野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

試合レポート

大谷、圧巻の6回零封10奪三振!打線も12安打を放って宿敵・韓国に快勝!初代王者へ白星スタート!

2015年11月8日

 侍ジャパントップチームが参戦する「世界野球WBSCプレミア12」が8日開幕し、日本が5対0で韓国に快勝。初代王者へ向けて最高のスタートを切った。

 2009年のWBC決勝以来、実に6年ぶりトップチーム同士の日韓対決。日本は、先発・大谷翔平が立ち上がりから地元・札幌ドームのマウンド上で躍動。最速161キロのスピードボールと切れ味抜群のフォークボールを有効に使って、序盤3回までに計5奪三振で無失点の快調な滑り出しを見せる。
 一方、韓国の先発は左腕のキム・グァンヒョン。日本は初回2死1、3塁のチャンスこそ逃したが、続く2回に中田翔の振り逃げと松田宣浩のヒットで無死1、2塁とすると、8番・平田良介のサードゴロが三塁ベースに当たる幸運なタイムリー。さらに1死満塁から2番・坂本勇人がライトへ犠牲フライを放って計2点を先制する。その後、韓国が3回途中から細かい継投に入る中、日本は5回に2死からチャンスを作り、再び平田が、今度はライト前へ文句なしのタイムリーヒット。続く6回には坂本がレフトスタンドへ、今大会チーム1号弾となるソロアーチを放り込んで4点のリードを奪った。

 先発の大谷は、5回に2塁打と四球で無死1、2塁のピンチを背負ったが、そこから圧巻の3者連続三振。続く6回にも2つの三振を奪い、6回91球を投げて2安打無失点、計10奪三振という見事な内容でお役御免。「今日は大谷翔平に尽きる。最高のピッチングをしてくれました」と評した小久保監督と、ガッチリと握手を交わした。
 その後、日本は2番手・則本昂大、3番手・松井裕樹が、それぞれピンチを招きながらも後続を抑え込んで無失点のままゲームセット。「最後はきっちりゼロで抑えてくれて良かった」と小久保監督。「2アウトから繋ぎながら1点を取ったり、(坂本)勇人のファインプレーも素晴らしかった」と中身の濃いプレーを披露した選手たちを称えた。

 次戦は11日、舞台を台湾に移してのメキシコ戦(天母)。「台湾に行っても気を緩めることなく、とにかく全部勝って予選を通過したいと思います」と小久保監督。侍ジャパンの今後の快進撃を予感させる、見事な開幕勝利だった。

世界野球WBSCプレミア12

日程 球場 カード 戦評
11/08(日)19:00札幌ドーム日本 5 - 0 韓国レポート
11/11(水)19:00天母(台湾)日本 6 - 5 メキシコレポート
11/12(木)19:00桃園(台湾)ドミニカ 2 - 4 日本レポート
11/14(土)19:00桃園(台湾)アメリカ 2 - 10 日本レポート
11/15(日)19:00桃園(台湾)日本 6 - 5 ベネズエラレポート
11/16(月)19:30桃園(台湾)日本 9 - 3 プエルトリコレポート
11/19(木)19:00東京ドーム日本 3 - 4 韓国レポート
11/21(土)13:00東京ドーム日本 11 - 1 メキシコレポート

※台湾開催の時間は日本時間

ひかりTV 4K presents 世界野球WBSCプレミア12 侍ジャパン強化試合 日本 vs プエルトリコ

日程 球場 カード 戦評
11/05(木)19:00福岡ヤフオク!ドームプエルトリコ 3 - 8 日本レポート
11/06(金)19:00福岡ヤフオク!ドーム日本 3 - 2 プエルトリコレポート
WBC応援感謝セール

PARTNER

DIAMOND PARTNER

  • asics
  • 日本通運

OFFICIAL PARTNER

  • ANA
  • 楽天
  • SAVAS
  • NISSAN

OFFICIAL SUIT PARTNER

  • BrooksBrothers

OFFICIAL TICKETING PARTNER

  • LAWSONticket