野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

野球日本代表、韓国との激闘の歴史

2015年5月21日

今年11月に開催される野球の国際大会『プレミア12』の組分けが決定。日本は、米国、ドミニカ共和国、韓国、ベネズエラ、メキシコとともにB組に入り、11月8日に札幌ドームで行われる開幕戦で、宿敵・韓国と対戦することが決まった。

 野球における「日韓戦」で、まず頭に思い浮かぶのは、2009ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の決勝戦ではないだろうか。3対3の同点で迎えた延長10回表、日本は2死2、3塁のチャンスで、イチローが韓国の4番手・林昌勇からセンター前へ2点タイムリーを放って勝ち越しに成功。これが決勝点となって5対3で日本が勝利を収め、WBC2連覇を成し遂げたシーンだ。日本人にとっては喜ばしい記憶であるが、この試合も延長までもつれこむ苦しい戦いを強いられており、それ以外の対戦を振り返っても激戦の連続だった。残り半年を切った11月の“決戦”を前に、まずはプロ参加後のオリンピックとWBCでの「日韓戦」を振り返ってみることにしよう。

 まずはオリンピック。プロ選手が代表入りすることになったのは、2000年のシドニー大会から。そのアジア予選である99年9月17日に行われた試合は、4回に日本が2点を先制したものの、韓国に逆転を許して3対5で敗れている。迎えたシドニー五輪本大会では、00年9月23日に行われた予選リーグで対戦。日本は先発の松坂大輔が李承燁に2ランを浴びるなど、初回に4点を失う苦しい立ち上がりとなった。それでも3対5で迎えた7回裏に田口壮が2点タイムリーを放って同点に追いつくと、そのまま5対5で延長戦へ突入。しかし10回に韓国に2点を奪われ、結局6対7で敗れている。さらに9月27日には銅メダルを賭けた3位決定戦でも1対3で敗れて、日本のメダル獲得はならなかった。

 続くアテネ五輪では、03年11月7日のアジア予選で日韓が激突。この試合、日本は3回に宮本慎也のタイムリーで1点を先制すると、6回には福留孝介のタイムリー2塁打で追加点を挙げて2対0。投げては先発の和田毅から、黒田博樹、岩瀬仁紀と繋ぎ、最後は小林雅英が締める完封リレーで韓国を下している。なお、アテネでの本大会では韓国が出場しておらず、対戦はしていない。

 北京五輪のアジア予選では、07年12月2日に対戦。この試合は初回に韓国が1点を先制。しかし日本は2回、サブロー(大村三郎)のタイムリーなどで2点を奪って逆転に成功。3回には阿部慎之助のタイムリーで1点を加え、3対1とした。その後、8回に稲葉篤紀のタイムリーで追加点を挙げ、追いすがる韓国を退け、日本が4対3で勝利を収めている。そして北京五輪本大会では、まず08年8月16日の予選リーグで対戦。0対0で迎えた6回、日本は新井貴浩の2ランで2点を先制する。しかし韓国は7回に李大浩の2ランで同点に追いつくと、9回には日本の3番手・岩瀬から3点を奪って勝ち越しに成功。日本は3対5で敗れた。さらに両チームは8月22日に準決勝でも対戦。2対2の同点で迎えた8回、韓国は李承燁の2ランなどで4点を奪って勝ち越すと、そのまま6対2で逃げ切った。このようにプロが参加するようになってからのアジア予選を含むオリンピック関連試合での対戦成績は、日本の2勝、韓国の5勝となっている。

 次にWBCでの両国の戦いを振り返りたい。06年の第1回WBCでは、まず3月5日に第1ラウンドで対戦。日本は2回までに川崎宗則のソロなどで2点を奪った。しかし韓国は5回に1点を返すと、8回に李承燁の2ランで逆転に成功。日本は2対3で敗れている。3月15日(日本時間16日)には第2ラウンドで2度目の対戦。この試合は両チーム無得点で迎えた8回に、韓国が李鍾範の2点タイムリー2塁打で先制。日本は9回に西岡剛のソロで追いすがったものの1対2で敗れた。しかし、3度目の対戦となった3月18日(日本時間19日)の準決勝では、0対0で迎えた7回に日本が代打・福留の2ランで先制すると、里崎智也のタイムリー2塁打、さらに宮本、イチローにもタイムリーが出て、この回一挙に5点を奪取。続く8回には多村仁のソロホームランで追加点を挙げ、6対0で勝利を収めている。

 09年のWBCでは、まず3月7日の第1ラウンドで対戦。この試合で日本は7回コールドながら14安打14得点と打線が爆発し、14対2で韓国を下している。しかし、3月9日に敗者復活戦を勝ち上がってきた韓国と第1ラウンド1位決定戦で激突すると、4回に金泰均のタイムリーで1点を失い、その1点を各国投手陣に守り切られて0対1の敗戦となった。3月17日(日本時間18日)に行われた第2ラウンドでも対戦したが、日本は先発のダルビッシュ有がつかまり、初回に3点を失うと、そのビハインドを返すことができずに1対4で敗れた。その後、敗者復活戦を勝ち上がった日本は、3月19日(日本時間20日)に行われた第2ラウンド1位決定戦でまたも韓国と対戦。この試合は15安打6得点を挙げた日本が韓国打線を2点に抑え、6対2で勝利を収めている。

 こうして第1ラウンド、第2ラウンドともに1勝1敗ずつと相譲らない両チームは、3月23日(日本時間24日)の頂上決戦でこの大会5度目となる戦いを繰り広げ、冒頭で記したようにイチローのタイムリーが決勝点となって日本が勝利を収めたのだ。2度の優勝を誇る日本だが、ここまでのWBCにおける「日韓戦」の通算対戦成績は、4勝4敗の五分となっている(13年の第3回WBCでは対戦なし)。

 このように、日本のプロ参加以降のオリンピック関連試合とWBCでの通算対戦成績は、15試合を戦って日本の6勝、韓国の9勝。日本は3つも負け越している。11月8日、『プレミア12』の初戦で相対することになった、日本と韓国――。両国の威信をかけた戦いに、要注目である。

世界野球プレミア12

世界野球プレミア12 大会概要

試合日程
  • 11/8(日)札幌D(19:00) 日本 - 韓国
  • 11/11(水)天母(18:00) 日本 - メキシコ
  • 11/12(木)桃園(18:00) ドミニカ - 日本
  • 11/14(土)桃園(18:00) アメリカ - 日本
  • 11/15(日)桃園(18:00) 日本 - ベネズエラ

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • eneos
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA