鈴木誠也が2試合連続本塁打を含む4打点の活躍 オープニングラウンド3連勝 | トップ | 試合レポート | 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

日本語 English

試合レポート

鈴木誠也が2試合連続本塁打を含む4打点の活躍 オープニングラウンド3連勝

2019年11月7日

 11月7日、「第2回 WBSC プレミア12」のオープニングラウンド・グループB最終戦が行われ、侍ジャパンは地元チャイニーズ・タイペイと対戦。ともに連勝でオープニングラウンド突破を決めていただけに、スーパーラウンドに成績が持ち越される大事な一戦となったが、8対1で快勝。11日から日本で始まるスーパーラウンドを、1勝0敗から始められることとなった。

絶好調の4番がチームを牽引

 2試合を戦った桃園国際野球場から台中インターコンチネンタル野球場に場所を移し、日本時間19時半から始まった試合はライトスタンドの一部を除き、チャイニーズ・タイペイの応援一色。完全アウェーでの戦いとなった。

 そんな中でスタンドを静まり返らせたのは、侍ジャパンの4番・鈴木誠也(広島)だ。初回に近藤健介(日本ハム)が四球を選ぶと、続く鈴木がセンターへ三塁打を放って先制に成功。5番の吉田正尚(オリックス)もしぶとくライト前に運んで、鈴木が2点目のホームを踏んだ。
 さらに、3回の第2打席では2番手左腕の甘く入ったストレートを見逃さずにレフトスタンドへ運び、2試合連続本塁打となる2ランでリードを4点に広げた。
 大歓声に背中を押されるチャイニーズ・タイペイ打線も毎回のように走者を出すが、今永昇太(DeNA)と大野雄大(中日)が粘りの投球を見せて、5回までを無失点でしのいだ。

 すると6回、坂本勇人(巨人)が相手エラーで出塁すると、丸佳浩(巨人)がセンターへの二塁打を放って坂本が生還。貴重な追加点となる5点目を挙げた。その裏は山岡泰輔(オリックス)が二死から安打を許すも、続く打者の内野安打となりそうなボテボテのゴロを二塁手の菊池涼介(広島)が前進し捕球すると、そのままファーストへグラブトスで送球し3アウト。

 7回は甲斐野央(ソフトバンク)が開幕戦に続き三者凡退、8回には今大会初登板の岸孝之(楽天)も三者凡退に抑えた。
 9回には鈴木がこの日4打点目、今大会9打点目となるタイムリーを放ち、途中出場の源田壮亮(西武)は右中間を破るタイムリー三塁打を放ってダメ押し。最後は山本由伸(オリックス)が王柏融(日本ハム)の安打を皮切りにピンチを招き1点を失うが、後続を冷静に抑えて試合終了。安打数は同じ11本だったが、攻守の要所で力を発揮した侍ジャパンが8対1と大差をつけた。

 開幕3連勝という最高の結果とともに、今大会無安打だった吉田と丸の初安打がそれぞれタイムリーとなり、発熱で調整が遅れていた岸も好投。野手も3試合で全員を起用しながら勝利できたことは、さらに弾みがつきそうだ。
 スーパーラウンドはオープニングラウンド各組の上位2カ国の計6カ国が出場し11日から始まる(侍ジャパンの初戦は11日19時からZOZOマリンスタジアム)。オープニングラウンド同グループのチームとは対戦をせず、各4試合を戦うリーグ戦で順位を決定。1位と2位が決勝、3位と4位が3位決定戦をそれぞれ17日に東京ドームで戦う。

監督・選手コメント

稲葉篤紀監督

「スーパーラウンドまで3日空きますから、今日は早めの継投を決めていました。チャイニーズ・タイペイはどの球にも食らいついてきますし、よく振ってくる打線でした。誠也はあの若さで期待や重圧がかかる中、ここまでしっかりとチームを引っ張ってくれています。打撃練習見ていても力強いですし、やはり素晴らしい打者ですね」

大野雄大(中日)

「思ったより早い登板でしたが、すごく冷静にマウンドへ上がることができました。(判定がリプレイ検証で変わった後に後続を抑えたことについて)ああいう時は“判定が覆るものだ”と思っています。それを想定して準備していました。(相手の応援について)緊張するかと思いましたが、シーズン中のマツダスタジアムもこういう感じなので大丈夫でした」

鈴木誠也(広島)

「(初回のタイムリーについて)しっかりと自分の決めた球をスイングできました。(本塁打について)感触は良かったのですが、風もあったので入って良かったです。(好調続く要因について)周りの先輩が繋いでくれているおかげ。得点圏での打席も多いので集中して打席に入れています」

第2回 WBSC プレミア12

特設サイト
大会概要 出場選手 放送予定

大会期間

2019年11月2日~11月17日

オープニングラウンド

11月5日(火)19:00 日本 8 - 4 ベネズエラ
11月6日(水)19:00 日本 4 - 0 プエルトリコ
11月7日(木)19:30 チャイニーズ・タイペイ 1 - 8 日本
※開始時刻は日本時間(台湾:時差-1時間)

スーパーラウンド

11月11日(月)19:00 日本 3 - 2 オーストラリア
11月12日(火)19:00 日本 3 - 4 アメリカ
11月13日(水)19:00 日本 3 - 1 メキシコ
11月16日(土)19:00 日本 10 - 8 韓国
※開始時刻は日本時間

決勝

11月17日(日)19:00 日本 5 - 3 韓国
※開始時刻は日本時間

開催地

日本、台湾、韓国、メキシコ

出場する国と地域

グループA
メキシコ、アメリカ、オランダ、ドミニカ共和国

グループB
チャイニーズ・タイペイ、日本、ベネズエラ、プエルトリコ

グループC
韓国、キューバ、オーストラリア、カナダ

ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019「日本 vs カナダ」

特設サイト
大会概要 チケット 出場選手 放送予定

試合日程

10月31日(木)19:00 日本 5 - 6 カナダ
11月1日(金)19:00 カナダ 0 - 3 日本

開催球場

沖縄セルラースタジアム那覇

出場チーム

日本、カナダ

侍ジャパンオフィシャルオンラインショップ
第2回 WBSCプレミア12

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • JTB
  • Yahoo! JAPAN
  • sportsnavi
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA