野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

試合レポート

投打噛み合い南米の雄に快勝 スーパーラウンド首位に立つ

2016年8月4日

 8月4日(木)、15歳以下の野球世界一を決める「第3回 WBSC U-15ベースボールワールドカップ2016 inいわき」で、決勝進出をかけたスーパーラウンドが始まった。その大事な初戦で侍ジャパンU-15代表は、ベネズエラ(グループB3位)を8-0で破り、開幕戦から負けなしの6連勝を飾った。

投打噛み合い、南米の雄に快勝

 オープニングラウンドのキューバ戦を7回無失点に抑えた左腕・及川雅貴投手(匝瑳リトルシニア)が、スーパーラウンド初戦となったこの日も躍動した。
 ベネズエラは初回から力強いスイングで及川に立ち向かい3回まで毎回走者を出したが、及川は「コントロール重視で攻めていきました」と動じることなく後続を打ち取った。また、星子海勢捕手(北熊本ボーイズ)の盗塁刺や嘉手苅将太内野手(姫路アイアンズ)のファウルフライ好捕など守備陣も及川を盛り立て、5回途中まで無失点に抑えて流れを作った。

 打線は、これまでの2~5番を「初回から、点を穫っていくように」(鹿取義隆監督)と1~4番に繰り上げた効果が初回から出た。
 2死から3番・嘉手苅がセンター前安打で出塁すると、相手投手の暴投で嘉手苅は三塁に進む。そして今大会初めて4番に入った小山翔暉内野手(愛知木曽川リトルシニア)が「スライダーが入っていなかったので」とストレートを狙い澄まし、センター前へ弾き返して侍ジャパンU-15代表が先制点を挙げた。
 さらに4回には小山の一塁強襲ヒットや四死球でチャンスを作ると、スタメン復帰した植田太陽外野手(武蔵府中リトルシニア)と及川がそれぞれ2点タイムリーを放ち4点を追加。さらに6回には、1番・近藤大樹内野手(嘉麻ボーイズ)と2番・稲生賢二外野手(東海ボーイズ)の連続タイムリー、7回には田口夢人内野手(栃木下野リトルシニア)の犠牲フライでダメ押し。
 投手陣も及川の後を継いだ不後祐将投手(神戸須磨クラブ)と増木武寛投手(福岡アストロズ)も緩急を上手く使って無失点に抑え、試合を締めた。

 これで侍ジャパンU-15代表は、オープニングラウンドから持ち越される2勝(キューバ、コロンビアから挙げた勝利)も加え3勝0敗となり、6チーム争うスーパーラウンドで首位に立った。

 スーパーラウンド第2戦は、グループBを全勝で通過したアメリカと対戦(5日18時〜いわきグリーンスタジアム)。アメリカはスーパーラウンド初戦のキューバ戦を落としているだけに、気迫と気迫のぶつかり合いとなりそうだ。

コメント

侍ジャパンU-15代表・鹿取義隆監督

「及川はキューバ戦と同じくスピードと安定感がありました。不後らも加え、緩急とコントロールが良かったです。(2日後に行われる)決勝戦も見据えることができればベストだったので、(中2日の登板不可で済む)65球以内※に抑えることができたのも良かったです。打線も繋ぐことができていますし、選手たちがよく成長してくれています」

侍ジャパンU-15代表・小山翔暉内野手(愛知木曽川リトルシニア)

「今朝、4番と言われ最初はビックリしましたが、日本の4番に恥じぬようにと心がけました。(先制打は)ストレートに狙いを絞っていましたし、1球前のファウルでタイミングを掴めたので、余裕を持って振り抜くことができました」

侍ジャパンU-15代表・及川雅貴投手(匝瑳リトルシニア)

「調子が良すぎた前回より、今回はそこまで球が走っていなかったので、コントロール重視で攻めていきました。捕手の星子と組み立てを考えて、しっかり投げることができました。(次回登板に向け)チームも自分も良い状態なので、勝利に貢献できるよう準備します」

※今大会の投球数制限
1~35球 休息日なし
前日と前々日の投球数が35球を超えなければ、3日連続登板まで可
36~50球 休息日1日
51~65球 休息日2日
66~80球 休息日3日
最大95球 休息日4日
(95球を超える投球数は認められない)

第3回WBSC U-15ベースボールワールドカップ2016 in いわき

大会概要 出場選手一覧
大会日程(WBSC公式サイト)

大会期間

オープニングラウンド
7月29日(金) オーストラリア 0 - 13 日本
7月30日(土) 日本 4 - 0 キューバ
7月31日(日) 日本 15 - 4 韓国
8月 1日(月) チェコ 0 - 15 日本
8月 2日(火) 日本 10 - 6 コロンビア
スーパーラウンド
8月4日(木) 日本 8 - 0 ベネズエラ
8月5日(金) 日本 2 - 5 アメリカ
8月6日(土) 日本 2 - 1 パナマ
決勝
8月7日(日)14:30 日本 4 - 9 キューバ

会場

いわきグリーンスタジアム
南部スタジアム
平野球場

関連情報
「大会応援大使」に中畑清氏が就任
U-15代表監督に鹿取義隆氏が就任
応援キャラクターに「フラ・たまみ」が決定
侍ジャパンU-15代表記者会見 大会への意気込みを語る

アジア プロ野球チャンピオンシップ2017 9月24日10:00よりチケット一般販売開始

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA