野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

試合レポート

東、阪本が好投もサヨナラ負けで黒星スタート 第41回日米大学野球選手権大会 第1戦

2017年7月13日

 6年ぶりの米国開催となる「第41回 日米大学野球選手権大会」が12日(日本時間13日)、アメリカ・コネチカット州ダンキンドーナツパークで開幕した。3大会連続19度目の優勝を狙う侍ジャパン大学代表だったが、1点を争う投手戦になった第1戦は、最終回までリードするもサヨナラ負け。接戦を落とし黒星スタートとなった。

 初回、先頭の島田海吏(上武大)がセンター前ヒットで出塁すると、一死から2塁盗塁後、楠本泰史(東北福祉大)がライトへタイムリーを放ち先制。昨年の日米大学野球選手権大会を経験したメンバーの活躍で鮮やかに得点を奪った。

 先発の最速152km/h左腕・東克樹(立命館大)は3回、四死球とボークで二死2・3塁のピンチを招くも5番のS.BEERをセンターフライに打ち取り無失点で切り抜ける。その後もしっかりと抑え、4回を2安打無失点の好投で役割を果たした。

 2番手は善波監督が「選考段階から安定した投球を見せている」と評価する阪本大樹(関西大)がマウンドにあがり、3回を1安打無失点。8回からは松本航(日本体育大)、齊藤大将(明治大)とバトンをつないだ侍ジャパンだったが、1点リードの0対1で迎えた9回、齊藤は先頭のJ.EIERMANから三振を奪うも、一死2・3塁のピンチを背負い代打のT.FRANKに逆転サヨナラとなるセンター前タイムリーを許しゲームセット。敵地での開幕戦は踏ん張りきれず2対1で敗戦となった。

 13日19時(日本時間14日8時5分)に予定されていた第2戦は雨のため順延。次戦は14日19時(日本時間15日8時5分)よりカンパネリ・スタジアムで行われる。

第41回日米大学野球選手権

大会概要 出場選手一覧

大会期間

2017年7月12日~7月18日

第1戦 7月13日(木)8:05 アメリカ 2-1 日本
第2戦 7月15日(土)8:05 アメリカ 3-6 日本
第3戦 7月16日(日)6:35 日本 5-4 アメリカ
第4戦 7月17日(月)6:05 日本 1-3 アメリカ
第5戦 7月18日(火)8:05 アメリカ 3-1 日本
※開始時刻は日本時間(アメリカ:時差-13時間)

開催地

アメリカ

参加国

日本、アメリカ

映画「あの日、侍がいたグラウンド」

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • ガンホー
  • asics

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • アサヒビール
  • SAVAS
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA