野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

試合レポート

侍ジャパンU-18日本代表、快足オコエ&佐藤13奪三振!全勝で決勝進出へ王手!!

2015年9月4日

 第27回WBSC U-18ベースボールワールドカップのスーパーラウンドが行われ、1stラウンドA組1位通過のU-18日本代表が、同B組3位のカナダと舞洲ベースボールスタジアムで対戦し、5対2で勝利した。

 スーパーラウンド初戦の先発マウンドを任されたのは、今夏の甲子園準V投手の佐藤世那(仙台育英)。初回は3者凡退も、2回にストレートが高めに浮いて2者連続四球。次打者を併殺に打ち取って2死3塁としたが、続く7番打者への2球目が暴投となって先制点を献上した。
 今大会初めてリードを許す展開となったU-18日本代表だったが、直後の2回裏に先頭のオコエ瑠偉(関東一)が相手投手のグラブを弾く強烈な打球を放つと、ボールがセカンドの横を抜けてライト前に転がる間に俊足を飛ばして一気に2塁に到達。そして、次打者の津田翔希(浦和学院)が「この回に絶対追いつきたかった。1死3塁にすれば点を取れる確率も高くなる。」と右打ちでのセカンドゴロで1死3塁とすると、続く郡司裕也(仙台育英)のショートゴロの間にオコエが生還。すぐさま試合を振り出しに戻した。

 続く3回、1死から2番・杉崎成輝(東海大相模)、3番・勝俣翔貴(東海大菅生)の連打でチャンスを作ると、2死1、2塁から5番・平沢大河(仙台育英)のショートの頭上を越えるタイムリー2塁打を放って逆転に成功。さらに2死2、3塁から6番・オコエが初球打ちでのセンター前タイムリーを放ち2点を追加。こう着状態になりかけた6回には、1死満塁から杉崎が「どうしても1点欲しい場面だったので、高めに浮いた変化球を打てば犠牲フライになる。」と狙い通りのセンターフライで貴重な追加点を奪った。
 2回に1点を失った佐藤だったが、3回1死から4回にかけて5者連続三振をマークするなど、伸びのあるストレートと自慢のフォークでカナダ打線の前に仁王立ち。5回にバントヒットを2本決められて2点目を失ったが、「体の開きと上体が前に突っ込んで修正に時間かかったんですけど、中盤からは空振りの取れる回転のきれいなストレートがいってくれた。」と、8回を除く毎回の13奪三振で9回2失点。1stラウンドのアメリカ戦での完封に続く完投勝利を飾った。

 また、膝の違和感を訴えて1日のメキシコ戦を欠場していた清宮幸太郎(早稲田実)も4番・DHでスタメン復帰。ヒットこそ出なかったが、「(左膝は)全然関係ないです。任されたところでいい仕事が出来ればいい。」と明日以降の爆発を約束。スーパーラウンドは1stラウンドの対戦成績を持ち越すため、U-18日本代表は次戦4日の宿敵・韓国戦に勝利すればスーパーラウンド1位が確定し、決勝(6日、甲子園)進出が決定する。

侍ジャパンU-18代表 2015

U-18代表 選手一覧
U-18代表 選手紹介
U-18代表 対戦国紹介

第27回 WBSC U-18 ベースボールワールドカップ

大会概要 チケット 放送予定

壮行試合

開催概要 チケット 放送予定
8月26日(水)18:00 侍ジャパンU-18(高校)代表 2 - 9 侍ジャパン大学代表
阪神甲子園球場

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • eneos
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA