野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

チームレポート

「第3回 WBSC U-15ベースボールワールドカップ2016 inいわき」への道 九州ブロック(鹿児島)トライアウトを開催

2016年5月7日

 2016年7月29日(金)~8月7日(日)に福島県いわき市で開催される「第3回 WBSC U—15ベースボールワールドカップ 2016 inいわき」のメンバーを選考するべく2日間の日程で行われる九州ブロックのトライアウト。その第1日目が5月7日(土)に鹿児島県鹿児島市の鴨池ドームで行われた。
 先日発生した熊本地震の影響により、当初5月8日(日)のホンダ熊本グラウンド(熊本県菊地郡大津町)での一括開催から急遽、会場・日程を変更して行われることになった九州ブロックトライアウト。鹿児島市の鴨池ドームには5名の選手たちが参加し、少人数ながらアップから元気な表情を見せた。

 中学硬式野球フレッシュリーグ所属・串木野黒潮の選手たちがサポートメンバーに入り、予定の9時30分よりやや早まっててトライアウトが開始された。これまで開催された中部・関西・東日本ブロックのトライアウトと同じく一塁駆け抜けのタイム測定からスタート。3本と定められた本数の中で5人は全力疾走で自らのスピードをアピールする。

 7分間行ったキャッチボールの後はボール回し。時計回り・逆時計回り、ランダム各3分ずつ息を弾ませながら取り組む選手たちの懸命な姿に、選手リストを持ちながら動きを見守る侍ジャパンU—15・鹿取義隆代表監督の頬も思わず緩む。
 その後は内野ノック、バント・バスターの適合性もチェックしながらのフリー打撃。そしてブルペンでの投球練習及び補球練習の順でトライアウトはメニューを進行。トライアウトメニューの回転の速さに対し時に「キツイ」と声を漏らしながらも5名は最後まで自分の持ち味を存分に出し切きろうとする姿勢を貫いた。

 トライアウト終了後には、「よくがんばりました」と選手たちに優しく声をかけた鹿取監督。「いろいろな環境の下で練習ができない環境の選手もいたが、精一杯パフォーマンスをしてくれた」と熊本県所属チームの選手への心配りを見せた上で、「ここまではやや右打者が少ないので、左右打者のバランスを見ていきたい」と残り1日となったトライアウトへのポイントを述べた。

 約1カ月近くに及んだ侍ジャパンU—15代表トライアウトもいよいよ最終段階を迎える。九州トライアウト2日目は5月8日(日)、福岡県糸島市のリョーユーパン球場で午前と午後に分けて30名が参加して開催予定。その後、総勢116名の侍ジャパンU-15候補生たちはいよいよ20名に絞られることになる。

第3回WBSC U-15ベースボールワールドカップ2016 in いわき

大会概要 出場選手一覧
大会日程(WBSC公式サイト)

大会期間

オープニングラウンド
7月29日(金) オーストラリア 0 - 13 日本
7月30日(土) 日本 4 - 0 キューバ
7月31日(日) 日本 15 - 4 韓国
8月 1日(月) チェコ 0 - 15 日本
8月 2日(火) 日本 10 - 6 コロンビア
スーパーラウンド
8月4日(木) 日本 8 - 0 ベネズエラ
8月5日(金) 日本 2 - 5 アメリカ
8月6日(土) 日本 2 - 1 パナマ
決勝
8月7日(日)14:30 日本 4 - 9 キューバ

会場

いわきグリーンスタジアム
南部スタジアム
平野球場

関連情報
「大会応援大使」に中畑清氏が就任
U-15代表監督に鹿取義隆氏が就任
応援キャラクターに「フラ・たまみ」が決定
侍ジャパンU-15代表記者会見 大会への意気込みを語る

アジア プロ野球チャンピオンシップ2017 チケット好評販売中

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • eneos
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA