野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

侍ジャパンインタビュー

侍ジャパンU-15代表 鹿取義隆監督インタビュー 「このチームは全員がレギュラー」

2016年7月28日

 7月29日(金)「第3回WSBC U-15 ベースボール ワールドカップ2016 in いわき」がいよいよ開幕する。前回大会に続き指揮を執るのは、巨人や西武(現埼玉西武)でも活躍した鹿取義隆監督。将来有望な選手が今後成長していくうえで重要な時期だからこそ、勝つことだけにこだわるのではなく、選手の将来を見据えて指揮をとる鹿取監督に、代表選考の過程や大会での戦い方を聞いた。

ミスの少ない野球を目指す

――選手選考で一番重視した点はどのようなことですか?
「即戦力という面ですかね。暴投しない、投げ方が良いということが基本です」

――やはり国際大会で、野手の失策やバッテリーエラーが命取りになるとお考えですか?
「特にこの年代は暴投や捕球ミスが多いので、その確率がなるべく低い選手を選ぼうとしましたが、全員に当てはまるとは限りません。ただ、改善を試みた時に少しでも早く改善できそうな対応力の高い選手を選びました」

――投手のできる選手を多く選考したのは、なぜですか?
「試合数と球数制限があることを考えると、投手は人数がいないと持たなくなってしまうので。ただ、この年代は1イニングでもかなりの球数を投げるので、なかなか計算が立たないのが現状ですね。人数が多ければカバーは出来るので、(投手の人数を)増やしました」

全員がリーダー、全員がレギュラー

――鹿取監督が主将に任命した野口海音捕手(松原ボーイズ)の役割も大きくなると思います。
「野口くんだけに背負わせるのではなくて、全員でやろうと思っています。このチームは全員がレギュラーなので。最後の挨拶や号令は野口くんがやっても、みんなで助け合っていかないといけません。みんながリーダーシップを持ってやっていければ良いかなと思っています」

――大会は10日間で9試合を行う過密日程ですね。
「前回大会も同じだったので、そういうものだと思ってやるしかないですね。大会期間中のいわきは暑いと予想されますし、体験したことのない緊張感と暑さでどれだけ体が持つのか。選手がへばらないように上手く選手を替えて戦うつもりです。だから、全員がレギュラーなんです」

――目指す野球については記者会見で「守り勝つ野球」と仰っていましたね
「攻めていって勝つことは運があればできるかもしれませんが、守りながら勝つのは力がないと勝てません。守る事に関してはミスを少なくしていきたいです」

対 海外勢

――海外のチームの印象は?
「見てみないと分からないですね。ノックや練習をしている姿を見ながら判断していこうかなと思います」

――前回大会で対戦をしてみて、中南米の国はどんな印象でしょうか?
「粗削りだけど、可能性のある子がすごく多かったですね。ストライクは入らないけどスピードが速いとか、足が速いとか、特徴のある子が多かったので、そういう選手は今回もいると思います」

――海外のチームには球が速くて、ボールが動く投手もいると思いますが、対策はありますか?
「それは対応ができないので、お手上げで構いません。球数制限もあるので、交代後に違う投手から打てれば良いと思います。それも経験になります、良い経験をしてもらえればいいです」

元気や感動を与えたい

――今大会は福島県いわき市での開催という事で、被災地を元気づけるという意味合いもあるかと思います
「先月(6月)に行きましたが、(震災直後の)2011年の4月に行った頃と比べると、街中に活気があふれていたので、このワールドカップで良い試合をして感動を与えていきたいです」

――試合を観ていただく方へのメッセージと、大会への意気込みをお願いいたします。
「精一杯元気にやるのがこの年代の選手たちなので、プレーを見ていただいて、声援を送っていただければと思います。私たちもプレーを通じて感動を与えられるかもしれないので、見に来ていただいた皆さんに元気になって帰ってもらいたいです。目標はメダルを獲得することですが、そこはやってみないと分かりません。全員が持っている力をすべて出してもらえれば、結果は良い方向へ向かっていくのではないのかと思っています」

(7月2日(土)明治大野球場にて)

第3回WBSC U-15ベースボールワールドカップ2016 in いわき

大会概要 出場選手一覧
大会日程(WBSC公式サイト)

大会期間

オープニングラウンド
7月29日(金) オーストラリア 0 - 13 日本
7月30日(土) 日本 4 - 0 キューバ
7月31日(日) 日本 15 - 4 韓国
8月 1日(月) チェコ 0 - 15 日本
8月 2日(火) 日本 10 - 6 コロンビア
スーパーラウンド
8月4日(木) 日本 8 - 0 ベネズエラ
8月5日(金) 日本 2 - 5 アメリカ
8月6日(土) 日本 2 - 1 パナマ
決勝
8月7日(日)14:30 日本 4 - 9 キューバ

会場

いわきグリーンスタジアム
南部スタジアム
平野球場

関連情報
「大会応援大使」に中畑清氏が就任
U-15代表監督に鹿取義隆氏が就任
応援キャラクターに「フラ・たまみ」が決定
侍ジャパンU-15代表記者会見 大会への意気込みを語る

アジア プロ野球チャンピオンシップ2017 チケット好評販売中

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • eneos
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA