野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

総括

侍ジャパンU-12代表 直前合宿総括

2015年7月22日

 第3回 WBSC U-12ワールドカップに向けて、19日から直前合宿を行っている侍ジャパンU-12日本代表の最終調整も大詰めを迎えた。最終日となった合宿3日目の21日は、午前中に練習試合を行い、午後は強化練習を行うという日程で直前強化合宿を締めた。午前中の練習試合では、ボーイズリーグ選抜に、1対8で敗戦を喫してしまうが、その試合で出た課題を克服すべく、出発前の最後の練習をおこなった。

 最終練習では、アップを行った後、ノック、牽制練習、打撃練習、走塁練習という基礎的な内容の練習をおこない、選手たちも一次合宿も乗り越え、直前合宿も3日目を迎えたということで、お互いの絆も深まり、リラックスした雰囲気の中での最終調整となった。

 ノックでは、中継プレーの確認で仁志 敏久監督の熱い指導も入り、守備の連携を最終確認。
 牽制練習では、稲葉 哲也コーチの檄が飛ぶ中での練習となり、チームの盛り上げ役・椎名 朝次郎(清瀬ポニー)が人一番声を出し、投手陣を盛り立てた。

 その後のフリーバッティングでは、グラウンドに快音が響き渡る。 「腰をうまく使ってスイングすること、ボールの下にインパクトすることで、打球に回転をかけ飛ばすことを意識しています」と語る廣瀬 永貴(ひたちなかリトル)を中心に、キャプテン・伊藤 圭輝(広島北リトル)、浜岡 陸(加古川リトル)らが、場外への当たりを連発。
 その中で、塁上で走塁練習と牽制練習も同時進行で行われ、打球の行方を試合での状況に置き換え、話し合いながら稲葉コーチと共に練習を重ねていく。牽制が無いリトルリーグ所属選手にとって、リードの取り方、タッチアップの確認など、本番前の走塁の意識の最終チェックの場ともなった。

 直前合宿最終日となるこの日は、練習の後に、侍ジャパンオフィシャルパートナーである楽天カード株式会社主催による壮行会が、本社移転したばかりの二子玉川・楽天クリムゾンハウスにて実施された。壮行会では、仁志監督が、「厳しい戦いになるが、良い報告ができるよう頑張っていきたい」と抱負を述べ、キャプテンの伊藤選手も、「チーム一丸となって優勝するので応援宜しくお願いします」と意気込みを語った。

 楽天カード株式会社からは、侍ジャパンU-12代表専用バックや、応援グッズなどがチームに贈呈されることが発表され、選手からは喜びの声が上がった。さらに、楽天カード株式会社 代表取締役社長の穂坂 雅之氏からは、 「大学日本代表が第28回ユニバーシアード競技大会で優勝し、プレッシャーもあると思います。しかし、そのプレッシャーもファンの思いと受け止め頑張ってくだい」と激励の言葉を受けた。

 また、「世界を見て、一生懸命に、そして感謝の気持ちを忘れず頑張ってきてほしい」と、NPBエンタープライズ今村 司社長の乾杯の音頭が取られた後に、立食パーティーとなった壮行会。選手たちの賑やかな声とともに大いに盛り上がりを見せた。

 未来の日本野球界を担う侍ジャパンU-12代表。仁志監督も、 「とにかく、自分たちのよいところを出して野球をしてほしい。この日本代表の経験を通じて、選手たちの野球を見る目がより良い方向に変わってほしいです。彼らがU-15、U-18とステップアップしてその先の日本野球を引っ張っていってくれればと嬉しいです」と語った。
 日本の野球界の未来を担うU-12代表の戦士たちは、今日22日に台湾へと出発する。

侍ジャパンU-12代表 2015
第3回 WBSC U-12 ワールドカップ
直前合宿
1次合宿

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • eneos
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA