野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

侍ジャパンインタビュー

侍ジャパン女子代表候補 マドンナジャパン座談会【第2回】3選手がそれぞれに感じる女子野球界の変化を語る

2016年5月10日

 3回連載で、志村亜貴子選手、六角彩子選手、吉田えり選手による侍ジャパン女子代表候補 マドンナジャパン座談会を配信。第2回は、女子野球を取り巻く環境と、そのレベルの変化などを語って頂いた。さらに、男子部員に混ざって練習をしていた女子選手ならではの苦労、それでも続けてきた野球への思いとは?

――現在、六角選手は野球スクールのコーチをされているとおっしゃっていましたが、スクールには女子選手もいますか?

六角彩子選手(以下「六角」):いますね。小学生くらいの女の子が増えているなというのは感じます。

――マドンナジャパンの活躍もあり、野球選手を志す女子選手は増えているのですね。競技人口が増えるにしたがって、レベルも上がっているのではないでしょうか?

六角:レベルはかなり上がっていると思います。高校生も上手くなっているのはもちろん、体の大きい選手も増えてきているんです。今までだったら体が大きくて、運動神経もあってという選手は、プレーの環境的な部分から他のスポーツに流れていたものが、徐々に女子でも野球が続けられる環境が整備されてきて、女子野球の世界に入り込んできているんじゃないかなと思います。

志村亜貴子選手(以下「志村」):そうなんですよ。中学生でも、高校生でも、レベルが高い選手がいるなと感じています。トライアウトの時も感じましたし、ビクビクしています。

吉田えり選手(以下「吉田」):今の環境だったら、私も高校の女子野球部に入っていたんだろうなと思います。男子の中だけでは味わえないような、女子野球ならではの楽しい野球が、もっとたくさん味わえたんじゃないかなと思います。

――今でこそ日本を代表するプレーヤーとなった皆さんですが、もともと、なぜ硬式野球の道を選んだのでしょうか?

吉田:私は2つ上の兄の影響で、野球を始めたのは小学校2年生の時でした。

六角:自分も兄の影響です。小さい頃から一緒に連れられて野球をやっていましたね。

志村:私も兄の影響です。野球を見る、プレーするという環境が自然にあったので、そのまま続いていますね。

――男子の中で、ずっと硬式野球を続けるとなると、苦労することもあるのではないでしょうか?

志村:中学3年生くらいになると男の子の方がどうしても力も強くなるし体も大きくなる。そういうところでちょっとどうかな、というのはありましたね。それに、高校は女子野球をやれる環境が当時は周囲に無かったんです。だから、野球から一度離れたんですが、札幌に女子のクラブチームがあるというのを知ってからは、『そこに入ろう!』と決めて高校時代を過ごしていました。

六角:私も中学まで男子の中で野球を続けていましたが、すごく良い仲間と出会えて『女だから』という扱いもされずに来ましたし、自分もめちゃくちゃ負けず嫌いなんで、普通に頑張ろう!と思って続けられました。だから、嫌だなとか、やめようとか思ったことはないですね。
高校では埼玉栄の女子野球部に入って、女子野球には、また違った楽しみがあるなと気付きました。一人一人の仲も良く、プレー環境的にも気が楽になりました。

吉田:私も中学で男子との違いは実感しました。男の子はどんどん身長が伸びていくし、とくにバッティングなんかはパワーが日に日についていくのが目に見えて分かってきて。男子との差を感じ始めてからは、迷いもありました。高校の野球部に入っても女の子は試合に出られないし、どこで野球を続けたらいいんだろうと。そうやって悩んだ時期はありましたけど、でも野球が好きなんですよね。自分がどこまで出来るのかというのを試したい。夢を追い続けたいという思いを持って、独立リーグを受けることにしたんです。

――吉田選手の独立リーグ入りは、当時はマスコミからも大きな注目を集めました。現在は、独立リーガーとして、そしてマドンナジャパンの一員としてもプレーされていますが、男性の中での野球と、女性の中での野球は何か違いは感じますか?

吉田:野球自体は、マウンドに上がったらやるべきことは男子でも女子でも変わらないんです。とにかく自分のベストを出すということは変わらないんですけど、やっぱりプライベートになった時に違うなっていうのは、先日のマドンナジャパンの高知合宿の時に感じました。『楽しいな』って心の底から思いました(笑)

――やはりプライベートの時間だけは女子だからこそ分かち合える思いもあるのですね。さて、マドンナジャパンの仲間、24名の候補生の中で、『この子は見ておいて欲しい!』という選手をぜひ教えてください

志村:オフの時にすごく面白いのが森若菜(福知山成美)という高校生ですね。私たちはコミュニケーションを高めるために、出し物というか、一発芸を求められることがあるんですけど、彼女はすごくネタをたくさんもっているんです。それで、『あ、いいですよ!私、やります!』って言って自ら買って出るんです。そのサッと出てきてやる度胸の良さ!マウンドでもその度胸が生かされていて、すごい球を投げるんです。今後も楽しみな選手ですね。

六角:私がプレーを見て好きなのは、外野手の長池玲美菜(MSH医療専門学校)です。あの子は思い切りがあるというか、ちょっとでも隙があればそこを突いてやろうっていう走塁をこの前の合宿でも見せていたんです。自信を持ってプレーしているように見えます。
それと、別の意味で興味を持っているのが、高校生の清水美佑(埼玉栄)。ちょっと不思議というか…まだよく知れていないので、どういう子なのか知りたいなと思っています。もっと話したいですね。

 マドンナたちの意外な一面が垣間見えた第2回座談会コラム。次回はいよいよ、5連覇に向けて挑む第7回WBSC女子野球ワールドカップについて語っていただきます。ライバル・アメリカへの対抗策、大倉監督への思いなど盛りだくさんです!

第7回 WBSC 女子野球ワールドカップ

大会概要
第7回 WBSC 女子野球ワールドカップ 出場選手(2016年7月10日発表)

大会期間

2016年9月3日~11日

オープニングラウンド
9月3日(土)19:00 カナダ 2 - 8 日本
9月4日(日)14:00 日本 12 - 0 オランダ
9月5日(月)14:00 日本 18 - 0 インド

スーパーラウンド

9月7日(水) 14:00 ベネズエラ 2 - 7 日本
9月8日(木) 19:00 日本 10 - 0 チャイニーズ・タイペイ
9月9日(金) 19:00 日本 10 - 0 オーストラリア
9月10日(土)14:00 日本 6 - 0 韓国

決勝
9月11日(日)18:00 日本 10 - 0 カナダ

会場

韓国釜山広域市キジャン郡

侍ジャパン女子代表候補 マドンナジャパン座談会

【第1回】マドンナジャパンの注目3選手の素顔
【第2回】3選手がそれぞれに感じる女子野球界の変化を語る>
【第3回】マドンナを目指す全国の野球女子たちに伝えたいこと

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • eneos
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA