野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

チームレポート

注目度が高まる中 更なる進化を目指し侍ジャパン強化合宿2日目を実施

2017年2月24日

 3月7日(火)に東京ドームで開幕する「2017 WORLD BASEBALL CLASSIC™」(以下、WBC)1次ラウンドに向けた侍ジャパンの強化合宿の2日目がKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で行われた。前日の5440人を大きく超える8104人の観衆や著名OBが多く訪れ、注目度は日増しに高まっている。

 この日も投内連携やシートノック、フリー打撃が行われ、6投手がブルペン入りした。
 ブルペン入りしたのは、増井浩俊(北海道日本ハム)、宮西尚生投手(北海道日本ハム)、則本昂大(東北楽天)、松井裕樹(東北楽天)、千賀滉大(福岡ソフトバンク)、藤浪晋太郎(阪神)の6投手。
 そしてブルペン後方のネット裏には、多くの報道陣だけでなく、第2回WBCを優勝に導いた原辰徳元監督、山田久志元投手コーチら錚々たる著名OBが集結。これには松井も「雰囲気に押されてビビってしまいました」と苦笑いしていたが、各投手とも順調な調整ぶりを見せていた。

 また、投球練習中には権藤博コーチが頻繁に新球を手渡す姿があった。これはより実戦を想定したもの。新球の方が滑りやすいため「より試合に近い形にしてくださいました」と松井は感謝の言葉を述べ、高い緊張感の中で実戦に近い感覚を学べたようだ。

 そして、第1次ラウンドでの先発起用が有力視されている則本は、そんな緊張感をものともしない、伸びのある強いストレートを連発。変化しやすいWBC球に合わせ、今年から取り組んでいる新球「スラッター」(スライダーとカットボールの間のような変化球)も、キレよく捕手のミットに吸い込まれていった。
 則本は調子を聞かれ「実戦で投げてみないと、まだ状態は分からないです」と冷静に答えたものの、今大会での更なる進化を目指す姿が印象的な投げっぷりだった。

 明日は、今年初実戦となる侍ジャパンオープニングマッチ、対ソフトバンク戦が13時からKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で行われる。先発投手は侍ジャパンが地元宮崎出身の武田翔太投手、ソフトバンクが昨年9勝を挙げた東浜巨投手の先発が予定されている。

選手コメント

則本昂大投手(楽天)

「今日は腕が振れてコントロールも良かったのですが、もう少しライン(球を投げるコースや軌道)を間違えないようにしていきたいです。(今後は)伝えられている登板日に向けて、しっかり調整していきたいです」

千賀滉大投手(ソフトバンク)

「(OBら)たくさんの人に見られて緊張しましたが、投球後半からしっかりとしたストレートを投げることができました。キャンプから“中継ぎで使う”と言われているので、WBCまでの数少ない実戦の中で、一戦一戦しっかり準備していきたいです」

アサヒスーパードライ プレゼンツ 侍ジャパン壮行試合

大会概要 チケット 放送予定 出場選手一覧

試合日程

2017年2月28日(火) 侍ジャパン 5 - 8 CPBL選抜チャイニーズ・タイペイ
2017年3月1日(水) CPBL選抜チャイニーズ・タイペイ 1 - 9 侍ジャパン

会場

福岡 ヤフオク!ドーム

対戦相手

CPBL選抜チャイニーズ・タイペイ

関連情報

2017 侍ジャパン オープニングマッチ

侍ジャパン出陣式

WBC応援感謝セール

SAMURAI JAPAN PARTNER

ダイヤモンドパートナー

  • ミズノ
  • 日本通運
  • Gungho

オフィシャルパートナー

  • JTB
  • ANA
  • 楽天
  • SAVAS
  • JTB
  • NISSAN
  • イオン銀行
  • ひかりTV4K
  • 株式会社 ENEOS

オフィシャルスーツパートナー

  • BrooksBrothers

オフィシャルチケッティングパートナー

  • LAWSONticket