野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

会見レポート

「世界野球 プレミア12」侍ジャパンの初戦の相手は韓国に決定!

2015年5月20日

 世界野球ソフトボール連盟(WBSC)が20日、今年11月に開催される野球の国際大会『プレミア12』の組分けと、A、B両組の開幕カードを発表。日本は、米国、ドミニカ共和国、韓国、ベネズエラ、メキシコとともにB組に入り、11月8日に札幌ドームで行われる開幕戦で韓国と対戦することが決まった。この発表を受け、侍ジャパン・小久保裕紀監督が都内で会見を行い、“初戦必勝”と“世界一”への思いを語った。

 組分けに関して、「名前を聞いても非常に強いチームの集まりだなという印象を受けました」と小久保監督。特に、初戦で宿敵・韓国と対戦することについて「国と国との戦い。過去の歴史から見ても非常に熱い試合になっている。身の引き締まる思いでいっぱい」と背筋を正すとともに、「ファンの注目度も高くなるでしょうし、日本としては当然、初戦はいいスタートを切りたい。そこに挑む我々としては、初戦は必ず取りに行くという気持ちで臨みたい」とキッパリ。「(韓国に)勝って勢いを付けるというのも大切。組み合わせが決まったというところでの目標の設定はしやすくなった」と目を光らせた。

 日本は初戦の韓国戦を終えた後、台湾に移動して1次ラウンドの残り4試合を戦うが、両組上位2チームが進出する準決勝および決勝戦は再び日本で開催(東京ドーム)される。小久保監督は「世界一を勝ち取る瞬間を、日本国民のみなさんの前で見せることのできるチャンス。これはもう(世界一を)獲りにいかない訳にはいかない」と宣言した上で、「強い侍ジャパンの姿をお見せするというのが野球の普及にも繋がると思いますし、将来、日本の野球日本代表としてプレーしたいという他の選手たちの目標にも繋がる。勝つということを大前提にやっていきたい」と意気込んだ。

 今回が第1回大会となる『プレミア12』は、11月8日の開幕戦を皮切りに9日間で全38試合が行われる。「『プレミア12』という大会の意義や、この大会を通じて日本の野球力を示す、野球の普及・発展に繋がるという思いを、12球団と共有しながらメンバーを編成したい」と小久保監督。宿敵・韓国を倒しての白星スタートから、地元・日本ファンの前での歓喜の胴上げへ。指揮官の力強い言葉とともに、期待感が高まる会見となった。

世界野球プレミア12

世界野球プレミア12 大会概要

試合日程
  • 11/8(日)札幌D(19:00) 日本 - 韓国
  • 11/11(水)天母(18:00) 日本 - メキシコ
  • 11/12(木)桃園(18:00) ドミニカ - 日本
  • 11/14(土)桃園(18:00) アメリカ - 日本
  • 11/15(日)桃園(18:00) 日本 - ベネズエラ
アジア プロ野球チャンピオンシップ2017 チケット好評販売中

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • eneos
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA