野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

試合レポート

2018日米野球開幕戦は柳田悠岐のサヨナラ逆転弾で劇的勝利

2018年11月9日

 11月9日、2018日米野球が東京ドームで開幕。MLBオールスターチームと対戦した侍ジャパントップチームは劇的な逆転サヨナラ勝ちで7対6と勝利した。

 劇的な幕切れだった。9回裏、1死から代打・上林誠知(ソフトバンク)がセンター前安打と盗塁で二塁まで進むと、代打・會澤翼(広島)のセンター前タイムリーで上林が生還し1点差。ここで打席には5番の柳田悠岐(ソフトバンク)が入った。
 3回の四球、5回の敬遠四球を含めて無安打だったが「来た球で当たる球を自分のスイングで打とうと思いました」と無欲で2球目を振り抜くと、打球は大きな弧を描いてバックスクリーンに飛び込む逆転サヨナラ2ラン本塁打となった。これには柳田も「ミラクル」と振り返るほどの劇的な幕切れとなった。

「良い試合を運びできていたのだが・・・」とMLBのドン・マッティングリー監督がうなだれたように、試合はMLBが常に先手を取って進め、侍ジャパンは苦しい戦いを強いられた。
 2回表、岸孝之(楽天)のチェンジアップをメド・ロサリオ(メッツ)にレフトスタンドへ運ばれ先制を許す。一方、侍ジャパンも甲斐拓也(ソフトバンク)と田中広輔(広島)の連打、菊池涼介(広島)の内野ゴロ間に1点を返す。

 だが、5回表に岸が連打で出塁を許した走者2人を残して、球数が今大会規定の80球を超えたため降板。ここで代わった成田翔(ロッテ)がいきなりカルロス・サンタナ(フィリーズ)に、バットのしなりを生かしたスイングで真ん中寄りの外角ストレートを豪快にレフトスタンドに運ばれ、3点を失った。
 それでも侍ジャパンはその裏、この回途中から登板したマット・アンドリース(ダイヤモンドバックス)から秋山翔吾(西武)が走者一掃の二塁打を放ってすぐさま同点に追いつく。  さらに勝ち越しのチャンスが続いたが、MLBは柳田を敬遠し、岡本和真(巨人)勝負を選択。ここを空振り三振に抑え、勝利への執念を見せた。
 すると直後の6回表にフアン・ソト(ナショナルズ)が岡田明丈(広島)の投じた外角ストレートを逆らわずレフトスタンドへ運ぶ2ラン本塁打を放ち、再び勝ち越しに成功した。

 そんな嫌な流れを変えたのは7回からの2イニングを無失点に抑えたアンダースロー右腕・高橋礼(ソフトバンク)だ。走者こそ出したものの、浮き上がるような軌道のストレートやキレのあるスライダーで3三振を奪うなど持ち味を発揮。9回は山﨑康晃(DeNA)が無失点に抑え、最小の得点差で最終回の攻撃に繋げることができた。
 また、それまでの失点も四死球や失策によるものではなく、稲葉篤紀監督は「打たれての失点だったので、取り返せると思っていました」と振り返る。秋山も「追いかける中で食らいつく日本の野球ができました」と胸を張ったように、投手・野手それぞれが積極性と粘りを出した結果が、強敵相手からの劇的な勝利に繋がった。

監督・選手コメント

稲葉篤紀監督

「(高橋は)堂々としていましたね。インコースに投げ切ることもできていて相手は苦戦したと思います。素晴らしい投球をしてくれました。(チームの課題として)点を取るべきところで取れていない場面もあったので、内野ゴロでもなんとか1点にすることなどを明日のミーティングで話そうと思います」

秋山翔吾(西武)

「(相手投手陣は)ストレートが強く、タイムリーの場面も“あそこまで押されるか”と思いました。この大会を通して対応ができるようにしていきたいです」

ドン・マッティングリー監督

「決してデータは多くないですが“柳田はパワーのある打者”と分かっていたので敬遠もしました。ただ、初対戦の相手に対して、すべてを上手く抑えることはできませんでした」

フアン・ソト(ナショナルズ)

「ここの球場は最高の雰囲気なので、ホームランを打ってとても高ぶりました。今は相手がどのような日本の各投手を見極めている段階なので、だんだんと対応できるようになればと思います」

2018日米野球

特設サイト
大会概要 出場選手 チケット 放送予定

試合日程

11月8日(木)18:00
巨人 6 - 9 MLBオールスターチーム
11月9日(金)18:30
侍ジャパン 7 - 6 MLBオールスターチーム
11月10日(土)18:30
MLBオールスターチーム 6 - 12 侍ジャパン
11月11日(日)19:00
侍ジャパン 3 - 7 MLBオールスターチーム
11月13日(火)18:30
MLBオールスターチーム 3 - 5 侍ジャパン
11月14日(水)19:00
侍ジャパン 6 - 5 MLBオールスターチーム
11月15日(木)18:00
MLBオールスターチーム 1 - 4 侍ジャパン

開催球場

11月8日(木)、9日(金)、10日(土)、11日(日)東京ドーム
11月13日(火)マツダ スタジアム
11月14日(水)、15日(木)ナゴヤドーム

出場チーム

侍ジャパン、MLBオールスターチーム

ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018

特設サイト
大会概要 チケット 出場選手

試合日程

2018年11月7日(水)18:15 試合開始(16:15開場予定)
侍ジャパン 5 - 6 チャイニーズ・タイペイ

開催球場

福岡 ヤフオク!ドーム

出場チーム

侍ジャパン、チャイニーズ・タイペイ

ENEOS侍ジャパンシリーズ2019 1月27日(日) 11:00 ~チケット一般販売

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • JTB
  • Yahoo! JAPAN
  • sportsnavi
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA