ノーヒットリレー&15得点で南アフリカを破りオープニングラウンド5戦全勝 | U-12 | 試合レポート | 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

日本語 English

試合レポート

ノーヒットリレー&15得点で南アフリカを破りオープニングラウンド5戦全勝

2019年7月30日

 台湾・台南市にて開催されている「第5回 WBSC U-12 ワールドカップ」。前日のフィジー戦でスーパーラウンド進出を決めた侍ジャパンU-12代表は30日(火)、オープニングラウンド最終戦を南アフリカと対戦し15対0の4回コールドで勝利した。

 前日の勢いそのままに、この日も打線が猛攻をみせた。まずは初回、一死3塁から今井蓮(大阪八尾ボーイズ)の内野ゴロの間にホームインし1点を先制する。さらに3番・林京乃佑(東京城南ボーイズ)がレフトへツーベースを放ち追加点をあげると、その後も打線がつながり打者一巡。再び打席が回ってきた林京乃佑がレフトへホームランを放ち、初回から一挙10点を奪う。
 2回は二死から桑元信祐(ガッツ鹿児島)がヒットで出塁すると、高畑知季(兵庫波賀リトルリーグ)、片岡大瑠(大阪狭山ボーイズ)の連打で2点を追加。さらに3回には今井蓮、髙橋昇聖(北上ゴブリンズ)がヒット、川越昂太郎(東京城南ボーイズ)が死球で出塁し二死満塁。このチャンスに桑元信祐が左中間へ走者一掃のスリーベースを放ち3点を追加した。

 先発の左腕・重松寿翔(豊川中央ボーイズ)は先頭打者から直球で空振り三振を奪うと、続く打者を内野ゴロ、南アフリカ3番・BOTHA.Jは変化球で空振り三振に仕留め、危なげなく無失点に抑える。
 2回、マウンドにあがった青木朔真(筑後ボーイズ)は3つの四球で一死満塁とするも、後続をファウルフライ、最後は114km/h直球で見逃し三振に切って取りピンチを脱した。
 3回は投手にまわった今井蓮が3人で抑える好投。4回は桑元信祐が登板し、再び四球で一死満塁のピンチを招くも2者連続で三振を奪い試合終了。4投手による継投で南アフリカをノーヒットに抑え、4回コールドで勝利した。

 オープニングラウンドを5戦全勝で1位通過した侍ジャパンU-12代表。A、B両グループの上位3チームで争われるスーパーラウンドには、グループAから日本、チャイニーズ・タイペイ、キューバが進出。明日31日(水)に行われるグループB・韓国対アメリカの結果をもって、8月1日(木)からの対戦スケジュールが確定する。

第5回 WBSC U-12 ワールドカップ

大会概要 出場選手 放送予定

大会期間

2019年7月26日~8月4日

オープニングラウンド
7月26日(金)11:00 チェコ 0 - 21 日本
7月27日(土)15:00 日本 6 - 0 キューバ
7月28日(日)19:30 チャイニーズ・タイペイ 4 - 7 日本
7月29日(月)11:00 日本 30 - 0 フィジー
7月30日(火)15:00 日本 15 - 0 南アフリカ
※開始時刻は日本時間(台湾:時差-1時間)

スーパーラウンド
8月1日(木)11:00 日本 4 - 1 ベネズエラ
8月3日(土)13:00 日本 8 - 7 韓国
8月3日(土)15:00 日本 3 - 8 メキシコ

決勝
8月4日(日)19:30 日本 0 - 4 チャイニーズ・タイペイ

開催地

台湾 台南市

参加国

グループA
日本、チャイニーズ・タイペイ、キューバ、チェコ、南アフリカ、フィジー

グループB
アメリカ、韓国、メキシコ、オーストラリア、ベネズエラ、イタリア

ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019 「日本 vs カナダ」 チケット好評販売中
侍ジャパンオフィシャルオンラインショップ

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • JTB
  • Yahoo! JAPAN
  • sportsnavi
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA