野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

試合レポート

甲斐が攻守の要所で活躍するなど終盤に逆転勝ちし日米野球優勝を決める

2018年11月14日

 11月14日、2018日米野球の第5戦がナゴヤドームで行われ、MLBオールスターチームと対戦した侍ジャパントップチームはこの日も終盤に試合をひっくり返し、6対5で逆転勝ち。最終第6戦を残して対戦成績を4勝1敗とし、優勝を決めた。

 序盤から中盤にかけてMLBペースで試合が進んだ。2回表、侍ジャパン先発の東浜巨(ソフトバンク)から、リース・ホスキンス(フィリーズ)が2試合連続本塁打となる2ランで先制。
 侍ジャパンも直後に岡本和真(巨人)のバックスクリーンに飛び込むソロ本塁打で1点を返すが、MLBは3回にフアン・ソト(ナショナルズ)、4回には2番手の濵口遥大(DeNA)からヤディエル・モリーナ(カージナルス)がタイムリーを放った。さらに6回には3番手の岡田明丈(広島)からカルロス・サンタナ(フィリーズ)がタイムリーを放ち、5対1とリードを広げた。

 小刻みに得点を奪われ苦しい展開となった侍ジャパンだが、7回に反撃を開始する。岡本と上林誠知(ソフトバンク)がともにライト前に安打を放ち無死一、三塁のチャンスを作ると、今シリーズ好調の甲斐拓也(ソフトバンク)もライト前に運んで1点を返す。さらにヘクター・ベラスケス(レッドソックス)の送球エラーで1点を加えると、1死後に稲葉篤紀監督は山川穂高(西武)を代打に送る。すると、山川は初球から果敢にストレートを振り抜くと打球は左中間を破る2点タイムリーとなり、一気に同点に追いついた。
 さらに8回、2死から上林がライト前安打で出塁すると、続く甲斐が今度は左中間寄りのセンター前に抜ける安打を放ち、相手外野陣がもたつく間に上林が俊足を飛ばして一気に本塁を狙い、勝ち越しの生還を果たした。
 9回は、このリードを松井裕樹(楽天)が先頭打者に安打こそ許すが、続く打者からチェンジアップで空振り三振を奪うと、最後は併殺崩れで送球ミスこそあったものの、ベースカバーに入っていた甲斐が素早い処理と強肩で打者走者を二塁で刺し試合終了。
 攻守の要所で甲斐を筆頭とした勝負強い活躍がこの日も見られ、会心の逆転勝ちを収めた。

監督・選手コメント

稲葉篤紀監督

「まずは投手が失点しながらも最小失点で抑えてくれたことが大きかったです。打撃も粘り強く後ろに繋ごうという気持ちが逆転に繋がりました。高い緊張感の中で選手たちが非常に良い準備をしっかりとしてくれています」

甲斐拓也(ソフトバンク)

「繋いでくれたチャンスだったのでなんとか自分も繋ごうと思いました。(上林)誠知が塁に出てくれたおかげですし、よく走ってくれました。(勝ち越しを決めたことについて)稲葉監督のもと勝ちにこだわってやってきましたし、ファンの方々の声援がとても大きな後押しになっています」

岡本和真(巨人)

「(調子が上向きの打撃について)これまでは体とバットが離れていたので、バットを体の近くに通すことを意識しました。金子誠コーチにアーリーワーク(早出練習)に付き合ってもらい感覚が良くなりましたし、稲葉監督に打てない中でも使っていただいたおかげです」

ドン・マッティングリー監督

「我々の打者は非常に良いスイングをしていたし、2アウトからも複数回得点を奪うことができました。また、先発のゲラも2度目の登板で良い投球をしました。ただ第1戦、第4戦に続いて終盤に引っくり返されてしまったのは残念。日本の打者は粘り強くボールを叩き、逆方向にも打てますし、大きな打球も打てる。最後まで抑えきるのが難しい打線です」

リース・ホスキンス(フィリーズ)

「(先制本塁打について)強いスイングでしっかり飛ばすことができました。このシリーズが進むにつれて、自分のペースでより良くボールが見えています」

2018日米野球

特設サイト
大会概要 出場選手 チケット 放送予定

試合日程

11月8日(木)18:00
巨人 6 - 9 MLBオールスターチーム
11月9日(金)18:30
侍ジャパン 7 - 6 MLBオールスターチーム
11月10日(土)18:30
MLBオールスターチーム 6 - 12 侍ジャパン
11月11日(日)19:00
侍ジャパン 3 - 7 MLBオールスターチーム
11月13日(火)18:30
MLBオールスターチーム 3 - 5 侍ジャパン
11月14日(水)19:00
侍ジャパン 6 - 5 MLBオールスターチーム
11月15日(木)18:00
MLBオールスターチーム 1 - 4 侍ジャパン

開催球場

11月8日(木)、9日(金)、10日(土)、11日(日)東京ドーム
11月13日(火)マツダ スタジアム
11月14日(水)、15日(木)ナゴヤドーム

出場チーム

侍ジャパン、MLBオールスターチーム

ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018

特設サイト
大会概要 チケット 出場選手

試合日程

2018年11月7日(水)18:15 試合開始(16:15開場予定)
侍ジャパン 5 - 6 チャイニーズ・タイペイ

開催球場

福岡 ヤフオク!ドーム

出場チーム

侍ジャパン、チャイニーズ・タイペイ

2018日米野球

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • JTB
  • Yahoo! JAPAN
  • sportsnavi
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA