野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

日本語 English

チームレポート

チーム初実戦は豪華投手リレーでの完封勝利 ダブルヘッダー2試合で多くの収穫&課題を手にする

2019年8月24日

 8月30日から韓国・機張(キジャン)で開催される「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」に出場する野球日本代表「侍ジャパン」U-18代表の直前合宿3日目が24日、都内のグラウンドで行われ、今チーム初の実戦試合をダブルヘッダーで実施。1試合目に5対0の完封勝利(2試合目は3対4)を収めるなど、充実した1日を過ごした。

 前日に予定されていた練習試合が天候不良のために中止となり、この日は駒澤大学の1、2年生主体のチームを相手にダブルヘッダーでの2試合を実施した。午前中に行われた第1試合の先発投手は宮城大弥(興南)。スタメンには「1番・中堅」森敬斗(桐蔭学園)から「2番・二塁」坂下翔馬(智辯学園)と続き、「3番・一塁」韮澤雄也(花咲徳栄)、 「4番・三塁」石川昂弥(東邦)、「5番・左翼」浅田将汰(有明)がクリーンアップを組んだ。

 試合は投手戦となった。先発の宮城が「あまり緊張することなく投げられた。大学生相手にインコースを突けた」と3回を1安打無四球無失点で3奪三振の好投を見せると、4回からマウンドに上がった2番手の西純矢(創志学園)も「最初はボールがすごく滑った」と戸惑いを見せながらも「フォークのキレが良かった」と5回の3者連続を含む5奪三振を奪い、3回を2安打1死球で無失点に抑えて試合のリズムを作った。

 打線は5回裏に先制点を奪う。浅田が死球を受けて途中交代するアクシデントがあったが、そこから犠打で2塁に走者を送り、8番・水上桂(明石商)が「前の打席でスライダーを空振りして三振していたので、スライダーを狙っていこうと思った。いいところに飛んでくれた」と初球を狙い澄まし、三塁線を破るタイムリー2塁打。試合の均衡を破ると、続く6回裏には1死2塁から3番・韮澤がライトオーバーのタイムリー2塁打で加点。8回裏には代打・熊田任洋(東邦)のヒットからチャンスを作り、6番・遠藤成(東海大相模)のタイムリーなどで計3点を奪った。

 打線が着々と加点していった中、投手陣は7回から3番手の林優樹(近江)が2イニングを無失点に抑えた後、最終回は163キロ右腕・佐々木朗希(大船渡)が満を持して登板。最初の打者を空振り三振に仕留めると、2人目はセカンドフライ。3人目に四球を与えたが、最後はショートゴロ。「今日は60点ぐらいかなと思います。(力は)7、8割」と振り返ったが、1イニングを無失点に抑え、豪華完封リレーの最後をしっかりと締めた。

 昼食を挟んだ後の第2試合は一転、初回から点の取り合いとなった。初回、1番に入った熊田のヒットから森の死球、石川のヒットで1死満塁として、5番の遠藤が2試合連続となるタイムリー。さらに相手のミスで1点を加え、2点を先制した。しかし、先発の遠藤がその裏、先頭打者に四球を許した後に1死2塁から同点タイムリー、さらに逆転2ランを浴びて2対3とされる。続く2回は遠藤が抑え、3回からは前佑囲斗(津田学園)と池田陽佑(智辯和歌山)がともに四球で走者を背負いながらも2イニングずつを無失点で切り抜けた。

 再び試合が動いたのは7回だった。再び1番・熊田のヒットからチャンスを作り、2死2塁から4番の石川が「それまではストレート狙いでしたけど、最後は低めの変化球に対応できた」とライト線を破るタイムリーを放って同点。その裏に今度は4番手としてマウンドに上った石川が「3塁まで走ったのでバテバテでした」と2本の2塁打を許して再び勝ち越されたが、8回裏は飯塚脩人(習志野)が2三振を奪って3人でピシャリ。最終回も一打同点の場面を作るなど、敗れた中でも最後まで諦めない姿勢を見せた。

「練習を見ただけではわからないことが今日の試合でよく分かった。実戦で初めて分かることが多い。今日1試合じゃなくて2試合できことが良かった」と永田裕治監督。「どういうボールを投げるのか確認したかった」と死球で交代した池田を除く全投手が登板。サインミスも含めて攻守に課題が散見され、「いいところもありましたし、ミスもたくさんあった」と振り返りながらも「修正してまた明日からしっかりやりたい」と気を引き締めていた。

監督・選手コメント

永田裕治監督

「いいところもありましたし、ミスもたくさんあった。修正してまた明日からしっかりやりたい。佐々木は1イニングでしたから、起用法についてはもうちょっと様子を見てから決めたい。サインミスがかなりあった。時間がないので集中してさせたい。今日はみんなを試してみたかった」

佐々木朗希(大船渡)

「ゼロで抑えられたのは良かったですけど、四球があったのでそこを改善していきたい。バッターの反応、実戦の中でしか得られないものを感じながら投げました。60点ぐらいかなと思います。全ての球種の質とコントロールを上げて、野手とのコミュニケーションを取っていきたい。まだ完璧じゃない。満足せずに、色々なものを高めていきたい」

水上桂(明石商)

「大学生相手にゼロで抑えられたのはいい収穫になりましたし、5点取れたというのもいい収穫になった。(タイムリーの場面は)前の打席でスライダーを空振りして三振していたので、スライダーを狙っていこうと思った。いいところに飛んでくれた。まだまだ振込が足りないですし、もっともっと強い打球を打てるようにしていきたい」

第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ

大会概要 出場選手 放送予定

大会期間

2019年8月30日~9月8日

オープニングラウンド
2019年8月30日(金)12:00 日本 4 - 2 スペイン
2019年8月31日(土)12:00 南アフリカ 0 - 19 日本
2019年9月1日(日)18:00 日本 16 - 7 アメリカ
2019年9月2日(月)18:00 チャイニーズ・タイペイ 3 - 1 日本
2019年9月3日(火)19:30 日本 5 - 1 パナマ

スーパーラウンド
2019年9月5日(木)18:00 日本 5 - 1 カナダ
2019年9月6日(金)18:00 韓国 5 - 4 日本
2019年9月7日(土)12:30 日本 1 - 4 オーストラリア

決勝・3位決定戦
2019年9月8日

開催地

韓国(機張郡)

出場する国と地域

グループA
韓国、オーストラリア、オランダ、カナダ、ニカラグア、中国

グループB
日本、アメリカ、チャイニーズ・タイペイ、パナマ、南アフリカ、スペイン

侍ジャパン壮行試合 高校日本代表 対 大学日本代表

特設サイト チケット 出場選手 放送予定

試合日程

2019年8月26日(月)18:00
大学日本代表 5 - 5 高校日本代表

開催球場

明治神宮野球場

出場チーム

高校日本代表、大学日本代表

オリジナルネーム入りスマートフォンカバー
ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019 「日本 vs カナダ」 チケット好評販売中

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • JTB
  • Yahoo! JAPAN
  • sportsnavi
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA