野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

会見レポート

侍ジャパン女子代表メンバー20名発表!5連覇を狙うマドンナジャパンの新ユニフォームも披露

2016年7月14日

 9月3日から、韓国釜山にて開催される第7回WBSC女子野球ワールドカップの日本代表メンバーが決まり、14日に東京都内で行われた記者会見で、侍ジャパン女子代表を率いる大倉孝一代表監督が、選出された代表20名の名前を発表した。記者会見の冒頭で、まずは大倉監督が20名の代表選手の名前を読み上げた。投手6名、捕手3名、内野手8名、外野手3名の顔ぶれを発表し終えると、大倉監督は、
「投手や内野手、外野手と分けて発表しましたが、実際には試合状況に応じての機動配置となります。今大会はこの20名で世界5連覇を狙いに行きます!」と力強く語った。

 その後、会場には代表選手のうち、志村亜貴子選手(アサヒトラスト)、川端友紀選手(埼玉アストライア)、六角彩子選手(侍)、清水美佑選手(埼玉栄)の4名が登壇。それぞれに、ワールドカップへの意気込みを語った。

 まずは、代表メンバーの中でのベテラン・外野手の志村亜貴子選手。会見中に、今大会での“キャプテン”だと、大倉監督から任命を受けた。
「ワールドカップでは5連覇はもちろんですが、女子野球の発展のためにも全力を尽くし、今、野球をやっている女の子たちにも夢を与えるプレーをしたいと思っています!」と力強く話すと、続いて、内野手・川端友紀選手。
「私が所属している女子野球リーグからは5名が代表入りしましたが、合宿はまだ1回しか参加できていないので早くチームに馴染んで、5連覇に貢献できるように頑張っていきたいです。また、今回代表入りが出来なかった選手たちの思いを背負いながら、責任感を持ってプレーしていきたいです。自分の持ち味はバッティングなので、チャンスが回ってきたら期待に応えられるように、精一杯全力を尽くします」

 そして、このワールドカップで4度目の代表入りを果たした内野手・六角彩子選手。
「今大会もワールドカップは厳しい戦いになるんじゃないかなと思っています。それでも、代表から外れてしまった選手や、日本中の女子野球選手の思いを胸に、5連覇をなんとしてでも達成していきたいと思っています。応援よろしくお願い致します!」

 最後に、代表メンバーで唯一の高校生プレーヤーの投手・清水美佑選手が挨拶。
「チームの目標は5連覇です。そして、個人としての目標は、私は高校生なので、小学生や中学生など若い世代の皆さんからの目標となれるように、精一杯努力していきたいと思います」と意気込みを語った。

 今回、5連覇の偉業をかけて臨む第7回WBSC女子野球ワールドカップだが、日本は、予選ではBグループに属し、カナダ・オランダ・インドの3チームと決勝トーナメント進出をかけて争う。決勝トーナメントで最大のライバルとなりそうなのは、過去3大会、決勝戦で対戦しているアメリカだ。大倉監督は今大会のライバル国についてこう語った。
「一番脅威なのは、アメリカです。それに追随するのが、オーストラリアとカナダ。そこはマークせざるを得ないですね。あとは、韓国と台湾といったアジア勢のチームが今年はどういう戦力でくるのかも、現段階では情報がないので、現地に入って戦いながら、決勝リーグに入るまでに見極めていきたいと思っています」

 そして、この日の記者会見で初披露となったのが、侍ジャパン女子代表のユニフォームだ。「JAPAN」の文字の周りが赤い色で縁取られている。大倉監督は、
「赤い色がワンポイントになっていますが、赤は燃える気持ちの表現でもあるので、我々にピッタリのかっこいいユニフォームが頂けて嬉しく思っています」と話すと、選手たちも初めて着用した侍ジャパン女子代表のユニフォーム見ながら、笑顔をみせた。
 代表メンバーも、ユニフォームも決まり、いよいよ大会まで残り2ヶ月を切った。
 先日の沖縄強化合宿も含めて、大倉監督は常々選手たちに、ただ打つだけのパワー野球ではなく、「機動力や小技、そして考える力をそこにプラスしたスモールベースボールを実践しよう」と提唱し、チームを鍛え上げてきた。
侍ジャパンの選手たちだからこそ魅せられる野球を武器に、第7回WBSC女子野球ワールドカップでは前人未到の大会5連覇を狙う。

第7回 WBSC 女子野球ワールドカップ

大会概要
第7回 WBSC 女子野球ワールドカップ 出場選手(2016年7月10日発表)

大会期間

2016年9月3日~11日

オープニングラウンド
9月3日(土)19:00 カナダ 2 - 8 日本
9月4日(日)14:00 日本 12 - 0 オランダ
9月5日(月)14:00 日本 18 - 0 インド

スーパーラウンド

9月7日(水) 14:00 ベネズエラ 2 - 7 日本
9月8日(木) 19:00 日本 10 - 0 チャイニーズ・タイペイ
9月9日(金) 19:00 日本 10 - 0 オーストラリア
9月10日(土)14:00 日本 6 - 0 韓国

決勝
9月11日(日)18:00 日本 10 - 0 カナダ

会場

韓国釜山広域市キジャン郡

侍ジャパン女子代表候補 マドンナジャパン座談会

【第1回】マドンナジャパンの注目3選手の素顔
【第2回】3選手がそれぞれに感じる女子野球界の変化を語る>
【第3回】マドンナを目指す全国の野球女子たちに伝えたいこと

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • eneos
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA