野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

お知らせ

「第27回WBSC U-18ワールドカップ」グループ分け決定!

2015年4月14日

 今年8月26日(水)から9月6日(日)まで阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)等を会場に日本初開催となる「第27回WBSC U-18ワードカップ」のグループ分けが、4月10日(金)にWBSC(世界野球ソフトボール連盟)から発表された。

 WBSC野球ランキング1位の日本は「グループA」に振り分け。1次リーグでは同組のアメリカ、メキシコ、オーストラリア、ブラジル、チェコと総当たりで対戦し、上位3位に入れば、2次リーグでキューバ・台湾・カナダ・韓国・イタリア・南アフリカが入った「グループB」の1次リーグ上位3か国と対戦。1次リーグ上位3チームとの成績を加えた総合成績上位2か国が9月6日の決勝戦へ進む。

 ただ、決勝進出だけでなく、リーグで勝ち抜くことも過去の大会を振り返れば、容易ではないことが分かる。
 藤浪 晋太郎(大阪桐蔭3年・現:阪神)、大谷 翔平(花巻東3年・現:北海道日本ハム)など、現在侍ジャパントップチームの主力選手を擁して参加した2012年・第25回大会(韓国開催)は、慣れない国際試合に予選リーグから苦戦し6位に終わった。(優勝はアメリカ、準優勝はカナダ)
 また一昨年、台湾で開催された前回大会でも、松井 裕樹(桐光学園3年・現:東北楽天・侍ジャパントップチーム)、森 友哉(大阪桐蔭3年・現:埼玉西武)のバッテリーや、大会最優秀先発投手に選出された安樂 智大(済美2年・現:東北楽天)の活躍もあり、8勝1敗で決勝戦進出するも、惜しくも決勝戦でアメリカに敗れた。
 第21回大会から高校選抜チームを組んで参加している「侍ジャパンU-18代表」(日本は、夏の甲子園と開催時期が重なるために、これまでほとんど参加をしてこなかった。前身の「AAA世界野球選手権大会」を含めると、キューバの11回が最多優勝回数。続いて、7回のアメリカとなる。)だが、いまだ世界一を成し遂げられていない。

 悲願達成への高い意気込みは、前回大会に続き指揮を執る西谷 浩一監督(大阪桐蔭高監督)の下、第87回選抜高等学校野球大会出場選手を対象に選抜された第1次候補選手にも強く現れている。大会優勝投手の平沼 翔太(敦賀気比3年)、最速152キロをマークする高橋 純平(県岐阜商3年)ら30名が選出されたU-18日本代表候補1次選考メンバーは、いずれも潜在能力が高く、夏までの更なる成長が期待される。

 今後は第97回全国高校野球選手権後、1次メンバーに加えて全国の高校球児を対象に大会最終メンバーを決定。8月26日(水)に阪神甲子園球場で侍ジャパン大学日本代表との間で行われる壮行試合を経て、決戦の舞台に臨む予定である。

 今大会、日本のライバルとしては昨年9月にメキシコで開催された「COPABE18Uパン・アメリカ選手権」優勝のアメリカや同大会準優勝のキューバ。同じく昨年9月にタイで開催された「第10回アジア野球選手権」で日本を破り優勝した韓国などがあげられる。日本にとって決して平たんな道のりではないが、ここは地元開催の大声援も力に変えて、高校野球の聖地・甲子園で悲願のU-18世界一を達成したい。

第27回WBSC U-18ワードカップ

世界一を目指す『第27回WBSC U-18ワールドカップ』に向けて、高橋純平(県岐阜商)ら1次代表候補を発表

史上初!侍ジャパン高校日本代表と大学日本代表が甲子園で激突 アマチュアトップ選手によるドリームマッチ開催

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • eneos
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA