髙橋昇聖が2本塁打 地元チャイニーズ・タイペイに勝利し開幕3連勝 | U-12 | 試合レポート | 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

日本語 English

試合レポート

髙橋昇聖が2本塁打 地元チャイニーズ・タイペイに勝利し開幕3連勝

2019年7月28日

 28日(日)、「第5回 WBSC U-12 ワールドカップ」のオープニングラウンド第3戦が台湾・台南市にて行われ、侍ジャパンU-12代表は地元・チャイニーズ・タイペイと対戦。7対4で勝利し開幕3連勝を飾った。

 チャイニーズ・タイペイチームへの鳴り物を使った声援が降り注ぐ中、日本が初回から攻め立てる。
 まずは先頭の赤澤琉偉(八尾中央ボーイズ)が四球で出塁すると、相手エラーと内野ゴロで一死3塁。この日3番に入った林京乃佑(東京城南ボーイズ)がセンターへヒットを放ち鮮やかに先制した。さらに続く髙橋昇聖(北上ゴブリンズ)が右中間へ今大会チーム第1号となるホームランを放ち、3点をリードする。
 2回は足を使った攻撃で追加点をあげる。桑元信祐(ガッツ鹿児島)がレフト線へ落ちるヒットを放つと、好走塁をみせ2塁へ。送りバントで3塁へ進み、片岡大瑠(大阪狭山ボーイズ)のピッチャーゴロの処理を見てホーム生還し差を4点に広げた。

 先発の林京乃佑は最速118km/hの直球に変化球を織り交ぜ、初回を危なげなく抑える。しかし2回、ヒットとミスで二死2塁のピンチを招くと、ボークで走者を進め7番・CHANG Y.Yにタイムリーを浴びる。さらに再びボークと四球でピンチを広げるが、後続を断ち最少失点で切り抜けた。
 場内も盛り上がり、流れが傾きかけた3回、日本は無死1塁から髙橋昇聖が左腕・LIN C.Yから2打席連発となるホームランを放ち再び引き離す。
 その後は低めへの投球を続けるLIN C.Yを打ち崩せず無得点が続くが、6回に川下晃汰(諫早ボーイズ)のツーベース、高畑知季(兵庫波賀リトル)の犠牲フライでさらに1点を追加した。

 林は4回に連打を浴びて降板。変わった川越昂太郎(東京城南ボーイズ)がタイムリーと内野ゴロで2点を失うも、5回は桑元信祐が3者凡退に切って取る。最終回もマウンドにあがった桑元は味方エラーも絡み1点を失うが、チャイニーズ・タイペイの反撃もここまで。7対4で日本が勝利した。

 仁志敏久監督がオープニングラウンドのライバルと位置付けるキューバ、チャイニーズ・タイペイに連勝し、開幕3連勝。侍ジャパンU-12代表は明日29日(月)、日本時間11時00分より、大会初出場のフィジーとオープニングラウンド第4戦を戦う。

第5回 WBSC U-12 ワールドカップ

大会概要 出場選手 放送予定

大会期間

2019年7月26日~8月4日

オープニングラウンド
7月26日(金)11:00 チェコ 0 - 21 日本
7月27日(土)15:00 日本 6 - 0 キューバ
7月28日(日)19:30 チャイニーズ・タイペイ 4 - 7 日本
7月29日(月)11:00 日本 30 - 0 フィジー
7月30日(火)15:00 日本 15 - 0 南アフリカ
※開始時刻は日本時間(台湾:時差-1時間)

スーパーラウンド
8月1日(木)11:00 日本 4 - 1 ベネズエラ
8月3日(土)13:00 日本 8 - 7 韓国
8月3日(土)15:00 日本 3 - 8 メキシコ

決勝
8月4日(日)19:30 日本 0 - 4 チャイニーズ・タイペイ

開催地

台湾 台南市

参加国

グループA
日本、チャイニーズ・タイペイ、キューバ、チェコ、南アフリカ、フィジー

グループB
アメリカ、韓国、メキシコ、オーストラリア、ベネズエラ、イタリア

侍ジャパンオフィシャルオンラインショップ
第2回 WBSCプレミア12

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • JTB
  • Yahoo! JAPAN
  • sportsnavi
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA