様子を見ながら投げて打たれたんですけど、3回からは国際試合のストライクゾーンも分かってストレート中心に切り替えた。それが良かったんだと思います」と上野が尻上がりに調子を上げると、打線もオコエ、清宮幸太郎(早稲田実)のタイムリーなどで得点を重ねてブラジルを突き放し、計14安打14得点で9回待たずに試合を決めた。

 6回を2安打無失点、8奪三振の先発・上野の後、最終回となった7回は森下暢仁(大分商)が3人でピシャリと抑え無失点リレー。守っては無失策で、走っては、篠原、杉崎成輝(東海大相模)、舩曳海(天理)、オコエの計4盗塁。バッテリーを中心とした堅い守りで失点を防ぎ、スピードと力強さを融合させた攻撃で得点を奪うという理想的な野球で快勝を収め、西谷監督も「国際試合初めての選手が多い中、固くなるかなと思ったんですが初回に点取れて、日本らしくやってくれて明日につながると思います」と満足気に初戦を振り返った。

 次戦は、前回大会の決勝で敗れたアメリカが相手。1stラウンドの2戦目にして早くもAグループ最大のライバルとぶつかるが、篠原主将は「相手どうこうよりも自分達の力出せればいいゲーム出来ると思うので、どんな形でもいいので勝ちに行きたいと思います」と力強く“連勝”を誓った。

侍ジャパンU-18代表 2015

U-18代表 選手一覧
U-18代表 選手紹介
U-18代表 対戦国紹介

第27回 WBSC U-18 ベースボールワールドカップ

大会概要 チケット 放送予定

壮行試合

開催概要 チケット 放送予定
8月26日(水)18:00 侍ジャパンU-18(高校)代表 2 - 9 侍ジャパン大学代表
阪神甲子園球場

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • eneos
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA