野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

チームレポート

内容充実の宮崎合宿2日目 寸暇を惜しみ「選手同士で」高めあう

2017年11月10日

 11月16日(木)から19日(日)まで東京ドームにて開催される「ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017」に向け、11月9日(木)から始まった「侍ジャパン宮崎秋季合宿2017」。合宿2日目となる10日(金)も10時前から練習をスタートさせた。

 冒頭では熊﨑勝彦・日本プロフェッショナル野球組織コミッショナーがチームの前に立ち訓示。「この大会では2020年東京五輪金メダル獲得へのはじまり。来年以降の試合も含めて、力を磨くチャンスになる。金メダルに向けて精進、鍛錬、努力し、日の丸を背負って日本野球の底力を見せてほしい」と5分近くに渡って激励している。

 そんな熊﨑コミッショナーのコトダマにパワーをもらった侍ジャパンは、アップ・キャッチボール後、まずは投内連携を練習。様々な場面を想定し、ピックオフプレーも交えながら、失点を防ぐ方法を確認した。

 その後、野手陣は前日に続きシートノックへ。投内連携を含め、ここで目立ったのは選手間で絶え間なく飛ぶ確認の声である。その内容はミスを許さないことはもちろんのこと、勝敗を分ける「コンマ一秒」を詰めるためにどこに送球すべきか、どのようなタッチを行うべきか、カバーリングの位置などに細かい指摘が飛んだ。その後、フリーバッティング、バント練習と同時に進んだ走塁・守備練習でも野手陣はシーズン中の反応を呼び起こしつつ、丁寧に1つ1つの打球をさばき、スタートを切っていった。

 合宿冒頭に「けん制プレーのアイコンタクトなど、選手同士でいろいろなことを言い合った方がいい」と告げていた稲葉監督も、これらの寸暇を惜しみ高めあう選手たちの姿勢に対しては手放しで高評価。「まだ2日間ですが、いいチームになってきている感じがします」と随所に満足感をにじませていた。

 一方、投手陣は前日に投球練習を行わなかった薮田和樹(広島)、今永昇太(横浜DeNA)、山﨑康晃(横浜DeNA)、田口麗斗(巨人)、堀瑞輝(北海道日本ハム)の5名がいずれもブルペン入り。

「侍ジャパンではプレミア12で悔しい思いをしているし、WBCも出場できなかった。日本野球が一番でなければいけないことは小学校の時から思っていたことなので、この大会もファンと一緒に戦いたいし、その中で期待に応える姿を見せたい」と燃えたぎる侍ジャパンへの想いを持つ山﨑が指揮官の守護神指名に応えんと時に声を発しながら本番さながらの投球を見せれば、チーム最年少19歳の堀は投球を受けた田村龍弘(千葉ロッテ)が「いいキレをしている」と評したスライダーも、ストレートも勢いのあるところをアピール。

 そして「日本シリーズで新しい収穫があった」と話した今永は、5投手のうち最長となる30分余りブルペンに入り全ての球種を確認した上で、通常練習後にはタオルを使ったシャドーピッチを繰り返し、リリースやフォームの感覚を確かめた。

 そして前日に続き、居残り練習に参加する選手も多かった。田村、若月健矢(オリックス)、オーバーエイジ3名のうちの1人、25歳の甲斐拓也(福岡ソフトバンク)はサブグラウンドで送球練習に勤しめば、彼らのそばでは西川龍馬(広島)がマンツーマンでの個人ノック。ブルペンでは今永の横で野田昇吾もタオルを使って沈み込みとリリースの連動性を確認し、SOKKENスタジアムでは中村奨吾(千葉ロッテ)、外崎修汰(埼玉西武)らが特打。ウエイトルームに向かう選手も多かった。

 最後は村田善則バッテリーコーチから「左のエースが投げるから」と事前に告げられた甲斐が打撃投手・稲葉監督から「緊張した」特打を行ない、5時間余りの練習は終了。「練習の雰囲気はいいです」。遊撃手として京田陽汰(中日)との二遊間もスムーズにこなした源田壮亮(埼玉西武)の弁は、他の選手からも多く聞かれた。

 なお、合宿3日目の11日(土)は、12日からの練習試合2連戦に備え、一か所バッティングなどより実戦に即した形でコンビネーションを確認する予定。そして11日(土)と12日(日)は当日の抽選に当選した10組20名ずつのファンに対し、打撃練習見学や選手との記念撮影会企画も用意されている。

ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017

大会概要 チケット  出場選手 放送予定

大会期間

2017年11月16日~11月19日

予選
11月16日(木)19:00 日本 8 - 7 韓国
11月17日(金)19:00 韓国 1 - 0 チャイニーズ・タイペイ
11月18日(土)18:30 チャイニーズ・タイペイ 2 - 8 日本

決勝
11月19日(日)18:00 日本 7 - 0 韓国

開催球場

東京ドーム

出場チーム

チャイニーズ・タイペイ代表、韓国代表、日本代表

侍ジャパン選手紹介

2017年11月6日 先発投手編
2017年11月7日 中継ぎ・抑え投手編
2017年11月8日 捕手編
2017年11月9日 内野手編
2017年11月10日 外野手編

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • eneos
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA