野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

試合レポート

劇的サヨナラ!日本が6対5でベネズエラをねじ伏せて5戦全勝で準々決勝へ!

2015年11月15日

 「世界野球WBSCプレミア12」の1次ラウンドBグループの最終戦が15日、台湾・桃園国際球場で行われ、終盤の激しい点の取り合いを制した日本が6対5でベネズエラにサヨナラ勝ち。5戦全勝で1次ラウンドを終えた。

 開幕4連勝ですでに1次ラウンド首位突破を決めた日本と、ここまで2勝2敗のベネズエラの対戦。日本は25歳の右腕・西勇輝が先発したが、初回に1番・R.オルメドに先頭打者弾を浴びていきなりの失点スタート。2回に平田良介のタイムリーで同点に追い付いたが、4回1死1塁から6番・J.アポダカに2ランを被弾し、西は4回5安打3失点でマウンドを降りた。
 一方、ベネズエラの先発はメジャー通算156勝の実績を誇る39歳右腕・F.ガルシア。2回に続いて4回に秋山翔吾のタイムリーで2点目を奪った日本だったが、5回以降は相手の老獪なピッチングの前に3イニング連続での三者凡退。日本も2番手・大野雄大が3回を1安打無失点の好投を披露したが、こう着状態のまま試合は終盤戦を迎えた。
 だが、試合は8回裏から激しく動く。1点を追う日本は8回、1死から3番・山田哲人がヒットで出塁すると、ここで交代した2番手左腕・J.マルティネスに対して途中出場の川端慎吾が粘った末に右中間へ2塁打。続く筒香嘉智が敬遠されて1死満塁となると、今大会絶好調の中田翔がレフトの頭上を越える2点タイムリー2塁打を放って逆転に成功した。
 このまま逃げ切りたい日本だったが、9回表のマウンドに上った松井裕樹が、1死から2本のヒットと四球で満塁のピンチを招くと、J.イェペスに三塁線を破られて土壇場で逆転を許す展開。だが諦めない日本はその裏、先頭の今宮健太のヒットから1死満塁のチャンスを掴むと、相手のワイルドピッチでまず同点。そして敬遠で再び満塁になり、ここで「打てば勝てる状況だったので必死に食らい付きました」と中村晃が鋭く三遊間を破って3塁走者・秋山が生還。第2戦・メキシコ戦に続くサヨナラ勝ちを収めた。

 「反省点はもちろんありましたけど、最後は打線が今宮からよく繋いで逆転してくれた。チームとしていい形で成長していると思います」と小久保裕紀監督。明日16日の準々決勝の相手は、地元チャイニーズ・タイペイに劇的勝利を収めたAグループ4位のプエルトリコに決定。「明日は前田健太で行きます。日本のエースですから、マウンドで堂々とねじ伏せてもらいたい」と明言した指揮官は、「自信を持ってグラウンドに立ちたい」と一発勝負のトーナメント戦へ力を込めた。

世界野球WBSCプレミア12

日程 球場 カード 戦評
11/08(日)19:00札幌ドーム日本 5 - 0 韓国レポート
11/11(水)19:00天母(台湾)日本 6 - 5 メキシコレポート
11/12(木)19:00桃園(台湾)ドミニカ 2 - 4 日本レポート
11/14(土)19:00桃園(台湾)アメリカ 2 - 10 日本レポート
11/15(日)19:00桃園(台湾)日本 6 - 5 ベネズエラレポート
11/16(月)19:30桃園(台湾)日本 9 - 3 プエルトリコレポート
11/19(木)19:00東京ドーム日本 3 - 4 韓国レポート
11/21(土)13:00東京ドーム日本 11 - 1 メキシコレポート

※台湾開催の時間は日本時間

ひかりTV 4K presents 世界野球WBSCプレミア12 侍ジャパン強化試合 日本 vs プエルトリコ

日程 球場 カード 戦評
11/05(木)19:00福岡ヤフオク!ドームプエルトリコ 3 - 8 日本レポート
11/06(金)19:00福岡ヤフオク!ドーム日本 3 - 2 プエルトリコレポート
WBC応援感謝セール

SAMURAI JAPAN PARTNER

ダイヤモンドパートナー

  • 日本通運
  • Gungho

オフィシャルパートナー

  • JTB
  • ANA
  • 楽天
  • SAVAS
  • JTB
  • NISSAN
  • イオン銀行
  • ひかりTV4K
  • 株式会社 ENEOS

オフィシャルスーツパートナー

  • BrooksBrothers

オフィシャルチケッティングパートナー

  • LAWSONticket