野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

チームレポート

日本、韓国、カナダによる決勝進出争い 日本は韓国戦の勝利が絶対条件

2017年9月9日

「第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)に出場している侍ジャパンU-18代表は9月9日、韓国とのスーパーラウンド最終戦を戦う(日本時間午前2時)。

 日本の通算成績(グループBのオープニングラウンドからの持ち越しは1勝1敗)は2勝2敗。日本がファイナルへ進むには、3勝1敗の韓国戦で勝利することが絶対条件である。2勝2敗のカナダは17時(現地時間)からキューバと対戦。仮にカナダが敗れれば、3勝2敗で並ぶ日本と韓国は、直接対戦成績により、日本が決勝へ進出する。

 カナダが勝った場合は日本、韓国、カナダが3勝2敗で並び、TQB(得失点差率)による決勝進出争いとなる。ただし、日本は韓国韓での「勝ち方」により、命運を分ける。 TQB(チームクオリティーバランス)とは、「得失点差率」を意味し、(得点/攻撃イニング)-(失点/守備イニング)で算出して優劣を決める。だが、今回は攻撃・守備イニング数が日本、韓国、カナダとも「18」であるため、単純に「得失点差」により比較できることが濃厚だ(日本は韓国戦でビジターのため先攻。コールドや延長でない場合は攻撃、守備とも両チームとも9イニングとなる)。

 すでにカナダは当該チームの韓国、日本戦を終えており、得失点差は「-2」で確定している。現在、日本は「-2」で韓国は「+4」。TQBを3チームで争う場合、まず、最も低い数字のチームが除外される。日本は韓国に勝った時点で「-1」以上になるので、その時点でカナダを上回る。カナダが得失点差で最下位となれば、日本と韓国の直接対決で日本の決勝進出が決まる。ただし、日本が7点差以上で勝利した場合は、韓国は「-3」以下とカナダを下回ることとなり、韓国が脱落。カナダは直接対戦で日本に勝利していることから、カナダが決勝へ進出するという、何とも複雑な大会規則である。いずれにしても日本は数字に左右されることなく、まずは勝利に集中するのみである。

第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ

大会概要 出場選手 放送予定

大会期間

2017年9月1日~9月11日

オープニングラウンド
9月1日(金)22:30 メキシコ 1 - 10 日本
9月3日(日)5:00 日本 0 - 4 アメリカ
9月4日(月)6:00 日本 7 - 2 キューバ
9月5日(火)3:00 オランダ 1 - 3 日本
9月5日(火)22:30 日本 12 - 0 南アフリカ
※開始時刻は日本時間(サンダー・ベイ:時差-13時間)

スーパーラウンド
9月7日(木)22:30 日本 4 - 3 オーストラリア
9月9日(土)6:00 日本 4 - 6 カナダ
9月10日(日)2:00 韓国 6 - 4 日本
※開始時刻は日本時間(サンダー・ベイ:時差-13時間)

3位決定戦
9月11日(月)1:00 カナダ 1 - 8 日本
※開始時刻は日本時間(サンダー・ベイ:時差-13時間)

開催地

カナダ サンダー・ベイ

参加国

グループA
カナダ、韓国、チャイニーズ・タイペイ、オーストラリア、イタリア、ニカラグア

グループB
日本、アメリカ、キューバ、メキシコ、オランダ、南アフリカ

アジア プロ野球チャンピオンシップ2017 9月24日10:00よりチケット一般販売開始

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA