野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

選手発表

12U代表監督に仁志敏久氏が就任、インターネット上での「全日本合同トライアウト」を実施

2014年6月24日12U

野球日本代表「侍ジャパン 12U代表」は2014年8月27日(水)からフィリピンで開催される「第8回BFA 12Uアジア選手権」に出場しますが、監督として仁志敏久氏の就任が決定しました。
また今回初の試みとして、全国の野球少年を対象にインターネット上で代表選手を募集します。

「侍ジャパン12U 全日本合同トライアウト~デジタルチャレンジ~」と銘打たれた今回の企画は「日頃汗を流し一生懸命に取り組む少年野球の子供たちの可能性を出来るだけ多く見出し選考したい」という仁志監督はじめ多くの大人たちの思いから、前例のない取り組みとして実現しました。

侍ジャパン12U代表を目指す小学生は、自らのプレー動画をスマートフォン等で撮影し、侍ジャパン公式サイト内の特設ページから投稿することで、代表選手選考にエントリーすることができます。
上記の一般公募に公益財団法人全日本軟式野球連盟(JSBB)各都道府県支部の推薦を加えた代表候補選手から、選考委員会等を経て最終的に15名の選手を選出し「第8回BFA 12Uアジア選手権」を戦います。

侍ジャパン12U代表監督について(仁志敏久氏プロフィール)

生年月日 1971年10月4日
主な球歴 常総学院高等学校~早稲田大学~日本生命
読売ジャイアンツ(1996年~2006年)
横浜ベイスターズ(2007年~2009年)
ランカスター・バーンストーマーズ(2010年)
※アメリカ独立リーグ
侍ジャパントップチーム内野守備・走塁コーチ(2013年)
仁志敏久氏コメント

私も子供のころは軟式野球のチームに所属していたので、懐かしい感じもしますが、侍ジャパンのユニフォームを身にまとい、世界と戦えることに興奮しているとともに身の引き締まる思いです。30万人以上がプレーする日本の少年野球からベストな選手を選抜して、必ずアジアの頂点に立ってみせます。
今回は初の試みとして、野球少年たち全員が野球日本代表「侍ジャパン」になれるチャンスがあります。日頃の努力の成果をぜひ見せてください。

「侍ジャパン12U代表 全日本合同トライアウト~デジタルチャレンジ~」について

概要 「第8回BFA 12Uアジア選手権」に出場する選手をインターネット上で募集。自らのプレーを動画で撮影し、応募フォームに投稿してもらいます。ビデオ投稿での審査を通過した応募者は最終的に侍ジャパン12U代表選手に選出される可能性があります。
応募対象 公益財団法人全日本軟式野球連盟登録チームの選手。
日本国籍を有する12歳以下の小学生で、以下の項目の中で1つ以上クリアしていることを条件とする。
(1)50m走:7.3秒以下
(2)球速115km/h以上
(3)遠投70m以上
(4)特筆すべき技能を持っていること
※(4)については平均打率5割以上や飛距離が突出しているなどを指す
応募方法 応募方法はこちらから
侍ジャパン12U代表 全日本合同トライアウト~デジタルチャレンジ~
応募期間 6月24日(火)10時~7月15日(火)19時59分

第8回 BFA 12Uアジア選手権について

主催 アジア野球連盟(BFA)、フィリピンアマチュア野球協会(PABA)
大会期間 8月27日(水)~8月31日(日)
使用球 軟式
参加 6チーム(日本、韓国、チャイニーズ・タイペイ、フィリピン、インドネシア、シンガポール)
会場 リザール記念野球場(フィリピン マニラ)
大会方式 6チーム1回戦総当り
日本の試合日程 8月27日(水) 8:30 インドネシア戦
8月28日(木) 11:00 フィリピン戦
8月29日(金) 11:00 シンガポール戦
8月30日(土) 14:00 韓国戦
8月31日(日) 14:00 チャイニーズ・タイペイ戦
※時間は現地時間
侍ピンクコレクション

SAMURAI JAPAN PARTNER

ダイヤモンドパートナー

  • ミズノ
  • 日本通運
  • Gungho

オフィシャルパートナー

  • JTB
  • ANA
  • 楽天
  • SAVAS
  • JTB
  • NISSAN
  • イオン銀行
  • ひかりTV4K

オフィシャルスーツパートナー

  • BrooksBrothers

オフィシャルチケッティングパートナー

  • LAWSONticket