野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

日本語 English

チームレポート

侍ジャパンU-18代表が記者会見と結団式 「4つのC」+もう1つのCで世界一へ

2019年8月25日

 8月30日から韓国・機張(キジャン)で開催される「第29回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」に出場する野球日本代表「侍ジャパン」U-18代表の直前合宿4日目が25日、都内グラウンドで行われた。

 甲子園決勝出場組の奥川恭伸、山瀬慎之助(ともに星稜)が前日夕方からチームに合流し、選手20人が全員そろっての初練習となった。
 選手たちは9時過ぎからアップ開始。お昼過ぎまでの3時間ほど、ゲームノック、シートバッティング、フリーバッティングなどのメニューに取り組んだ。野手陣がシートバッティング、フリーバッティングを行っている間、投手陣はストレッチ、トレーニングなどをこなした。甲子園の決勝まで投げた奥川と、前日の練習試合に登板した佐々木朗希(大船渡)はランニングなど別メニューで調整した。

 夜には都内で記者会見と結団式が行われた。記者会見には永田裕治監督、主将の坂下翔馬(智辯学園)、奥川、佐々木の4名が出席。「チームワークよく、思ったことを言い合えるチームを目指す」(奥川)、「チーム力を結集して負けない集団をつくりたい」(永田監督)、「チームの雰囲気はよいです」(坂下)、「一丸となって海外のチームに立ち向かいます」(佐々木)と、みな口々にチームワークの大事さを強調した。
 記者会見では、明日26日、神宮球場で行われる侍ジャパン大学日本代表との壮行試合に佐々木が先発登板することが発表された。佐々木は「チームの流れを持って来られるようなピッチングをして、大会につなげたい」と意気込みを話した。なお、大学日本代表は明治大・森下暢仁が先発登板する予定だ。

 記者会見に続いて、選手、指導陣、スタッフ全員が出席しての結団式が行われた。最初に日下篤団長が「学んできた日本の野球を現場で出して、一致団結して世界一を目指して頑張ってほしい」とあいさつした。続いて選手全員がひとりひとり自己紹介し、高校日本代表チームの一員に選ばれた抱負を述べた。
 主将の坂下は、「この選手たちでひとつにまとまって、強い相手に立ち向かい、必ず全員で世界一を勝ち取りたいと思います」と大会への決意を表明。
 最後に永田監督が選手たちへ「4つのC」の言葉を贈った。「4つのC」とは、「Chance」(世界一になるチャンスをつかもう)、「Challenge」(そのチャンスに挑んでいこう)、「Change」(仮にうまくいかない場合は変革、方法を変えてみよう)、「Champion」(世界一を目指す)。この4つの言葉の頭文字の「C」。
さらに永田監督は「プラス、もうひとつのCをみんなに贈りたい。それは風通しのいいチームに仕上げたいので、Communicationを大事にしよう」と、もうひとつの「C」を付け加えて、結団式を締めた。

 明日26日は神宮球場で大学日本代表との壮行試合が行われる。大会へ向けた試金石となる一戦に期待が高まる。

監督・選手コメント

永田裕治監督

「いよいよ20人がそろいました。1日1日経過するごとに、みんなの結束が高まってきていると感じています。明日は大学日本代表のみなさんに対して胸を借りるつもりで思い切ってぶつかっていきたい。選手たちには、熱い気持ちを持って、マナーを重視した中で、全力でプレーしてほしい。チーム力を結集して、負けないチームをつくっていきたいと思っています」

山瀬慎之助(星稜)

「昨日合流したのですが、チームはみんな馴染んでコミュニケーションも取れているんで、自分も早めに馴染みたいです。奥川以外のピッチャーのボールはまだ受けていないのですが、それぞれの特徴、それぞれのいいところを、もうひとりのキャッチャーの水上に聞いて、明日から頑張っていきます」

奥川恭伸(星稜)

「昨日合流させてもらって、いい雰囲気でやっていますし、早く自分もチームに馴染めるように頑張ります。自分は去年もジャパンを経験していることもあってここに呼ばれていると思うので、去年の経験を伝えていきたい。まだ多少、疲れは残っていますが、今日、体を動かしてみていい感じになってきているので、これから状態を上げていきたいです。世界大会へ行けば、大学日本代表と同じぐらいのレベルのチームも出てくると思うので、明日はみんなで勝ちにいきたいです」

佐々木朗希(大船渡)

「奥川が合流してチームも引き締まったと思います。奥川は選手としてすごいし、人間性も素晴らしい。甲子園での智辯和歌山戦では延長14回まで投げてもボールの質が落ちなくて、素晴らしいなぁと思って見ていました。世界一になるには大学日本代表を倒すぐらいじゃないといけないと思うので、明日はチーム一丸となって戦います」

第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ

大会概要 出場選手 放送予定

大会期間

2019年8月30日~9月8日

オープニングラウンド
2019年8月30日(金)12:00 日本 4 - 2 スペイン
2019年8月31日(土)12:00 南アフリカ 0 - 19 日本
2019年9月1日(日)18:00 日本 16 - 7 アメリカ
2019年9月2日(月)18:00 チャイニーズ・タイペイ 3 - 1 日本
2019年9月3日(火)19:30 日本 5 - 1 パナマ

スーパーラウンド
2019年9月5日(木)18:00 日本 5 - 1 カナダ
2019年9月6日(金)18:00 韓国 5 - 4 日本
2019年9月7日(土)12:30 日本 1 - 4 オーストラリア

決勝・3位決定戦
2019年9月8日

開催地

韓国(機張郡)

出場する国と地域

グループA
韓国、オーストラリア、オランダ、カナダ、ニカラグア、中国

グループB
日本、アメリカ、チャイニーズ・タイペイ、パナマ、南アフリカ、スペイン

侍ジャパン壮行試合 高校日本代表 対 大学日本代表

特設サイト チケット 出場選手 放送予定

試合日程

2019年8月26日(月)18:00
大学日本代表 5 - 5 高校日本代表

開催球場

明治神宮野球場

出場チーム

高校日本代表、大学日本代表

オリジナルネーム入りスマートフォンカバー
ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019 「日本 vs カナダ」 チケット好評販売中

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • JTB
  • Yahoo! JAPAN
  • sportsnavi
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA