野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

試合レポート

侍ジャパンU-18日本代表が投打に圧倒!19得点&無安打リレーで初戦コールド発進!!

2016年8月30日

 「第11回BFA U-18アジア選手権」の1次ラウンドの初戦・香港戦(台湾・台中)が30日、台中インターコンチネンタル野球場で行われ、日本が19対0で香港に圧勝。7回コールド勝ちを収めて白星スタートを切った。

 日本の先発は寺島成輝(履正社)。独特の緊張感のある中での登板も、初回から三者連続三振と絶好のスタートを切る。するとその裏、1番・納大地(智辯学園)の内野安打から盗塁、四球などで1死2、3塁として、4番・九鬼隆平(秀岳館)の内野ゴロの間に1点を先制。固さの取れた日本は続く2回裏、1安打2四球で作った1死満塁のチャンスで1番・納がライトの頭上を越える2点タイムリー2塁打、さらに犠牲フライと相手エラーで2点を追加。2回を終えて5点のリードを奪った。
 さらに3回裏、5番・松尾大河(秀岳館)、6番・入江大生(作新学院)の連打に送りバントで1死2、3塁とすると、8番・藤嶋健人(東邦)、9番・佐藤勇基(中京大中京)の連続タイムリーに1番・納もセンター越えのタイムリー3塁打で続いて4点。さらに相手のワイルドピッチで1点を加えると、四球を挟んだ後に「前の打席で自分のスイングをさせてもらっていなかったので、1本打とうと思って打席に入った」と言う3番・鈴木将平(静岡)が、ライト席へライナーで突き刺す豪快な2ランを放ち、この回一挙7点を奪った。

 先発の寺島は2回以降も力の差を見せ付ける余裕のピッチングで、5回を無安打無失点、1四球のみの12奪三振をマークして「コースに投げ込むことができた。攻めた結果です」と涼しげな表情。打線はその後も攻撃の手を緩めず、4回に2点、5回に3点、6回にも2点を奪い、計17安打で19得点。6回から登板した島孝明(東海大市原望洋)も2回を無安打無失点に抑えてノーヒットノーランリレーを完成させ、規定により7回表コールドゲームとなった。

 試合後の小枝守監督は「思ったより選手が意気込み過ぎている傾向があったんですけど、ひと回り終わってからだいぶ固さが取れた」と振り返り、1番での起用に4安打1四球での全5打席出塁で応えた納を「ともていい働きをして、勢いを付けてくれた」と評価した。
 次戦、明日31日は地元のチャイニーズタイペイと対戦する。同グループの最大のライバルに対し、「相当いいピッチャーだと聞いているし、打線もいい。今日のゲームがそのまま出るとは思わないので、しっかりと切り替えてやりたい」と小枝監督。初戦圧勝で勢いに乗った若き侍たちが、しっかりと手綱を締め直し、強敵撃破へと向かう。

選手コメント

寺島成輝(履正社) 先発として5回無安打12奪三振の好投

今日のテーマは相手より先に点を与えないことでした。打線に勢いを付ける投球ができればと思いました。マウンドは日本と違って、粘土質なので、掘れないところもありましたが、僕の中では上手く合わせることができました。今日は全球種投げて、ストレートの割合を増やす投球を意識しました。初めての舞台でしたが、特にふわふわした気持ちはなく、いつも通りに投げることができました。

納大地(智辯学園) 1番ライトとして4打数3安打1四球 全打席出塁

練習試合・壮行試合はなかなか安打が出なくて苦しみましたが、智辯学園の小坂将商監督から壮行試合後にショートメールをいただいて、「右肩が下がって、それが突っ込んでいる要因になっているからそれを直せば打てるよ」とアドバイスをいただいて、今日は右肩の突っ込みを抑えるイメージで打席に立ったら良い感じで打てました。一番打者として全打席出塁できたのは良かったですし、小坂先生も喜んでくれると思います。明日は台湾戦で打てるか、打てないかまでは分からないですけど、そこに至るまでの準備を大事にしていきたいと思います。

第11回 BFA U-18アジア選手権

大会概要 出場選手 放送予定

大会期間

2016年8月30日(火)~9月4日(日)

オープニングラウンド

8月30日(火)13:00 日本 19 - 0 香港
8月31日(水)19:30 チャイニーズ・タイペイ 0 - 3 日本
9月1日(木)13:00 日本 35 - 0 インドネシア

セミファイナルラウンド

9月2日(金)19:00 日本 8 - 0 中国
9月3日(土)19:00 韓国 1 - 3 日本

決勝

9月4日(日)19:00 日本 1 - 0 チャイニーズ・タイペイ
※試合開始時刻は日本時間です(台湾:時差+1時間)

開催地

台湾・台中

参加国
日本、チャイニーズ・タイペイ、韓国、中国、香港、タイ、フィリピン、インドネシア
関連情報
侍ジャパンU-18代表の監督、コーチが決定

壮行試合

8月27日(土)「侍ジャパン壮行試合 高校日本代表 対 大学日本代表」
QVCマリンフィールド

「侍ジャパン壮行試合 高校日本代表 対 大学日本代表」特設ページ
壮行試合は大学代表が5対0で高校代表に勝利!収穫と課題を手にアジアの頂点へ!

関連動画

「侍ジャパン壮行試合 高校日本代表 対 大学日本代表」世代を超えた応援対決
「侍ジャパン壮行試合 高校日本代表 対 大学日本代表」渡辺元智氏×善波達也氏トークショー

アジア プロ野球チャンピオンシップ2017 チケット好評販売中

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • eneos
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA