野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

会見レポート

2014年7月17日トップ

17日、侍ジャパントップチーム2014代表メンバー6選手が決定し、都内のホテルでチームを率いる小久保裕紀侍ジャパン代表監督と6選手が出席した記者会見が開かれました。

今回代表に選出されたのは、糸井嘉男選手、金子千尋投手(いずれもオリックス・バファローズ)、坂本勇人選手(読売ジャイアンツ)、嶋基宏選手(東北楽天ゴールデンイーグルス)、中田翔選手(北海道日本ハムファイターズ)、前田健太投手(広島東洋カープ)の6選手です。

会見に先立ち、日本野球機構・加茂浩將事務局次長兼侍ジャパン事業部長より、「この6選手については、これまでの成績、実績はもちろんのこと、『勝ちにこだわる』小久保代表監督の構想の中で、欠かせない中心選手であること、また、侍ジャパントップチーム2014を代表する選手として、大会の盛り上げにも一役買っていただきたく、この時期に先行して発表させていただく運びとなりました」と説明があり、小久保監督と6選手が登壇しました。

会見で小久保監督は、「今秋、8年ぶりの日米野球の開催が決定し、2月からキャンプ視察、シーズン中の試合を見たりしながら選手を追いかけてきました。今までの日米野球は各々のチームのユニフォームで戦っていましたが、今回はJAPANのユニフォームを着てMLBと戦います。今回の目的は2017年のWBCで勝つため。過去の試合は親善試合という意味合いが強かったかと思いますが、今回は強化試合という思いが強い。真剣勝負、勝つことにこだわり、チームもこの6名の選手が中心になると思い、選出しました」と、今秋の日米野球から3年後のWBCに向けて、勝つためのチーム作りへの強い思いを語りました。

また、6選手は代表に選出された抱負を次のように話しています。

記者会見動画(ダイジェスト)

糸井嘉男選手

「選考で選んでいただき、すごく引き締まる思い。WBCに向けての強いチーム作りの一環として、その中の中心選手として走攻守で引っ張っていけるように頑張りたいです」

小久保監督

「首位打者で、走攻守揃った日本一の外野手。すべてに完成度が高い」

金子千尋投手

「正直な気持ち、選ばれると思ってなかった。場違いという気持ちです。選ばれたからには期待に応えるピッチングをしたい。自分に求められているのはパワーピッチングではない。日本人らしい、自分らしい投球を心がけたいと思います」

小久保監督

「昨年彼の記録もすごかったが、田中将大がいて目立たなかった。沢村賞に匹敵する成績だった。コントロールは日本で1番か2番」

嶋基宏選手

「昨年の台湾戦では日本の日の丸を背負って戦うのはプレッシャーがありました。先日のワールドカップを見ていても日本を代表して戦うというのは想像以上のプレッシャーがあると思います。一生懸命声を出して、チームをまとめていきたい。やるからには勝ちたいし、僕も楽しみですが、見てる方も楽しみだと思うので、期待を裏切らないようにしたいと思います」

小久保監督

「昨年、侍ジャパンでキャプテンをしてもらい、扇の要。チームをまとめてもらう役割を彼には期待しています」

前田健太投手

「またこうやって侍ジャパンとしてユニフォームを着られて光栄に思います。まだまだ実力としては未熟だと思います。前回のWBCでは僕の先発した試合で敗退してしまったので、なんとか力をつけて次のWBCまでにチームの中心となれるようにやっていきたいです」

小久保監督

「球界を代表するエース。コントロール、キレ、スピード、すべての面で日本トップだと思います。メジャーの選手相手に思う存分投げ込んでもらいたい」

坂本勇人選手

「前回の大会で日本代表のユニフォームを着るのは重たいと感じました。(日本代表は)感じたことのないプレッシャーを感じたので、そのプレッシャーに負けないように、これからもっともっと練習して頑張りたいと思います」

小久保監督

「大型ショート。この身長でショートをこなすのは大変。ジャイアンツの中で自分の地位を築いているが、まだまだ伸びしろがある。日米野球を経験してもっと上を目指してやってもらいたい」

中田翔選手

「(これまでの国際大会を通じて)素晴らしい先輩方の中で一緒に野球ができること、日の丸の重みというものを感じました。(日本代表の4番へのこだわりは)特に意識はしてませんが、皆さんの足を引っ張らないように頑張りたいと思います」

小久保監督

「日本人の中で一番長打力に長けている。昨年の台湾戦で4番を打った経験を生かし、今秋はメジャー相手にホームランを打てる日本人としてアピールしてもらいたい」


なお、今回決定した6選手以外は、レギュラーシーズン終了後に発表予定です。
侍ジャパントップチームは、11月に8年ぶりに開催される「日米野球2014(仮称)」でMLBオールスターチームと6試合対戦するほか、11月10日(月)に福岡ソフトバンクホークス・北海道日本ハムファイターズ連合チームとの強化試合を予定しています。

WBC応援感謝セール

SAMURAI JAPAN PARTNER

ダイヤモンドパートナー

  • 日本通運
  • Gungho

オフィシャルパートナー

  • JTB
  • ANA
  • 楽天
  • SAVAS
  • JTB
  • NISSAN
  • イオン銀行
  • ひかりTV4K
  • 株式会社 ENEOS

オフィシャルスーツパートナー

  • BrooksBrothers

オフィシャルチケッティングパートナー

  • LAWSONticket