野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

チームレポート

臨時コーチの高橋尚成、加藤健、古城茂幸3氏も加え、U-15代表が直前合宿を行う

2017年11月22日

 11月22日、U-15アジアチャレンジマッチ2017(11月24日から26日)に出場する侍ジャパンU-15代表が開催地の愛媛県松山市に集合。この日は、松山坊っちゃんスタジアム室内練習場で直前合宿を行った。雨天のため屋外での練習はできなかったが、清水隆行監督(元巨人外野手)らの指導陣に加え、プロ野球での経験が豊富な臨時コーチ3名も加わり、有意義な時間を過ごした。

惜しみなく技術や経験を伝授

 午前中に宿泊先のホテルに入った選手・スタッフたちは、支給用具の確認や写真撮影を行った後、午後から練習を行った。この日の練習と23日の公式練習には、日米通算93勝を挙げた高橋尚成氏(元巨人、メッツなど投手)、NPBで長年プレーした加藤健氏(元巨人捕手)と古城茂幸氏(元日本ハム、巨人内野手)が臨時コーチとしてチームを指導。選手たちのプレーや積極的な質問に対して、長年の選手生活で培った技術や経験を具体的に惜しみなく伝え、選手たちは聞き入った。
 高橋氏の指導を受けた左腕・安達壮汰投手(志村ボーイズ)は「チェンジアップを生かすには、右打者アウトコースへのストレートが大切」と教わったと言い、加藤氏の指導を受けた中井大我捕手(浦和リトルシニア)は「特に印象的だったのは、準備と予想の仕方です。普段とは違った学びがありました」と充実の表情で語った。
 主に守備の指導に当たった古城氏は「今すぐ試合で生かすのは難しいでしょうが、今後さらに良くなるようワンポイントアドバイスをしました」と話し、足の運びの大切さなどを説いていた。

 また、練習後には株式会社明治の栄養管理士・高梨麗氏による栄養講習も行われ、全選手と父兄が受講した。大谷翔平投手(日本ハム)ら侍ジャパントップチームの選手の事例も交えながら、日常生活や試合前後の栄養補給の大切さを学んだ。

 23日は午前中に公式練習を行う。夜にはオーストラリア、チャイニーズ・タイペイ、松山市選抜の選手たちと開会式・レセプションパーティーで交流を図り、24日16時半開始予定の松山市選抜戦に臨む。

監督・選手コメント

清水隆行監督

「実際にプレーを初めて見て、レベルが非常に高いですね。室内ですが、いい練習ができました。(臨時コーチも加わり、選手も積極的に質問していた)それが僕の求めるところでした。今日言われたことがすぐにできるわけではないですが、数年後に生きてくれればと思います。明日は屋外でしかできないことを確認していきたいです」

南雲壱太主将(浦和リトルシニア)

「初日ですが、後半にはもうみんなで声を掛け合う雰囲気になれました。臨時コーチの方々には、さらにもう1つ上のレベルことを教えてもらいプラスしかなかったです。(この日主将に任命され)主将をするのは初めてなのですが、みんなが積極的に何事もやってくれるので、助かっています」

U-15 アジアチャレンジマッチ2017

大会概要 出場選手一覧

大会期間

2017年11月24日~11月26日

11月24日(金)16:30 日本 11 - 1 松山市代表
11月25日(土)10:00 オーストラリア 1 - 16 日本
11月26日(日)10:00 日本 10 - 6 チャイニーズ・タイペイ

開催地

日本(愛媛県松山市)

出場国・地域

日本、チャイニーズ・タイペイ、オーストラリア、松山市代表

侍オンラインショップ

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • JTB
  • Yahoo! JAPAN
  • sportsnavi
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA