野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

試合レポート

侍ジャパンU-18代表、カナダとの3位決定戦を勝利し銅メダルを獲得

2017年9月11日

「第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)に出場している侍ジャパンU-18代表は9月10日、カナダとの3位決定戦を戦い、8対1で勝利。スーパーラウンド4位で悲願の世界一こそ逃したものの、銅メダルを獲得して有終の美を飾った。

 試合開始は現地時間12時(日本時間午前1時)。日曜日のデーゲーム、しかもこの日は陽気に恵まれたこともあって、今大会のメーン会場であるポート・アーサー・スタジアムには大勢の地元・カナダファンが足を運んだ。
 ここ一番の場面では手拍子。そして、得点機には「Let`s go CANADA Let`s go」の掛け声で赤に染まるスタンドはヒートアップ。日本にとっては〝完全アウェー〟の状況ではあったが、侍ジャパンU-18代表の20人のメンバーは、ラストゲームを勇敢に戦った。

 日本は3回表、敵失と暴投、そして清宮幸太郎(早実)の中前適時打、櫻井周斗(日大三)の犠飛で計4点を奪って主導権を握る。4回表も藤原恭大(大阪桐蔭)と安田尚憲(履正社)のタイムリーで2点を追加して、小枝守監督が理想としてきた「打線のつながり」が、最終戦にして存分に出た。

 投げては先発・三浦銀二(福岡大大濠)が7回3安打無失点、12奪三振とゲームメーク。8回は磯村峻平(中京大中京)、9回は清水達也(花咲徳栄)が1失点を喫したが、そのまま逃げ切った。

 今大会2試合目。これまで出番があまりなかった三浦が、日本を銅メダルへ導いたと言っていい。南アフリカとのスーパーラウンド最終戦でも5回無失点と安定感抜群。今大会、日本投手陣は振ってくる打者が多い相手に対し、過剰なまでの神経を使い、低めの変化球を多投していた。左腕・田浦文丸(秀岳館)に代表されるように、効果的なシーンも数多く見られた。だが、一方では相手打者が見極めてくると、ボール球が増えてしまう悪循環で四死球も目立った。この試合の三浦はストライク先行。わずか1四球と、常にピッチャー優位なカウントで試合を進めていた。投手のリズムは守っている野手にも影響する。三浦のテンポの良さが、つながりのある攻撃陣に連鎖したのは言うまでもない。「自分の投球ができた。真っすぐでストライク、変化球でカウントも取れた。最後だから、勝って終わりたかった。チームを勝たせられる投球ができました」と、充実した表情で語った。

 これで日本は2013、15年の銀メダルに続き、3大会連続でのメダル獲得。試合前、小枝監督は報道陣の前で「下を向いて日本に帰るわけにはいかない」と語っていた。試合前のミーティングでは選手たちに「16万人の高校球児、日本の代表なんだから、1球たりとも気を抜いてはならない」とあらためて強調した。前日の韓国戦で決勝進出を逃したショックは計り知れなかった。しかし、一晩で気持ちを切り替え、メンバー20人が「結束」しての銅メダル奪取は、大きな価値がある。9回表、カナダ最後の打者は二ゴロ。主将・清宮はウイニングボールを小枝監督にプレゼントした。

監督・選手コメント

小枝守監督

「昨日負けて、吹っ切れた。今日は自分たちの色が出た。短期での結集は難しい中で選手は頑張って、お互いを知る努力をした。時間はかかったが最後、(銅メダル)で結べたのは良かった」

清宮幸太郎主将

「勝ったんですけど、悔しさが残る。チームに貢献できなかったが、文句一つ言わずについてきてくれた。不安はあったが、皆、声を出してくれてすごく良いチームだった。キャプテンとしてやって来られたのでよかったです。(自身の打撃は)あまり感じないと思っていましたが、結果的として見ると(金属バットと木製の)大きな違いがあった。まだまだ、練習が必要だと感じた。(これで高校野球は一区切り)技術的にも人間的にも、この2年半で自分の人生を大きく変えることができた」

藤原恭大外野手

「優勝はできなかったが、良い形で終われたので良かった。2年生ながら一番に座らせてもらって、引っ張っていこうと思っていた。(国際大会は)自分を成長させてくれる場所。また、来年も選んでいただけるよう、チームに戻ってからはこの経験を同級生、後輩に伝え、大阪桐蔭で日本一を取りたい。残り1年、悔いのない高校野球を過ごすためにも、しっかり準備して戦っていきたい」

第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ

大会概要 出場選手 放送予定

大会期間

2017年9月1日~9月11日

オープニングラウンド
9月1日(金)22:30 メキシコ 1 - 10 日本
9月3日(日)5:00 日本 0 - 4 アメリカ
9月4日(月)6:00 日本 7 - 2 キューバ
9月5日(火)3:00 オランダ 1 - 3 日本
9月5日(火)22:30 日本 12 - 0 南アフリカ
※開始時刻は日本時間(サンダー・ベイ:時差-13時間)

スーパーラウンド
9月7日(木)22:30 日本 4 - 3 オーストラリア
9月9日(土)6:00 日本 4 - 6 カナダ
9月10日(日)2:00 韓国 6 - 4 日本
※開始時刻は日本時間(サンダー・ベイ:時差-13時間)

3位決定戦
9月11日(月)1:00 カナダ 1 - 8 日本
※開始時刻は日本時間(サンダー・ベイ:時差-13時間)

開催地

カナダ サンダー・ベイ

参加国

グループA
カナダ、韓国、チャイニーズ・タイペイ、オーストラリア、イタリア、ニカラグア

グループB
日本、アメリカ、キューバ、メキシコ、オランダ、南アフリカ

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • eneos
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA