野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

試合レポート

初陣、打線あと一本が出ず…連合チームに惜敗

2014年11月10日

 2014SUZUKI日米野球の壮行試合、侍ジャパン対福岡ソフトバンク・北海道日本ハム連合チーム※以下連合チームの一戦。福岡ヤフオクドームで行われた小久保ジャパンの2014年の“初陣”は、悔しくも0対1で敗れる結果となった。

 初回、侍ジャパン初選出の背番号17・藤浪晋太郎(阪神)が2つの三振を奪う上々の立ち上がりを見せると、連合チーム先発・東浜 巨(福岡ソフトバンク)も3者凡退に切って取る投球で両者無得点に終わる。その後も緊迫したゲーム展開が続いたが、0対0で迎えた4回表、前イニングから2番手でマウンドに上がっていた岩田 稔(阪神)が、先頭の中島卓也(北海道日本ハム)に安打を許すと、一死後、盗塁を許して走者が得点圏へ。なんとか先制点は防ぎたいところであったが、ここで連合チーム4番・江川智晃(福岡ソフトバンク)に、甘く入ったボールを左前へ弾き返されて中島がホーム生還。結果的にはこれが、両チームを通じてこの試合唯一の得点となった。

 侍ジャパンの打線は、1番に柳田悠岐(福岡ソフトバンク)を置き、糸井嘉男(オリックス)、中田 翔(北海道日本ハム)、内川聖一(福岡ソフトバンク)のクリーンアップで臨んだが、6回まで坂本勇人(巨人)の安打1本のみ。7回に先頭打者の2番・菊池涼介(広島)が内野安打を放ったが後続が凡退。さらに8回に山田哲人(東京ヤクルト)、9回には柳田がそれぞれ二塁打を放ってチャンスを作るも、あと一本が出ず。投手陣は5回以降、西 勇輝、松葉貴大(ともにオリックス)、武田翔太(福岡ソフトバンク)、高橋朋己(埼玉西武)、西野勇士(千葉ロッテ)が無失点リレーも、打線が連合チームの小刻みな継投の前に散発4安打と繋がらなかった。

WBC応援感謝セール

SAMURAI JAPAN PARTNER

ダイヤモンドパートナー

  • 日本通運
  • Gungho

オフィシャルパートナー

  • JTB
  • ANA
  • 楽天
  • SAVAS
  • JTB
  • NISSAN
  • イオン銀行
  • ひかりTV4K
  • 株式会社 ENEOS

オフィシャルスーツパートナー

  • BrooksBrothers

オフィシャルチケッティングパートナー

  • LAWSONticket