野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

試合レポート

10安打12得点の猛攻 侍ジャパンU-18代表が南アフリカにコールド勝ち

2017年9月6日

「第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)に出場している侍ジャパンU-18代表は9月5日、南アフリカとのオープニングラウンド最終戦を12対0の7回コールド(7回10点差以上)で制した。通算成績を4勝1敗とし、7日からのスーパーラウンドへ臨む。

 日本は2回裏、増田珠(横浜)の犠飛で先制すると、3回裏は長短5連打を含む6安打を集中し、打者11人の猛攻で一挙6得点を挙げ、完全に主導権を握った。4回裏には四番・清宮幸太郎(早実)のソロ(高校通算110号)が飛び出し、その後も相手ミスなどに乗じて計10安打で12得点を挙げた。今大会初登板の先発・三浦銀二(福岡大大濠)は5回4安打無失点と安定感ある投球を披露。6回から救援した櫻井周斗(日大三)は制球が定まらず3四球で降板したが、一死満塁から代わった清水達也(花咲徳栄)が2者連続三振。7回も力勝負で貫録のピッチングを見せた。

 今大会21打席目。四番・清宮に待望の一発が飛び出した。カウント3ボール1ストライクからの5球目をたたくと、ライナー性の鋭い当たりが右翼フェンスをオーバーした。
「打った瞬間行ったな、と。昨日から自分の形になってきた。体の開きを気にしていたが、逆に(右肩が)入り過ぎていた。(自分らしさとは)柔らかさ。上半身、下半身すべてにおいてゆったり打つことが大事だと思います」
 オープニングラウンド3試合を終えて9打数1安打、3打点。キューバ戦では前を打つ三番・安田尚憲(履正社)が2度、敬遠で歩かされるという、四番として過去に経験のない屈辱も味わった。この間、大藤敏行ヘッドコーチと二人三脚で修正と確認作業を繰り返した。前日のオランダ戦で左中間二塁打。清宮本来の当たりで、復調の兆しを見せていた。
 この一発で、主な高校生歴代最多とされる高校通算本塁打を「110」に伸ばした。 「中途半端な数字よりかは110号で響きも良いですし、節目の一本だったかなと思います」

 国内合宿の練習試合では木製バットで2本塁打(対千葉工大、日大)を放っているが、国際試合での柵越えは格別であったという。
「それとはまた違ったというか、何か違いました。気持ち良かったです。歓声とかもちょっと違う。そういうところは良い気分でした」

 個人の1本ではない。チームとしての1本。盛り上がる三塁ベンチを見れば明らかだった。
「返ってきてからも『やっとやん!!』みたいな。『遅いよ』とかも言われましたし。みんなすごく喜んでくれて、それが一番うれしい」

 小枝守監督は「仲良しクラブでなくて本音を言い合えるムードになってきた」と、チームとしての手応えを初めて口に。主将の本塁打が侍ジャパンU-18代表に勇気を与え、結束力を高めたのは言うまでもない。

監督・選手コメント

小枝守監督

「今日は出場した選手が持ち味を出してくれた。(清宮の本塁打は)練習のときからそろそろ芯に当たるのでは、と思っていた。(ボールを)追いかけているから上半身と目のブレがあるので、それをなくせば芯に当たるだろう、と。右肩の開きを抑えようと逆に入っていたから、『じゃあ開けばいいじゃないか』と言ったら逆に右肩が動かなくなった。意識するのを逆の表現にしてやる。これは持論なんです。(スーパーラウンドへ向けて)急造チームですが、お互い言い合えるようになってきた。これまで通り、各々の役割、色を出していく」

清宮幸太郎主将

「これまでは漠然としていたが、(スーパーラウンド突破から世界一という)明確な目標ができた。そこに向かって一つになって気を引き締めていく。決勝はどこが来るか分からないですが、しっかり倒して優勝したい」

三浦銀二投手

「初回から真っすぐで押していけた。先発は昨日の練習が終わってから言われた。日本を背負っている中でしっかり、自分のピッチングができた。スライダーを振ってくれたので、通用する手応えがあった。スーパーラウンドでも投げることがあれば、自分の投球をしてチームに貢献したい」

第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ

大会概要 出場選手 放送予定

大会期間

2017年9月1日~9月11日

オープニングラウンド
9月1日(金)22:30 メキシコ 1 - 10 日本
9月3日(日)5:00 日本 0 - 4 アメリカ
9月4日(月)6:00 日本 7 - 2 キューバ
9月5日(火)3:00 オランダ 1 - 3 日本
9月5日(火)22:30 日本 12 - 0 南アフリカ
※開始時刻は日本時間(サンダー・ベイ:時差-13時間)

スーパーラウンド
9月7日(木)22:30 日本 4 - 3 オーストラリア
9月9日(土)6:00 日本 4 - 6 カナダ
9月10日(日)2:00 韓国 6 - 4 日本
※開始時刻は日本時間(サンダー・ベイ:時差-13時間)

3位決定戦
9月11日(月)1:00 カナダ 1 - 8 日本
※開始時刻は日本時間(サンダー・ベイ:時差-13時間)

開催地

カナダ サンダー・ベイ

参加国

グループA
カナダ、韓国、チャイニーズ・タイペイ、オーストラリア、イタリア、ニカラグア

グループB
日本、アメリカ、キューバ、メキシコ、オランダ、南アフリカ

アジア プロ野球チャンピオンシップ2017 9月24日10:00よりチケット一般販売開始

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA