野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

試合レポート

筒香&中田&松田で鮮やか逆転勝ち!日本が10対2でアメリカを圧倒して1次ラウンド首位通過!

2015年11月14日

「世界野球WBSCプレミア12」の1次ラウンドBグループの第4戦が14日、台湾・桃園国際球場で行われ、日本が10対2でアメリカに逆転勝ち。開幕4連勝で準々決勝進出&1次ラウンド1位通過を決めた。

 WBSC世界野球ランキング1位の日本と同ランク2位のアメリカとの対戦。開幕3連勝の日本は、今季防御率1.91の菅野智之を先発マウンドに送ったが、立ち上がりから不安定な投球。初回1死1、3塁のピンチは併殺打で切り抜けたが、続く2回に1死から6番・M.マクブライドにレフト越えの先制ソロを被弾すると、続く3回にも連打で2点目を失い、4回5安打2失点でマウンドを降りた。
 一方、アメリカの先発・J.グルーベに対して日本は序盤3イニングで1安打のみ。しかし、4回に5番・筒香嘉智のタイムリー2塁打で反撃の狼煙を上げると、6回には2番手・S.シモンズから四球とヒットで1死1、2塁のチャンスを作り、再び筒香が代わったばかりのD.イヴランドからバットを折りながらもセンター前に弾き返す同点タイムリー。そして続く6番・中田翔が豪快なひと振りで左中間スタンドにライナーで突き刺す会心の勝ち越し3ラン。この回一挙4点を奪って逆転に成功した。
 勢いに乗った日本は、続く7回にも筒香が3打席連続のタイムリーを放って1点を追加すると、さらに2死満塁から7番・松田宣浩がレフトスタンドへ満塁本塁打。一気に試合を決めた。また、投げても2番手・則本昂大から山﨑康晃、増井浩俊、澤村拓一が無失点で繋ぎ、終わってみれば8点差でアメリカを圧倒。1試合を残して1次ラウンド首位通過を決めた。

 試合後の小久保裕紀監督は、筒香、中田が3打点、松田が4打点を挙げた中でも、「今日は筒香!緊迫した中で1点目、そして同点打を打ってくれた」と評価。さらに試合全体を振り返って、「菅野が何とか粘って、その後則本がピシッと締めてくれて、投手陣は良いリレーができた。打線もよく繋がったし、最後はホームランも出た。いい勝ち方だった」と手応え十分。明日15日は1次ラウンド最終戦となるベネズエラ戦(桃園)。全勝突破で準々決勝へさらに勢いを増してもらいたい。

世界野球WBSCプレミア12

日程 球場 カード 戦評
11/08(日)19:00札幌ドーム日本 5 - 0 韓国レポート
11/11(水)19:00天母(台湾)日本 6 - 5 メキシコレポート
11/12(木)19:00桃園(台湾)ドミニカ 2 - 4 日本レポート
11/14(土)19:00桃園(台湾)アメリカ 2 - 10 日本レポート
11/15(日)19:00桃園(台湾)日本 6 - 5 ベネズエラレポート
11/16(月)19:30桃園(台湾)日本 9 - 3 プエルトリコレポート
11/19(木)19:00東京ドーム日本 3 - 4 韓国レポート
11/21(土)13:00東京ドーム日本 11 - 1 メキシコレポート

※台湾開催の時間は日本時間

ひかりTV 4K presents 世界野球WBSCプレミア12 侍ジャパン強化試合 日本 vs プエルトリコ

日程 球場 カード 戦評
11/05(木)19:00福岡ヤフオク!ドームプエルトリコ 3 - 8 日本レポート
11/06(金)19:00福岡ヤフオク!ドーム日本 3 - 2 プエルトリコレポート
侍ジャパン壮行試合 高校日本代表×大学日本代表 チケット先行発売中

SAMURAI JAPAN PARTNER

ダイヤモンドパートナー

  • ミズノ
  • 日本通運
  • Gungho

オフィシャルパートナー

  • JTB
  • ANA
  • 楽天
  • SAVAS
  • JTB
  • NISSAN
  • イオン銀行

オフィシャルスーツパートナー

  • BrooksBrothers

オフィシャルチケッティングパートナー

  • LAWSONticket